企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12131件   回答数25117

ホールディングス制の採用方法について

IT企業で採用担当をしています。

もともと新卒採用をしていた弊社がホールディングス化し、事業会社2社の採用を行う事になりました。
社内フローは(HD説明会→1次選考→2次選考→事業会社社長面接→CEO最終面接)の予定です。
担当部門内で採用の仕方がまとまらず、ご相談です。

以下は、上司から出てきた案です。
問題がないのか不安になり、専門家のご意見を伺いたく、こちらに投稿させて頂きます。
3項目、それぞれ問題がないか、また留意点等もございましたらご教示頂けますと助かります。

①ホールディングス名で募集をかけ、会社説明実施。
 事業会社(2社)の紹介・募集要項を案内する。
 学生がどちらの事業会社の選考を希望するかアンケートにて回答させる。(→事業会社面接へ)

②2次選考までは全員HDを受けている感覚のまま面接へ
 2次以降の面接官が話し合いの中で配属を決める(どちらかの事業会社を勧める)

③3次面接で事業会社社長が採用したい。となっても 最終HDのCEOが面接でNGを出したら
 不採用になる。


入社はHD入社にはならず、各事業会社に所属が決まった状態で4月を迎えることが
前提です。
ホールディングスでの知見が少なく、人事部内でも『集まった学生を、弊社側が各事業会社に振り分けて、
学生本人たちには、選考の段階ではどちらに所属になるか 不明確でも構わない』
との、考えも出てきています。

学生が安心してエントリーしてもらえるような、採用フローをつくっていきたいと思っています。是非、ご意見のほどよろしくお願いいたします。

  • HJCISNjiさん
  • 東京都
  • 情報サービス・インターネット関連
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2016/12/05 12:33
  • ID:QA-0068361

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/12/05 22:43
  • ID:QA-0068367

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ホールディングス会社であっても採用や選考方法特別な制約はございませんので、御社で任意に決める事が可能ですし、文面内容各々についても特に問題はないといえるでしょう。

但し、求職する学生の立場からしますと、所属先等について曖昧な説明をされますと当然不安になりますし、御社グループ全体への印象、しいては社会的評判にも悪影響が生じる可能性がございます。求職者の背後には親族・先輩・恩師・知人等無数の社会人の方々が存在している事を忘れてはなりません。

従いまして、所属先が最終段階まで決まらない場合ですと、まずその旨を①の段階で明確に説明されるのが妥当といえます。当然御社としましても、選考過程で当人の適性等も踏まえながら所属先を決定していく事になると思いますので、早い段階で決まらない事自体に問題はないものといえます。学生の不安を取り除く上でも、選考の流れ・節目についてきちんと示されるといった丁寧な対応が何よりも重要といえるでしょう。

  • 投稿日:2016/12/06 09:34
  • 相談者の評価:参考になった

大変参考になりました。社内でよく検討していきたいと思います。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/12/05 22:49
  • ID:QA-0068368

人事・経営コンサルタント

採用プロセス

HDが採用を一括して行うことは珍しくありませんので、それ自体問題はありませんが、ご提示の内容を見ますと、学生に採用選考の過程を開示しないのでしょうか?「HDで採用」するかのような表現をして、実際には事業会社配属とするのはだますのと同じで、絶対にさけるべきです。著しい信用失墜になりますので、最初からすべてオープンにし、HDは単に採用窓口である旨、告知の上、すべて理解した学生が選考に応じるという形ならもんだいありません。

くり返しますが、学生をだますようなことは意図の有無を別にして、致命的ブランド失墜になりかねませんので、十分ご留意下さい。

  • 投稿日:2016/12/06 09:36
  • 相談者の評価:参考になった

ご助言ありがとうございます。
学生に分かりやすい説明を心がけ、準備進めて参ります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/12/05 23:21
  • ID:QA-0068370

代表者

ホールディングカンパニーの役割

採用選考の方式は、使用者側に任されていますので、①~③ の採用方法自体に、特に問題がある訳ではありません。但し、ホールディングカンパニーには、「純粋持株会社」と「事業持株会社」の二つの形態があり、前者には、「NGを出し得る知見と能力」がありませんので、その辺を、具体的、且つ、明確に、採用フローに示し得ることが重要なポイントだと思います。後者の場合は、事業持株会社毎の事業内容が異なっている筈なので、「選考の段階ではどちらに所属になるか 不明確でも構わない」というのは、エントリー側としては、可なり、不安材料になるので、明示できる体制が必要です。

  • 投稿日:2016/12/06 09:38
  • 相談者の評価:参考になった

応募して下さる学生に不安を与えないよう、分かりやすい説明をするよう心がけていきます。
ありがとうござとました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
ホールディングス制における各事業会社の採用について
当社は、ホールディングス制を実施しています。 採用の時は、ホールディングス会社で一括して採用して、各事業会社へ配属という形態をとっています。 雇用契約はホールディングス会社と結び、その後事業会社へ出向です。(新卒は、配属先事業会社を選べません。) ただ、既出の相談内容を見たところ、法律的・社会通念...
採用時面接について
採用試験時の面接について、その手法を提供してくれる業者などはあるものでしょうか。
36協定について
「事業の種類」および「事業の所在地」が同一ですが、部署名が異なる3部署があるとします。   (会社名は同じで、●●会社 A工場、●●会社 B部、●●会社 C室) その場合は、3部署をまとめて届出をすれば良いと思っていますが、「事業の名称」は、どのように記載すればよろしいでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


いま求められる「ハラスメント対策」<br />
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

いま求められる「ハラスメント対策」
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、な...