企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13190件   回答数27609

面接の時間設定について

採用担当になり、面接の日程調整のコツがありましたら教えていただきたいです。
私は面接担当ではなく、主に応募者対応(メールのやり取り・日程調整等)をしています。
面接官は担当部署の者が行うことになっています。

書類選考通過の連絡と同時に、一次面接の日程調整の案内も送っているのですが、
皆様は下記①〜③のどれで案内をしているのでしょうか?
①日程は企業側で2つ〜3つ候補を指定して案内する。
②日程は応募者の都合の良い日程を提示してもらう。
③その他
以前は①でしたが、指定した日程だと都合がつかず調整までに時間がかかるため、最近②に変更したところ、スムーズに日程が決まるようになりました。
しかし、就業中の方の場合だと、面接開始時間が19時もしくは20時希望で返事がきてしまい、面接官を遅くまで残らせてしまうので申し訳なくなってしまいます。
また、都合の良い日程を聞いているのにも関わらず、20時は調整が厳しいとも言いづらくて悩んでいます。

何かおすすめな方法がありましたら、ぜひご回答をお願いいたします。

  • おもっとさん
  • 東京都
  • 通信
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2017/05/30 12:13
  • ID:QA-0070804

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/05/30 21:06
  • ID:QA-0070816

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、会社側の事情からしますと①が、応募者の都合からしますと②が良いという事ですので、この2つだけでいえばいずれの要素を優先させるのかという判断基準になるものといえます。勿論、その他にも様々な方法があるはずですし、御社事情を知りえない立場としまして何が良いとこの場で断定する事は不可能といえます。

こうしたスケジュールにつきましては、当然ながら面接官と採用対応者が事前に協議して決められるべきですので、採用対応者のみで悩まれて決める事自体適切なやり方ではないといえるでしょう。

人材採用は会社の将来を左右する非常に重要な問題ですので、どのようなやり方が御社としてベストであるのかも含めきちんと議論して決められる事が不可欠といえます。仮に勤務時間の問題があれば面接官の方からも意見が出されるでしょうし、そこは互いに遠慮無用で話し合いをされた上で納得のいくやり方を見つけられるべきです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/05/31 00:44
  • ID:QA-0070817

人事・経営コンサルタント

判断基準

採用は人事業務の最重要課題でもあり、経営を左右する判断になります。ゆえに採用毎に基準は異なりますし、重要な採用であれば社長であろうと候補者の都合に合わせることは普通です。逆にいくらでも候補がいる選考であれば、会社都合範囲で選択の幅を持たせ、合わなければ対象にしないなど、採用環境によって判断は異なります。
①が機能しないのであれば候補日時を増やす
②範囲を指定して、選択させる
面接官の都合と採用の重要性で経営判断することになりますので、個人的配慮は不要でしょう。誰が意思決定しているのか整理の上お決めになるのが良いと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
集団面接でのNG質問を教えてください
集団面接を行う際に、応募者に聞いてはいけない質問をお教えください よろしくお願いします。
応募者の履歴書について
一次面接を通過し、二次面接の日程を調整しました。 二次面接は面接官が3名になります。 応募者の方から履歴書をいただきましたが、 1通しかないためコピーをとって面接官全員に渡そうと思っているんですが、問題ないですよね? それともコピーは取らず、事前に回覧してもらった方が良いのでしょうか? 個人情報なの...
退職勧奨の面接について
お世話になっております。 弊社は50名弱の会社です。近々社員数名に対して退職勧奨の面接を行います。一般的に、面接はどのような立場の者が何名で行うのがよしとされているのでしょうか。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 応募者の話を聞きながら眠ってしまった面接官 気に入らない応募者を次々に落とす経営トップ
    面接は、企業と応募者が直接触れ合う最初の場。企業が応募者を選考するのと同時に、企業側も応募者から見られ、判断される場でもある。したがって面接担当者の役割は重要だ。きちんと選考を行うことは当然だが、企業の代表として応募者に良い印象を与えることもまた必要である。最近は一次選考を人事ではなく、各部門のマネ...
  • 人材紹介会社が行う面接対策 採用業務を社長一人で担当する企業
    採用試験の山場といえば何といっても「面接」。中途、新卒問わず、どの企業でも最も重視される選考プロセスである。逆に考えれば、求職者は面接で好印象を与えることができれば、合格に一気に近づく。だからこそ、数多の「面接対策本」「面接マニュアル」などが存在しているわけだ。人材紹介会社による「模擬面接」「面接対...
  • 面接日を2度も変更する企業 年俸制から月給制に変わることに違和感を覚える転職者
    中途採用の選考過程で最も重視されているのが面接。企業も候補者も「その日」を期待と不安に満ちた気持ちで待っている。特に面接を受ける側(候補者)にとっては、大変な緊張とともに迎える日でもある。しかし、企業のさまざまな都合によって一度決めた面接日が変更されるケースもある。面接担当者に急な別件のアポイントが...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン リクナビHRTech
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....