無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

両立支援等助成金(育児休業等支援コース)について

新型コロナウィルス感染症対応特例として受給するために
規程に明記することが要件としてありますが、以下でどのように
表記(ルール化)するのが良いのか悩んでおります。参考になる
ような情報がないため、アドバイスいただけますと幸いです。

①特別有給休暇を4時間以上利用した労働者が出た事業主を助成
します 。とありますが、この特別休暇取得の条件を具体的に規程に
する必要があるかと存じます。何日まで認めるかことが可能なのか
(例:14日間取得可など)など取得日数の要件はありますでしょうか。
会社の任意で設定可能であれば、妥当な設定日数を教えてください。
②一度この特別休暇を取得したものが同年度(例:21年4月~22年3月末)で
何度か取得するのを制限することは可能でしょうか。
③コロナ禍が過ぎまして、この特別休暇をなくす場合、不利益変更となり
規程から削除するのは難しいでしょうか。

以上でございます。
よろしくお願いします。

投稿日:2021/08/25 11:30 ID:QA-0106808

あごまるさん
東京都/医療機器(企業規模 501~1000人)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①取得日数の要件はありません。
 妥当な日数も特にありませんが、
 対象としては、時間単位も認めた場合は4時間以上となっていますので、
 1日以上で無理のない範囲で設定してください。

②可能です。

③もともと新型コロナ対応特例措置ですので、
 コロナ過が過ぎれば、対象者も必然的になくなるということになりますので、
 そうなれば削除しても不合理とはいえないでしょう。

投稿日:2021/08/25 16:48 ID:QA-0106841

相談者より

ご回答ありがとうございます。参考と
させていただきます。

投稿日:2021/08/25 17:32 ID:QA-0106844大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、①につきましては要件となるのは取得時間数(4時間)であって、取得(可能)日数につきましては特に定められておりません。但し、コロナウイルス感染対応である事を考慮しますと、少なくとも10日~14日程度の設定が妥当と考えられます。

②につきましては、特別休暇の任意性からも可能と考えられますが、一人で複数回の利用が多くなるとは通常考え難いですし、無制限とされる事も視野に入れられてよいでしょう。

③につきましては、あくまで特例措置と位置付けて適用対象期間を明確に定められていれば、不利益変更となる事はございません。

投稿日:2021/08/25 23:02 ID:QA-0106852

相談者より

コロナ禍で急な特例措置のため参考になる情報がなく困っておりました。たいへん助かりました。

投稿日:2021/08/31 15:52 ID:QA-0107068大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。



問題が解決していない方はこちら
関連する書式・テンプレート
特別休暇申請書

自社に特別休暇を用意している際に活用できるテンプレートです。結婚休暇、忌引き休暇、病気休暇などを例として記入しています。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード