企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13206件   回答数27653

休日出勤・賃金について

お世話になります。この度会社で給与に関する仕事を任されたのですが人事が未経験の上、顧問の社労士の方もおりません。ですのでこれまで賃金や休日について曖昧になっていました。これを機にきちんとしたいと思っております。
その上で何点か質問させてください。
当社は建設業で、休日は変形労働時間制です。現場作業員は1日7.5H、年間休日は88日です。
私のような事務員は1日8.0H、年間休日は105日です。
しかし現状は作業員は現場が忙しく日曜・年末年始・GW・お盆ぐらいです。
(社員はそれ以外の日は有給を取って休んでいます。)

1.現場の正社員の何名かは社長の指示により日給月給制なのですが、
 会社の休日(88日)となっている日に出勤したら休日出勤扱いになりますでしょうか。

2.また、これまで、休日出勤しても0.35の割増分と1日代休をさせていたようですが
 このやり方でも法律上問題はないでしょうか。

3.日給月給制の作業員が休日出勤(会社の休日)した際に、休日出勤手当として
 2のやり方以外とは別に何千円かの手当を付けるのは大丈夫なのでしょうか。

4.休日出勤が、1日(作業員7.5H・事務員8H)に満たない場合の賃金は、
 労働時間×0.35でしょうか。

5.日給月給制の正社員の方でも半年経過後からは、8割以上出勤している
 方に関しては、有給はありますよね…?

なお、就業規則は古いもので、上記の記載はされておりません。
素人なものでぜひ教えていただきたいです。

  • DKKさん
  • 熊本県
  • 建築・土木・設計
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:賃金
  • 投稿日:2017/10/18 13:59
  • ID:QA-0072977

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/18 17:42
  • ID:QA-0072980

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

1について
 休日には、法定休日と法定外休日があります。法定休日出勤であれば、1.35倍の休日労働になります。法定外休日であれば、週40時間内であれば、通常単価の支払いが必要ですし、週40時間超であれば、1.25倍の割増賃金の支払いが必要です。法定休日が何曜日かは、会社によって異なりますので、就業規則を確認してください。

2について
 同一賃金締切日内であれば、問題ありません。

3について
 その場合には、その手当が割増賃金分を含むということを明確にしておくことが必要です。

4について
 法定休日であれば、1.35。法定外休日であれば、1か1.25です。

5について
 あります。 

  • 投稿日:2017/10/19 08:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
参考になりました。
就業規則に『法定休日の設定方法:年間の日曜日の全て』との記載がありました。
日曜出勤は1.35、それ以外の休日は1.25の割増賃金ということでしょうか。
それとも、週40時間内(日曜除き)なら割増賃金もないということでしょうか。

再三の質問申し訳ございません。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/19 09:48
  • ID:QA-0072986

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件2

ご認識のとおり、法定休日である日曜日に労働したのであれば1.35倍の割増率。

日曜以外の休日労働は、40h超であれば1.25倍、40h以内であれば通常単価で問題ありません。

  • 投稿日:2017/10/19 10:34
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。大変助かります。

では、現在作業員は基本日曜しか休んでいませんので、今のところは日曜(法定休日)出勤=1.35、法定外休日出勤=1.25の計算で大丈夫でしょうか。

またその出勤に対し、1日代休+0.35(0.25)割増賃金としても大丈夫でしょうか。

何度も申し訳ございません。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
出勤日の数え方について
お世話になります。 当方では、出勤日を1日、0.5日というように、 最小出勤単位を「半日(0.5)」として数え方をして処理しています。 やむを得ず休日に2時間だけなど、半日に満たない出勤がある場合 出勤日数はどのようにカウントすればよいのでしょうか。 よろしくお願いします。
振替休日について
振替休日についてご質問させて下さい。休日出勤する前に、当該休日出勤日後の出勤日を休日とするのが振替休日制度だと認識しておりましたが、休日出勤が決定した段階で、当該休日出勤日前の出勤日を休日とすることも可能なのでしょうか?
傷病休職中の仮出勤を有休計算するにあたって出勤としていいのか
傷病休職中の方が復職にあたって仮出勤します。この仮出勤の日数は、有休計算をするにあたっての 出勤率の出勤日数に使用していいのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

リクナビHRTech 管理者が成長するために必要なこと
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...