企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12131件   回答数25117

自社社員が社外の専門学校で講師をする場合

いつも参考にさせていただいております。

弊社の管理監督者であるシステムエンジニアが、社外の専門学校での講師を依頼されております。
週に1~2時間の講義を一年間に渡って行う予定で打診されたそうです。
本人はいわゆる兼業ではなく、弊社を通じて会社間の契約にて行いたい、と言っています。
業務上、講師の経験が本人にとってもプラスになるであろうことと、
会社の知名度向上に寄与すると思い、講師をすること自体は許可する方向で進めたいと考えています。

・講義する時間には、弊社の通常の勤務時間(定時9時~18時)が含まれます。
就業規則では、勤務時間外での兼業は認めています

この場合、会社間でどのような契約形態が適当でしょうか。
また、本人に給与とは別の手当を支給したいのですが、どのように支給すればよろしいでしょうか。

ご回答のほどよろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2017/09/04 17:51
  • ID:QA-0072326

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/09/04 22:33
  • ID:QA-0072330

人事・経営コンサルタント

一例

最近は大学に企業人を招いて講義をするケースが増えており、例としては多々あると思います。
その際、完全に個人の業務として関知しないケースもありますが、社長や役員クラスで管理監督者として時間拘束を受けない人に対し、そうした対応が多く見られます。
一方、時間拘束を受ける一般社員の場合は、謝礼を一切受けずにボランティア的に関わる例が多く見られます。これであれば就業時間中行っても何ら問題がなく、対応が要りません。

ただ、当人が負荷を嫌がる等であれば強要すべきものではありませんので、ご本人と貴社がどういった方針を取られるかしっかり合意の上進める必要があります。手当など支給する場合も、あまり露骨な対価(1時間当たりいくらなど)ではなく、総合的な貢献や高度な能力のような位置付けで応じたり、人事考課で評価ポイントにするなどあまり直接的つながりはつけない考えもあります。

  • 投稿日:2017/09/05 11:13
  • 相談者の評価:参考になった

早々にご回答いただきありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/09/05 11:04
  • ID:QA-0072335

代表者

社員が社外で行う有償講義

▼ 労務上は、法人の正規社員が会社間の「業務委託契約」に基づき講演すること自体、なんの問題もありません。
▼ 講義に対する謝礼は、法的には法人間の取引なので、「源泉徴収」されることはありません。受取る側の御社で雑収入として計上されることになります。
▼ 他方、講演に対し、どの様に報いるかは、会社のオプションです。通常の所定時間内、時間外労働として扱うか、受領謝礼の範囲内で「特別手当」(給与所得として課税対象)を支給するかの選択となります。

  • 投稿日:2017/09/05 11:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
会社間の業務委託(委任)契約にて進めたいと存じます。
先方からの謝礼について、源泉徴収されない旨、理解いたしました。
社員に対しては、「特別手当」にて対応したいと思います。
重ねて、ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/09/05 18:01
  • ID:QA-0072347

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、先方の指揮命令を受けないフリーの外部講師という形であれば、雇用契約ではなく会社間での業務委託(請負)契約という形になるものといえます。

その場合、出講に関わる手当につきましては、あくまで御社従業員としての業務遂行となりますので、少なくとも現行の時間単価で計算された賃金額を支払う必要がございます。

但し、会社間での契約となりますと、仮に当該従業員が出講出来なくなった場合には、御社で代替要員を送る等の責任負担が発生します。これに対し、従業員個人と先方との業務委託(請負)契約であれば、御社は特に何も責任を負う事がございません。

従いまして、そうした会社負担の件も考慮の上、会社間での契約・個人的な契約のいずれにしてもらうか慎重に判断されるべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2017/09/05 18:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

なるほど、委任ではなく、請負なのですね。
一定の期間に、講義という成果物を納める、というイメージでしょうか。


>会社間での契約となりますと、仮に当該従業員が出講出来なくなった場合には、御社で代替要員を送る等の責任負担が発生します。

ここは念頭にございませんでした。ご指摘感謝申し上げます。

振り出しに戻って、個人での契約の可能性も視野に入れて、いま一度慎重に再考してみます。

ご回答いただきありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
就業規則について
就業規則等で定める、いわゆる法令上の「会社」や「使用者」ですが、厳密には、これには役員だけではなく、管理監督者も含まれるのでしょうか?
二重出向 二重業務委託
新規支社立上げで 1.A会社出向 B会社受入 B会社からC会社へ業務委託として契約 2.A会社業務委託 B会社受入  B会社からC会社で業務委託契約 3.A会社業務委託契約 B会社受入 B会社からC会社へ出向契約 4.A会社出向契約  B会社受入  B会社からC会社へ出向契約 それぞれ、法的...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下...