企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ヘッドハンティング ヘッドハンティング

ある企業の優秀な人材を他の企業がスカウト(引き抜く)すること。外資系企業では以前から人事戦略の一環として頻繁に行われていましたが、近年は企業の依頼に応じてヘッドハンティングを専門に手がける人材ビジネスが注目されるなど、広く企業社会全体に浸透しつつあります。
(2009/3/16掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘッドハンティングのケーススタディ

景気後退に伴う人材流動化が追い風に
ミドルクラスにまでターゲット拡大

別名「エグゼクティブ・サーチ」と呼ばれるように、ヘッドハンティングには、経営幹部やエグゼクティブクラスなど一部の限られた人材を対象とするイメージがありましたが、近年はミドル層やマネジャークラスの人材、年代でいうと30代にまでスカウトのターゲットが広がっているといわれます。この層はいわゆる就職氷河期世代。バブル崩壊後の不況を理由に多くの企業で彼らへの教育投資が削減されたため、量だけでなく、質的にも人材不足感が否めません。

しかしいまから自社内で再教育を施したり、彼らより若い世代の成長を待ったりしていたのでは時間がかかりすぎて、激化する一方の業界サバイバルに遅れをとってしまう――。現場のリーダーを担う即戦力人材のヘッドハンティングが増加している背景には、そうした企業の危機感があると考えられます。

国内最大手のヘッドハンティング会社サーチファーム・ジャパンによると、急激な景気後退に伴う大型の経営破たん、業界再編が相つぐなか、人材の流動化はいっそう加速し、これを好機ととらえる企業サイドの相談・依頼が増えているといいます。具体的な傾向としては、金融・不動産・建設業界からの依頼が急増。2008年8月期の問い合わせ件数は同1月期の3倍以上にはね上がりました。最近は個人をターゲットにするヘッドハンティングに加えて、事業部門単位のスカウト、つまり求める人材を部門まるごと獲得したいという相談も多いそうです。また同社の成約実績(07年度)を職位別・年齢別でみると、社長・取締役クラスが全体の20.3%、事業部長・本部長・工場長クラスが29.7%なのに対し、部長・課長クラスは24.5%、マネージャー・主任クラスも13.8%を占めています。30代でのヘッドハンティングも全体の41.7%に達しています。

同社常務取締役の井坂優氏は、「転職に積極的で人材紹介の市場に自ら進んで出てくる人は、全労働者人口の10%程度に過ぎません。ただし企業サイドの要求に応えられる人材、本当の意味で貢献できる人材がその10%のなかにいるとは限らない」と指摘します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

エグゼクティブ・サーチ
エグゼクティブ・サーチ(executive search)とは、経営幹部を採用する際に、現職で活躍している有能な人材を社外から探し出す採用手法のこと。企業から依頼を受け、採用活動を行う会社のことをエグゼクティブ・サーチ・ファームといいます。
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
タレント・マネジメント
人材こそ企業の競争力の源泉と見なし、採用から配置、育成、キャリア形成といった一連のプロセスを効果的に管理・支援するしくみを指します。

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第103回 人材難の時代における「ヘッドハンティング」活用法 ~「即戦力」をサーチする際の留意点とポイント(前編)
企業のM&Aが活発化し、ビジネスモデルの変化が早くなっている現在、事業展開のスピード化・専門化に対応するため、「即戦力」の人材に対する中途採用ニーズが高まっている。そうした中、即戦力を探し出す方法として「ヘッドハンティング」に注目が集まっている。そこで今回は、...
2017/03/06掲載人事マネジメント解体新書
人材紹介会社にできないこと
人材紹介会社は多数の企業と取り引きしている。当然、多くの企業の採用情報をいち早く知ることができるわけだが、それらを外部に明かすことは原則的にない。事業計画に関わることで、内密に採用計画を進めたいという場合も多いからだ。このように人材紹介会社には、「立場上できな...
2015/12/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
人材育成の目標について
中期計画で人材育成に取り組むことになりました。 人材育成では、何を目標にしたらいいのでしょうか。 数値目標は可能でしょうか。 本来、人材育成は短期で成果が得られるものではないと思っていたので、担当として戸惑っています。 が、取り組む以上、目標設定が必要という状況です。 ご教授をお願いいたします。...
他社との人材融通の件
はじめまして。お世話なります。 下記の内容について、派遣業に該当してしまうか?質問です。他社Aの業務が手薄時間などに、人材融通して弊社に借り、その時間を代金として他社Aに支払う。この、人材は普段はA社の職員として就労。融通する人材は固定ではありません。また、弊社利用客をA社へ斡旋紹介をする。当方とし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング 研修費ゼロの人材育成

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...


グローバル化、M&A……変化の激しい時代に<br />
「POSITIVE]が選ばれる理由とは タレントマネジメント機能を大幅拡充!

グローバル化、M&A……変化の激しい時代に
「POSITIVE]が選ばれる理由とは タレントマネジメント機能を大幅拡充!

1400社以上の導入実績を誇る電通国際情報サービスの統合人事パッケージ...