企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14471件   回答数30746

外国企業への研修出向について

ご相談させて頂きます。

社員1名を、取り引き先であるアメリカの企業へ、3か月間出向させることを予定しています。
(主旨としてはトレイニーとして)

これまで会社として同様の事例がなく、ビザの問題や派遣先との契約等、解決すべき点が
諸々あることは想像していますが、お恥ずかしい話、ノウハウが全くないこともあり、
そもそもの整理していく点が網羅できていない状況です。

非常に漠然とした質問で申し訳ないのですが、整理すべき点、注意点等をご教示頂けないでしょうか。
また、外部の協力を仰ぐとした場合、どういった先が相談先として適当なのかも併せてご教示下さい。
(社労士、弁護士、その他、、、)

  • takutomokaさん
  • 福岡県
  • 不動産
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2018/08/01 11:55
  • ID:QA-0078147

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/08/01 14:36
  • ID:QA-0078152

人事・経営コンサルタント

エージェント

たいへん複雑で専門的なものであるため、経験ノウハウが無いのであれば専門のエージェントやコンサルタントへの個別相談をお勧めします。
掲示板でカバーするのは難しい内容ですので、特定社を挙げることはできませんが、「ビザコンサル」や「海外研修エージェント」といった検索で、いくつか専門業者にあたり、相見積もりなどで決めれば良いでしょう。その際アメリカでの実績がないと、どれだけ大手でも意味がありませんので、実績確認は必須です。

  • 投稿日:2018/08/23 13:07
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/08/02 14:14
  • ID:QA-0078177

代表者

プロの協力などは不要

▼ 本来は、米国の E Visa が必要とされる可能性ゼロではありませんが、現地で報酬対象の商活動する訳ではなし、更に、3か月間という短期間もなので、短期商用観光用の B Visa で十分目的が達成できるのではありませか。
▼ このビザで研修に専念しても問題視されることはないと思います。長期出張扱いですから、受講料の支給、海外旅行傷害保険への加入など、通常の海外出張に準じた扱いで処理可能で、プロの協力などは不要だとおもいますが・・・。

  • 投稿日:2018/08/23 13:07
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/08/02 17:21
  • ID:QA-0078190

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まずは海外の出向先での指示命令に従って業務に従事するか、それとも単なる研修または出張で業務に関わる指示命令は御社から出されるか、いずれであるかによって変わるものといえます。

もし前者であれば、基本的に出向先の国(アメリカ)の法令に従って勤務することになりますので、国内の専門家というよりも現地の業務事情に精通された方にご相談される事をお勧めいたします。そうした方が探せない場合ですと、直接現地出向先の会社にお尋ねされるとよいでしょう。

他方後者の場合ですと、国内法が引き続き適用されますので、出国関連の手続きを除いては直ちに新たな問題は発生しないものといえるでしょう。従いまして、ビザ等については専門家である行政書士にご相談される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2018/08/23 13:07
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
出向に関する注意事項
出向契約をする際、通常、出向元の会社が出向者へ給料を支払い、出向先より出向元の会社へ 出向料を支払いますが、この出向料を支払わない場合、法律上、問題はありますでしょうか?
転籍出向者の出向について
弊社の子会社に転籍出向させている者を、得意先に対して出向させる(二重出向)ことの是非についてご教示願います。 出向契約は、弊社子会社と出向先会社となります。
出向
出向社員が何名かいるのですが、毎年契約書を更新し 現在長い社員で3年経とうとしています。 出向させる期間の上限等は決まっているのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 研修会社の選び方
    自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポイントを整理していく。
  • 転職希望者へどう答える? ブラック企業かどうかの判断の難しさ
    ブラック企業は勤務環境が過酷で、離職率が高いなど、いわゆる「人材の使い捨て」というイメージがあります。就職や転職の際には「ブラック企業は絶対に避けたい」と考える人がほとんどでしょう。しかし、ある企業がブラックかどうかを見極めるのはそう簡単ではありません。人材紹介会社にとっても悩ましい問題なのです――...
  • 相談相手としての人材紹介会社
    企業の求人を紹介するだけでなく、時には求職者の相談相手となる、人材紹介会社のコンサルタント。家族や友人にも相談しづらい転職の悩みを打ち明けられる、「ほど良い距離感の相談相手」であることが、求職者が訪れる大きな理由なのかもしれない。

あわせて読みたいキーワード

出向
「出向(在籍出向)」とは、一般的には企業が社員との雇用契約を維持したまま、業務命令によって社員を子会社や関連会社に異動させ、就労させることを指します。出向の場合、対象となる社員の籍と給与の支払い義務は出向元企業にあり、社員に対する業務上の指揮命令権は出向先の企業が有します。人事異動の形態としては、企...
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
顧問
「顧問」とは、企業やその他の団体が行う業務について、意思決定を行う権限は持たないものの、求められて高度な意見を述べるために置かれる役職のこと、あるいはその役職に就いている者を指します。もともと名誉職的な性格が強く、引退した元役員などを内部の常勤ないし非常勤の顧問に充てるケースが一般的ですが、近年は...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...


もう時間と場所に囚われない!<br />
 日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

もう時間と場所に囚われない!
日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

仕事と介護の両立支援が喫緊の社会的課題といわれるなか、時間と場所の制約...