無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人はいくつになっても成長できる――
トヨタファイナンスが取り組む“本気”のシニア活用とは

10年後の経営環境の変化を予測することは非常に困難ですが、それでも確実なのは、多くの企業で“組織の高齢化”が進行するということ。特にいわゆるバブル期大量採用世代がシニア層となって膨れ上がるため、その処遇を誤ると組織全体のパフォーマンスに深刻なダメージを与えかねません。シニア社員の活躍推進が叫ばれるゆえんです。喫緊の課題と言われながら、なかなか本格的な対応が進まないこの問題に“本気”で取り組み、着実に効果を上げている企業があります。「人を大切にする」を組織運営の根幹に据えるトヨタファイナンス。トップ自ら企業風土改革をリードする藤田社長と、プロジェクトの企画・実施を担う人事部の矢田部長、鈴木主査にお話を伺いました。

Profile
藤田泰久さん
藤田泰久さん
トヨタファイナンス(株)代表取締役社長

(ふじた・やすひさ)● 2003年トヨタファイナンシャルサービス(株)顧問 2004年トヨタファイナンス(株)専務、副社長を経て、2007年より現職

矢田真士さん
矢田真士さん
トヨタファイナンス(株)人事部長

(やだ・まさし)● 2003年入社。総合企画部を経て、2008年より人事部にて人事制度改革、企業文化改革を推進。2013年より現職。

鈴木昌子さん
鈴木昌子さん
トヨタファイナンス(株)人事部 主査

(すずき・しょうこ)● 2005年入社。カスタマーサービスセンター センター長、事務センターセンター長を経て2010年ポスト定年。2011年より現職。

「人を大切にする」は、社員を甘やかすことではない

トヨタファイナンスは「人を大切にする会社」を標榜しています。シニア社員の活躍推進に向けた取り組みもこの基本理念に基づく人材マネジメントの一環ですが、そもそも「人を大切にする」を提唱されたのは、藤田社長ご自身だそうですね。

藤田:社長に就任した時、まず企業文化変革に取り組もうということになり、役員とオフサイトミーティングを何度か重ねました。そこで私が話したのが、「人を大切にする会社を作りたい」ということ。「『人を大切にする』と言えば、社員は甘えてしまうのではないか」と、懸念する声もありました。

でも、違うんです。私が言う「人を大切にする」とは、人を甘やかすのではなく、一人ひとりの持つ資質を最大限に活かすということ。個性や持ち味など、それぞれの一番尖がった部分を活かしてチーム化すれば、一部の“とてもできる人たち”だけで引っ張るより、組織全体としてのパフォーマンスはずっと良くなります。ただ、個人の側も会社が活かしてくれるのを待っているようではいけません。自分で自分の持ち味を考え、主体的に発揮して会社に貢献するという発想に転換しないかぎり、その人は本当の意味で活かされない。「人を大切にする」というのは、甘やかすどころか「自立」と「自律」を厳しく求められるので、社員にとってはむしろ大変なことなのです。

「人を大切にする」という思想は、社長ご自身のキャリアを通じて培われたものなのでしょうか。

藤田:そうだと思います。私はトヨタグループの外から来て、たまたまこのポジションに就いたわけですが、もともとは銀行マンで、ありがたいことに国内外のいろいろな部署を経験しました。そう言うと、とても順調なキャリアだったように聞こえますが、実際は決してそうではない。コーポレートラダーを昇ることだけにこだわって、優劣を競うより、せっかくの職業人生ですから自分が楽しむことを優先したほうがいいと思います。

私自身、職業人生を楽しんできた自負があるので、何も後悔していません。社員によく言うのは、誰かに楽しませてもらうのではなくて、自分で楽しむ姿勢が大切だということです。楽しむためには先ほど言ったように、自分をどう活かすか、自分に何ができるのかを自ら考えて行動すること。これに尽きます。人は活かされてこそ、やりがいに目覚め、人生を楽しめる。だから私は、人を大切にする集団を作りたい――そう言って議論を重ねているうちに、社内でもだんだん理解が広がっていきました。でも、実践という意味ではまだまだです。人事部も頑張っていますが、目指す姿からすると3割ぐらいでしょうか。

“3割”とは厳しいですね。逆にいうと、企業文化改革に着手する以前は、それだけ問題が多かったということでしょうか。

藤田:私が就任してまず初めに行ったのは、全社員にメールを送ることでした。「いまのトヨタファイナンスに、社会に存在する価値がありますか」と厳しく問いかけたんです。十数年前、カード事業を始める際に即戦力人材を大量に採用して、社員数が一気に膨れ上がりました。何百という会社から人が集まり、それぞれのやり方を持ち込んだため、現場に一体感や目標意識がなかったのです。

それともうひとつ。当時は赤字でしたが、赤字そのものよりも、その現状に社員の大半が危機感をもっていないことが問題でした。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他3
オススメ3
最新順 人気順 古い順

*****さんがその他でオススメしました

2014/04/07

シニア層の活用については、急速に問題が顕在化している気がします。各社の取組事例は非常に参考になり、また自社でも本気で取り組むことが急務であると痛感しました。

*****さんがその他でオススメしました

東京都 医療・福祉関連 2014/04/01

私は中高年対象のキャリアマネジメント研修講師をやっております。多くの大企業の中高年層にこの記事にあるように説いていますが、会社側の活用の在り方に疑問を感じていました。トヨタ自動車本体でも研修経験がありますが、今回のTF社人事部門の取り組みを知り、こうした取り組みが多くの企業に広がれば多くの「元気がない中高年」、「社内失業した中高年」が輝きを取り戻すと確信します。

*****さんがその他でオススメしました

東京都 精密機器 2014/04/01

大変参考になりました。やる気スイッチを誰がいれるのか。やはり上司の役割が大切なことと、人事部の在り方も自戒を含めて改めて考えなおしたいと思いました。

3件中1~3件を表示
  • 1

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

となりの人事部のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
タウンホールミーティング(対話集会)
企業風土
インナーコミュニケーション
ホーソン効果
アンダーマイニング効果
テンプテーション・バンドリング
セルフエフィカシー
ピアボーナス
EVP
ARCSモデル