企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14821件   回答数31698

4分の3ルール

60歳以上のパート社員より社会保険は加入したくないので加入要件ギリギリまで働きたい」との希望がありました。短時間労働者の「4分の3」要件について相談させて頂きます。

4分の3要件は
 週の所定労働時間及び月の所定労働日数が常時雇用者の4分の3以上で加入
とあります。

弊社の所定労働条件は
 8H/日 週休2日 40/週
です。

週の4分の3は
 40H × 0.75 = 30H となり、
 30Hは4分の3未満と考えるのか?29.5Hでないと不可?

仮に祝日などで4日勤務の週は
 32H × 0.75 = 24H となり、
 24Hは4分の3未満と考えるのか?23.5Hでないと不可?

それとも各月の稼働労働時間に対して
月19日出勤の場合は、19日×8H=152H
152H×0.75=114H未満なら週4分の3以上でもいいのか?

よろしくお願い致します。

  • フウリンさん
  • 兵庫県
  • 精密機器
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2018/10/10 11:46
  • ID:QA-0079713

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/10/10 13:54
  • ID:QA-0079718

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まず4分の3「以上」が加入条件ですので、週30Hは4分の3丁度ですので加入しなければなりません。ちなみに祝日が入った週等は一時的な例外として考慮される必要は通常ないものといえます。

また、週と月の所定労働日数は「及び」という文言からも双方共に満たす事が必要ですので、後段の月114H未満の場合ですと加入しない措置となります。

  • 投稿日:2018/10/10 14:05
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。では祝日が入った週4日であっても30H未満で可能ということでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/10/10 19:36
  • ID:QA-0079725

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件についてはご認識の通りです。先に回答させて頂いた通り、祝日が入った為に割合が変わる件についてまで都度確認される必要はないものといえます。

  • 投稿日:2018/10/11 08:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

承知しました。迅速丁寧なご対応ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
【36協定】延長時間と休日作業時間の関係について
休日出勤を伴う36協定の延長時間ついて質問させてください。 条件は以下になります。 ・変形労働時間制を採用していません。 ・36協定で月の延長可能時間を45時間までとしています。 ・法定休日は日曜のみです。 以下のような勤務状況の場合、36協定の延長時間の計算はどのようになるでしょうか。 20...
有給消化について
教えてください。 H28年3月7日~有給が発生している社員がいるのですが現在まで全く使っておりません。 事情があり、来月から勤務日数が減るので、その分を有給で消化しようと思いますが よく分からなくて困っています。 H28.3.7~H29.3.6⇒10日 H29.3.7~H30.3.6⇒11日 H...
変形労働期間の有給休暇取得について
毎々お世話になります。当社では、製造部門の変形労働時間導入について検討しているのですが、社員から次のような質問がありました。社員が納得のいく説明をしたいのですが宜しくアドバイスの程お願いいたします。 ①1日の所定労働時間が、6H、8H、10Hとある中で6Hの日に有給1日取得する場合と、10Hの日に取...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 2007年度労働時間総合調査――年間所定労働時間、休日日数など
    労務行政研究所で毎年実施している「労働時間・休日・休暇等に関する実態調査」の2007年度の調査結果がまとまりました。本記事では2007年度の年間所定労働時間、休日日数の実態を中心に取り上げました。
  • 多様化する採用ルート
    売り手市場が続き、人手不足に苦しむ企業が増えている。何とか打開策を見出そうと、多くの企業が「ダイレクトリクルーティング」や「リファラルリクルーティング」に取り組み始めている。こうした新たな手法と、人材紹介を併用する企業も増えていて――。
  • 人を確保する有効な方法は?
    採用環境は売り手市場感が強く、厳しい状況が続いています。2015年7月、有効求人倍率は1.2倍台を記録し、その後も高い状態のまま続いています。そんな中で人を確保する有効な方法とは?パートタイマー白書の調査結果をもとに、人材の確保について考えていきます。

あわせて読みたいキーワード

106万円の壁
2016年10月からパートタイマーに対する社会保険の適用範囲が拡大され、従業員501人以上の企業であれば、勤務時間が週20時間以上で、1年以上の勤務が見込まれるパートタイマーは、見込み年収106万円(賃金で月額8.8万円)から社会保険の加入対象となります。この改正により、配偶者が会社員・公務員である...
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
厚生年金
厚生年金とは、日本にある二つの公的年金のうちの一つです。民間で働く方は、おおむね加入していると考えてよいでしょう。厚生年金の加入手続きは企業が行い、保険料は企業と社員とが折半して支払います。厚生年金において保険料を支払っていれば、一部が国民年金に回されるので、厚生年金と国民年金の保険料を同時に支払う...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング 研修費ゼロの人材育成
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働き方改革」実現を目指した “知の交流”<br />
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

「働き方改革」実現を目指した “知の交流”
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

今や「働き方改革」は、企業にとって最も重要な課題の一つとなっている。多...


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...