企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13525件   回答数28409

雇用調整助成金

 ハローワークで聴いてくればわかるのかもしれませんが、基本的なことを教えてください。
  休業する場合の1日の助成金の最高額は出ておりますが
  休業する場合の助成金の計算方法がみえません。
①休業した場合に賃金減額をしない場合は 助成金はでないのか
 (休業させても、賃金は全額支払の場合)
②休業した場合に賃金減額の最高は6割支給で4割の賃金カットが
 最大限のカットか
③この場合に4割カットの金額に対して2/3相当額が助成金となるの か?
④仮に単純に下記となるか
 給与 1日 \10000 で 毎月20日出勤で 月度 200000 の場合
 2日 休業した場合 休業支給率 6割支給とした場合
 個人の給与の休業カットは 4000×2=8000
 助成金の支給は 8000×2/3=5333 と なるのか?
⑤会社の経費上で考えると
 休業カット 8000+5333 = 13333 経費上費用が考慮されるのか
⑥従業員とすれば
 給料が 8000 減額となり 2日休業休暇となる
 2日休んでも 12000 もらえる。

上記で考えればいいのでしょうか、ご指導下さい。     以上
 

  • *****さん
  • 東京都
  • 輸送機器・自動車
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:助成金
  • 投稿日:2010/11/09 15:45
  • ID:QA-0023763

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2010/11/10 17:02
  • ID:QA-0023785

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

雇用調整助成金

以下、回答します。

①休業した場合に賃金減額をしない場合は 助成金はでないのか
 (休業させても、賃金は全額支払の場合)
⇒100%支給でも、出ます。
②休業した場合に賃金減額の最高は6割支給で4割の賃金カットが
 最大限のカットか
⇒労働基準法第26条で、休業手当は平均賃金の100分の60以上
の手当てを払わなければならないとされています。

③この場合に4割カットの金額に対して2/3相当額が助成金となるのか?
⇒直近の労働保険料申告書から算出します。
雇用保険料の算定基礎となる賃金総額÷雇用保険被保険者数×年間所定労働日数(*または暦日数)*協定書によります。
大企業でしたら、上記の2/3(*または3/4)*直前6ヶ月に解雇等ない場合。


④仮に単純に下記となるか
 給与 1日 \10000 で 毎月20日出勤で 月度 200000 の場合
 2日 休業した場合 休業支給率 6割支給とした場合
 個人の給与の休業カットは 4000×2=8000
⇒概算
(1)平均賃金=60万÷91=6593
(2)6593×0.6=3956
★1日あたり3956以上支払っていれば法律違反になりませんから、1日6000円支払う(4000円控除)のであれば問題ありません。ここについては、労使協定によりますので、会社により異なってきます。

 助成金の支給は 8000×2/3=5333 と なるのか?
⇒上記3によります。ただし上限が1日7505円
雇用保険被保険者全体でみますので、7505円の会社が大多数ですが、この場合は
7505円×2日=15,010円が助成額となります。

⑤会社の経費上で考えると
 休業カット 8000+5333 = 13333 経費上費用が考慮されるのか
⑥従業員とすれば
 給料が 8000 減額となり 2日休業休暇となる
 2日休んでも 12000 もらえる。

  • 投稿日:2010/11/10 17:02
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2010/11/10 17:07
  • ID:QA-0023786

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

雇用調整助成金2

以下回答させていただきます。

⑤会社の経費上で考えると
 休業カット 8000+5333 = 13333 経費上費用が考慮されるのか
⇒考え方としてはそのとおりです。ただし、従業員は休業してますので売上げはその分あがらないことになります。

⑥従業員とすれば
 給料が 8000 減額となり 2日休業休暇となる
 2日休んでも 12000 もらえる。
⇒考え方はそのとおりです。
以上

  • 投稿日:2010/11/10 17:07
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
助成金の経理処理
お世話になっております。 助成金の受給をしたのですが、助成金の経理処理をどのようにすればよいでしょうか?仕訳を教えて頂ければ嬉しく思います。
助成金について
ウェディングプロデュースの会社をして10年になります。スクールも始めましたので本格的にスタッフを増やして業務拡大を狙っているのですが、助成金は出ますでしょうか?
休業手当の元となる平均賃金について
いつも参考にさせていただいております。 今回のご相談ですが、業績の悪化により一時休業させる場合に、 平均賃金の6割以上の支給と決まっておりますが、 例えば、4月から3ヶ月休業させる場合、 4月の休業手当:1月2月3月の平均賃金の6割以上 5月の休業手当:2月3月4月の平均賃金の6割以上 6月の休業...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 有給?無給?賞与は?「育児」「介護」休業中の最新事情
    仕事と家庭生活の両立を支援するために法律で義務化された「育児休業」(1992年4月)と「介護休業」(1999年4月)。いずれも、制度を利用する社員は会社を長く休むことになりますが、気になるのは休んでいる間の待遇です。給料はもらえるのかどうか。ボーナスはどうか……ここでは、 労務行政研究所が行った調査...
  • 育児・介護支援制度の最新実態
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、各企業の育児・介護休業等の最新実態を調査しました。今回はこの中から育児休業・介護休業それぞれの「期間」「休業中の月例賃金の取り扱い」について紹介します。
  • 計画停電と労基法第26条(休業手当)について ~人事担当者が労務管理上、留意すべき点とは?~
    「東日本大震災」に伴い、厚生労働省より『計画停電が実施される場合の労働基準法第26条の取扱いについて』が発出されています。今回の記事では、実務上の労務管理で留意すべき点について、紹介します。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

インディードの採用ノウハウを無料公開 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:12/01~12/10
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...