人事のQ&A<解決済み>

相談数11527件   回答数23902

育児休職中の社員の労働について

お世話になっております。育児休職中社員の不祥事が発覚し、会社の命として報告種類を記入させたいのですが、これが労働に当たるのか否か、労働に当たるのであれば一旦復職させて労働後、また休職とすべきなのでしょうか。雑駁な質問で申し訳ありませんがご教示ください。

  • こやまんきーさん
  • 東京都
  • 運輸・倉庫・輸送
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/05/17 18:04
  • ID:QA-0070579

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/05/18 10:03
  • ID:QA-0070582

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

不祥事の詳細わかりませんが、あきらかに本人の不祥事ということであれば、労働とはならないでしょう。仮に、会社として、労働時間扱いして、賃金を支払うということであったとしても、一旦復職などということにはしなくてもかまいません。

育休中の仕事をするケースも増えており、一か月以内かつ80時間以内であれば育児休業給付にも影響しません。

  • 投稿日:2017/05/18 11:20
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。言葉足らずで申し訳ありませんでしたが、弊社では休職中ではない社員が不祥事等で報告書類等を記入している場合は明確に労働時間として取り扱っていますが、整合性は大丈夫でしょうか?重ねての質問で申し訳ありません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/05/18 11:24
  • ID:QA-0070586

代表者

「妥当性」の有無による判断は、「労働ではない」

▼ 「物は考えよう」という日常語がありますが、明確な法の定めに該当しない限り、考え方一つで対極的な判断となることは、日常的に「ごまん」とあります。本件も、こじつければ、広義の労働と言えるし、休職中、且つ、内容が不祥事(確定)の顛末書の作成という観点からは、とても労働とは言えないでしょう。
▼ 世間的に共通した認識と価値観、つまり、「妥当性」の有無による判断に依ることになりますが、仮令、不祥事が被疑の段階でも、労働と看做さないのが妥当だと思います。尚、被疑ではなく、確定段階であれば、紛れもなく労働扱いするのは妥当性を欠く判断でしょう。

  • 投稿日:2017/05/19 21:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

お忙しいところありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/05/18 14:35
  • ID:QA-0070590

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件2

 休職中でない場合には、勤務時間中であれば、特にその時間について、欠勤控除まではしないということですね。ただし、時間外であった場合には、残業まではつけないでしょう。
 これは、移動時間に、にていますね。移動時間は、勤務時間中であれば、労働時間ではありませんが、欠勤控除まではしません。

 

  • 投稿日:2017/05/19 21:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

なんべんもありがとうございました。参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/05/18 20:06
  • ID:QA-0070602

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、業務を指示しているのではなく、在職時の不祥事について確認を行っているだけですので、通常であれば労働時間として取り扱う必要はございません。但し、緊急性がないものであれば、敢えて休職期間中に行わせる必要はないものといえますので、復職後に記入させるのが妥当といえます。

ちなみに休職中でない社員の場合ですと、通常であれば所定労働時間内に記入させるはずですので、当然に労働時間扱いとすべきです。

  • 投稿日:2017/05/19 21:48
  • 相談者の評価:大変参考になった

恐縮でございます。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/05/18 20:49
  • ID:QA-0070606

人事・経営コンサルタント

内容次第

社員本人の責による不祥事ですから、もちろんその内容によりますが、恐らく大ごとなのだろうと拝察します。そうであれば業務ではなく手続きとして報告をさせる程度であれば問題ないでしょう。
もちろん膨大な量の報告や子細なデータ、会社に来ないと書けないような量の調べものが必要等、程度問題だといえます。

  • 投稿日:2017/05/19 21:49
  • 相談者の評価:大変参考になった

申し訳ありません。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
徹夜労働について
休前日から翌日(休日)にかけて徹夜労働をさせた場合の質問です。 ①例えば翌日の朝9:00まで労働させた場合、夜中0:00から朝9:00までの間は、前日の労働時間とみなされると思うのですが、その時間分の時間単価は、休日労働の135%になるのでしょうか?それとも前の日からの労働時間として125%でよい...
時間外・休日労働時間について
長時間労働者への医師の面接指導に関する1ヶ月の時間外・休日労働時間を、36協定の1ヶ月の時間外労働・休日勤務時間として扱っても良いでしょうか。お手数ですがご教授下さい。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
新卒採用支援/内定者フォロー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
ミスマッチの応募にお困りの採用担当者様へ
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:05/01~05/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


新卒採用支援/内定者フォロー特集

新卒採用から内定者フォローまでを支援するサービスやソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...