企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

職務給と役割給の違い?

職務給と役割給の違いが参考書等を読んでも、職務給が職務分析をして詳細にグレードを区分するのに対して役割給は詳細でないという具合で今一つわかりません。ついては、わかり易い説明をお願いします。

投稿日:2006/06/16 07:35 ID:QA-0005083

*****さん
東京都/証券

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

二宮 孝
二宮 孝
㈱パーソネル・ブレイン代表取締役・人事コンサルタント

職務給と役割給の違いについて

日本経団連の人事労務用語辞典では次のようにでています。
「職務に要求される役割責任・職責・権限のレベルの高さ、大きさにより役割ランクを設定し、従業員を格付け、その役割ランクにより、賃金(役割給)を決定すること。主に管理職クラスに適用される場合が多く、職責給とも呼ばれている。担当職務と賃金との乖離を解消しようとするもので、職務給の1種である。」

以上をみてお分かりいただけますように、同じ仕事給の範疇ではあるものの厳密な違いはないといっていいでしょう。あえていえるのは、職務給がアメリカ型の同一労働同一賃金の原則をもとに、技能職や事務職などの一般定型的(固定的)業務を中心にとらえる賃金方式であるのに対し、役割給はこれより上位の概念であって、管理職を中心に上位からの役割使命、包括的な指示を受けた後は、自己の裁量で企画立案、遂行を任されて行う業務に対する賃金方式であるということになるでしょう。詳細ではないというのもこのためです。また役割給は、それぞれのポストごとの付加価値に焦点を当てることも多く見受けられます。

なお、拙著で恐縮ですが、「新しい給与体系と実務」〔同文舘〕、「役割能力等級制度の考え方・進め方」〔インデックス・コミュニケーションズ〕に詳しく解説していますので参考にして頂ければ幸いです。

投稿日:2006/06/16 09:56 ID:QA-0005086

相談者より

同じだからわかりずらいのですね。

投稿日:2006/06/17 11:04 ID:QA-0032123参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

出来るだけ分りやすく説明しますと‥

「職務給」とは、従事する職務に応じて決定される給与ですので、通常ですと職務調査・分析を行い等級付けをして給与制度を作ることになります。

これに対し「役割給」とは、「職務」の代わりに「役割」(言い換えれば、「仕事」の代わりに「責任」)を対象に給与を決定します。

例えば営業課長の場合、「職務給」ですと「課長が実際に行う仕事内容」に応じて給与が決められますが、「役割給」ですと「課長が営業部において持つ役割責任」に応じて給与が決められるということですね。

従って、「役割給」制度では、個々の仕事内容自体を細かく採り上げたり分析したりしなくてもよいことになります。

要するに、基準となるものが「仕事」か「役割」かという違いですので、役割等の決め方によってはさほど違いが無くなる場合も出てきます。

ちなみに、職務給にしても役割給にしても、統一的な定義はないと考えてよく、個々の企業で最もふさわしい形にアレンジし、オリジナルかつ分りやすい給与制度を構築されることが大切と考えております。

当方は賃金制度構築を最も専門としておりますので、何かありましたらご相談・ご依頼等宜しくお願いいたします。

投稿日:2006/06/17 01:40 ID:QA-0005104

相談者より

わかり易い説明ありがとうございます。

投稿日:2006/06/19 08:05 ID:QA-0032131大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
職務給と役割給の違い
職務給と役割給の違いをできるだけわかりやすく解説してください。
ベースアップの方法について
当社の基本給は年功給と役割給の二本立てになっており、年功給は査定対象外で定昇し、役割給は査定があり賃金テーブルが数段階あります。 当社はベースアップを考えておりますが、査定によって変動する役割給に対してベースアップを実施することは可能なのでしょうか。宜しくお願いいたします。
差額支給について
弊社では各地域の昨年度成績と今年度の目標値によって所属長の役割給が決まるのですが、今年度の役割給が確定するのが8月になります。4~8月は暫定の役割給を支給し、9月以降は改定後の役割給支給します。また、4~8月の給与差額分と6月夏期賞与に支給している賞与差額分をさかのぼって支給いたします。 そこで、9...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • どこまで進んだ?「成果主義」制度の傾向と対策
    日本企業の最大の特徴だった「年功序列」「終身雇用」のシステムは、平成不況の深刻化とともに崩れ去ろうとしています。それに代わり、注目されているのが「成果主義」――好業績の社員には高給で報いる、というシステムです。外資系企業では定説のシステムですが、いま日本企業の人事・労務は、成果主義に基づく様々な制度...
  • 等級制度の実際
    社内序列の基盤となる「等級制度」のしくみと種類にはどのようなものがあるか。それぞれのメリット・デメリットとは?
  • 人事課長200人に聞く 5年後の「人事・労務」はどうなる?
    実務の第一線にいる「人事課長」は、人事・労務の現状や今後をどう考えているのでしょうか? 労務行政研究所が行った調査の結果をもとに、「人事・労務」の現在と未来を探ってみます。
あわせて読みたいキーワード
職務給・役割給
職務(ポスト)や役割の重さ、責任の度合い、企業への貢献度などに応じて決められる賃金のことです。昨今の成果主義、業績志向への流れを背景に、管理職層を中心に浸透してきました。
職能資格制度
企業の期待する職務遂行能力をどの程度有しているかによって従業員の序列づけを行い、職能給として賃金に反映させる制度です。最近では、年功的な運用がもたらす「賃金と能力のミスマッチ」など、さまざまな問題が指摘されるようになっています。
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 感染症対策の実施記録に手間なく体調管理
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/04
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...