企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13221件   回答数27679

業務委託契約での直接雇用について

業務委託契約内に以下の契約条項が盛り込まれている契約書を引き継ぎました。

<契約期間中および期間終了後1年間は、甲は業務に携わった者と直接的か間接的か否かを問わず、雇用契約・請負契約等の締結および勧誘をしてはならない。義務に違反した場合、違約金として契約金月額の1年分に相当する額をただちに支払う。>

この条項について、グレーではないかという指摘があり以下の点質問をさせていただければと思います。
・もし本人が雇用契約を望んだ場合、職業選択の自由を奪うことになるのではないでしょうか。
・業務委託契約の違約金としてその人の1年分を払うという内容はそもそもやりすぎではないでしょうか。
 普通に考えて、紹介料等は年俸の20%~30%程度ではないかと思っています。

この条項に違法性があるかなどご教授いただけますでしょうか。

宜しくお願いします。

  • 業務委託さん
  • 東京都
  • 証券
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/10/25 09:25
  • ID:QA-0073105

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/25 11:22
  • ID:QA-0073107

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、業務請負契約につきましては、原則当事者が対等の関係で任意に締結されるものですので、双方が同意して契約締結されている以上高額な違約金等を定められたとしましても直ちに違法ということにはなりません。

しかしながら、文面の内容ですと、ご指摘の通り当人が雇用契約を締結するという職業選択の自由を奪うことになりますので、そうした点については違法性が生じる可能性があるものといえるでしょう。

但し、雇用された結果、先方の機密情報漏洩等重大な損害が起こった際に損害賠償を求める権利はございますし、リスク回避を求める先方の意図自体は理解できるものといえます。

対応としましては、そうした実害防止の為の措置や損害賠償請求権等については認める一方、従業員側から希望があった際の雇用契約の締結については先方にも事前に通知された上で原則容認するといった契約内容への変更について先方と協議される事をお勧めいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/25 12:15
  • ID:QA-0073108

代表者

法の定めに求めることは難しい

▼ 営業秘密や個人情報など業務に関して知った秘密(公開済みのもの等は除外)を第三者に開示しないとする機密保持契約、守秘義務契約は、多々存在します。
▼ その内容、程度、厳しさは千差万別ですが、余程、常軌を逸した内容でないが限り、当事者間の合意に任されています。
▼ 先ず、最初の「個人の職業選択の自由」は、会社間の問題ではなく、守秘義務契約に基づく、雇用者と被用間の問題です。
▼ 次に、「違約金の多寡」は、個別ケースに付随するもので、会社の命運に係わる高度な秘密事案から、マイナーな事案まで、これも千差万別です。依って、年俸の何割が妥当かは、事案毎、当事者間の認識によるもので法の定めに求めることはできません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/26 11:46
  • ID:QA-0073135

人事・経営コンサルタント

契約

適法ではない「採用禁止」のような契約は成立しませんが、今回の年収相当額のような「程度」については、法的に問題があってもプレッシャーをかけるため、あえて表記する場合もあります。そうしたケースのように見受けられます。

年収相当分は確かに高いのですが、今回は業務委託であるため、成果を一人で完結できる(貴社の関与無しに)熟練労働者でもあり、通常の人材紹介料率と一緒にはできないともいえます。
いずれにしてもあくまで業務請負であって、決して請負者を派遣社員のように使う偽装派遣(貴社が指揮命令したり、勤怠管理や時間拘束したりする)状態ではないことが絶対的条件ですので、契約後1年間というクーリング自体は著しい無謀とも感じません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社外取締役契約について
従来、社外取締役とは契約を締結していませんでしたが、本年度から契約する指示がありました。どのような内容で契約することが望ましいのでしょうか
無期雇用の転換について
いつもありがとうございます。 来年の4月1日以降契約期間の定めが有る者の無期雇用の申し出ができることになりますが、採用日と契約期間が以下のような場合は、どの時点で無期雇用の申し込みができることになりますか。ご教示ください。 採用日 2013年9月1日 1回目の契約 2013年9月1日~2014年...
業務委託契約について
ご質問させて頂きます。 業務委託契約を締結予定だったのですが、両社の契約の確認中に 委託予定の業務がなくなってしまいました。 契約がされてない状態で業務は、1ヶ月のみなので委託契約は無かった事にして問題はないでしょうか? 知識不足のため、ご教示頂ければと思います。 宜しくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

管理者が成長するために必要なこと リクナビHRTech
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?
new

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....