企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人はいくつになっても成長できる――
トヨタファイナンスが取り組む“本気”のシニア活用とは

10年後の経営環境の変化を予測することは非常に困難ですが、それでも確実なのは、多くの企業で“組織の高齢化”が進行するということ。特にいわゆるバブル期大量採用世代がシニア層となって膨れ上がるため、その処遇を誤ると組織全体のパフォーマンスに深刻なダメージを与えかねません。シニア社員の活躍推進が叫ばれるゆえんです。喫緊の課題と言われながら、なかなか本格的な対応が進まないこの問題に“本気”で取り組み、着実に効果を上げている企業があります。「人を大切にする」を組織運営の根幹に据えるトヨタファイナンス。トップ自ら企業風土改革をリードする藤田社長と、プロジェクトの企画・実施を担う人事部の矢田部長、鈴木主査にお話を伺いました。

Profile
藤田泰久さん
藤田泰久さん
トヨタファイナンス(株)代表取締役社長

(ふじた・やすひさ)● 2003年トヨタファイナンシャルサービス(株)顧問 2004年トヨタファイナンス(株)専務、副社長を経て、2007年より現職

矢田真士さん
矢田真士さん
トヨタファイナンス(株)人事部長

(やだ・まさし)● 2003年入社。総合企画部を経て、2008年より人事部にて人事制度改革、企業文化改革を推進。2013年より現職。

鈴木昌子さん
鈴木昌子さん
トヨタファイナンス(株)人事部 主査

(すずき・しょうこ)● 2005年入社。カスタマーサービスセンター センター長、事務センターセンター長を経て2010年ポスト定年。2011年より現職。

「人を大切にする」は、社員を甘やかすことではない

トヨタファイナンスは「人を大切にする会社」を標榜しています。シニア社員の活躍推進に向けた取り組みもこの基本理念に基づく人材マネジメントの一環ですが、そもそも「人を大切にする」を提唱されたのは、藤田社長ご自身だそうですね。

藤田:社長に就任した時、まず企業文化変革に取り組もうということになり、役員とオフサイトミーティングを何度か重ねました。そこで私が話したのが、「人を大切にする会社を作りたい」ということ。「『人を大切にする』と言えば、社員は甘えてしまうのではないか」と、懸念する声もありました。

でも、違うんです。私が言う「人を大切にする」とは、人を甘やかすのではなく、一人ひとりの持つ資質を最大限に活かすということ。個性や持ち味など、それぞれの一番尖がった部分を活かしてチーム化すれば、一部の“とてもできる人たち”だけで引っ張るより、組織全体としてのパフォーマンスはずっと良くなります。ただ、個人の側も会社が活かしてくれるのを待っているようではいけません。自分で自分の持ち味を考え、主体的に発揮して会社に貢献するという発想に転換しないかぎり、その人は本当の意味で活かされない。「人を大切にする」というのは、甘やかすどころか「自立」と「自律」を厳しく求められるので、社員にとってはむしろ大変なことなのです。

「人を大切にする」という思想は、社長ご自身のキャリアを通じて培われたものなのでしょうか。

藤田:そうだと思います。私はトヨタグループの外から来て、たまたまこのポジションに就いたわけですが、もともとは銀行マンで、ありがたいことに国内外のいろいろな部署を経験しました。そう言うと、とても順調なキャリアだったように聞こえますが、実際は決してそうではない。コーポレートラダーを昇ることだけにこだわって、優劣を競うより、せっかくの職業人生ですから自分が楽しむことを優先したほうがいいと思います。

私自身、職業人生を楽しんできた自負があるので、何も後悔していません。社員によく言うのは、誰かに楽しませてもらうのではなくて、自分で楽しむ姿勢が大切だということです。楽しむためには先ほど言ったように、自分をどう活かすか、自分に何ができるのかを自ら考えて行動すること。これに尽きます。人は活かされてこそ、やりがいに目覚め、人生を楽しめる。だから私は、人を大切にする集団を作りたい――そう言って議論を重ねているうちに、社内でもだんだん理解が広がっていきました。でも、実践という意味ではまだまだです。人事部も頑張っていますが、目指す姿からすると3割ぐらいでしょうか。

“3割”とは厳しいですね。逆にいうと、企業文化改革に着手する以前は、それだけ問題が多かったということでしょうか。

藤田:私が就任してまず初めに行ったのは、全社員にメールを送ることでした。「いまのトヨタファイナンスに、社会に存在する価値がありますか」と厳しく問いかけたんです。十数年前、カード事業を始める際に即戦力人材を大量に採用して、社員数が一気に膨れ上がりました。何百という会社から人が集まり、それぞれのやり方を持ち込んだため、現場に一体感や目標意識がなかったのです。

それともうひとつ。当時は赤字でしたが、赤字そのものよりも、その現状に社員の大半が危機感をもっていないことが問題でした。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想3
オススメ3
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
2014/04/07

シニア層の活用については、急速に問題が顕在化している気がします。各社の取組事例は非常に参考になり、また自社でも本気で取り組むことが急務であると痛感しました。

*****さんがその他の感想でオススメしました
東京都 医療・福祉関連 2014/04/01

私は中高年対象のキャリアマネジメント研修講師をやっております。多くの大企業の中高年層にこの記事にあるように説いていますが、会社側の活用の在り方に疑問を感じていました。トヨタ自動車本体でも研修経験がありますが、今回のTF社人事部門の取り組みを知り、こうした取り組みが多くの企業に広がれば多くの「元気がない中高年」、「社内失業した中高年」が輝きを取り戻すと確信します。

*****さんがその他の感想でオススメしました
東京都 精密機器 2014/04/01

大変参考になりました。やる気スイッチを誰がいれるのか。やはり上司の役割が大切なことと、人事部の在り方も自戒を含めて改めて考えなおしたいと思いました。

3件中 1~3件を表示
  • 1

となりの人事部のバックナンバー

ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載
株式会社オカムラ:
人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」
働き方改革は、誰が旗振り役を担うべきなのか? そう問われれば多くの人は「人事だ」と答えるでしょう。しかし現実には、人事が知恵を振り絞って制度を導入しても、現場で...
2020/07/22掲載
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載

関連する記事

田中 聡さん:
労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現
「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは
人手不足が続く中、いかに生産性を維持・向上させていくかが多くの企業にとって課題となっています。そこで注目されるのが「ミドル・シニア」層。経験豊富で社内事情も熟知...
2019/12/09掲載キーパーソンが語る“人と組織”
従業員エンゲージメントを高めるヒントとソリューションサービス
企業価値の向上や良好な組織風土の形成を実現するキーワードとして、注目を集めている従業員エンゲージメントについて、「従業員エンゲージメントとは何か」をおさらいしな...
2019/04/26掲載人事支援サービスの傾向と選び方
定着率が高くても、注意が必要なワケ
採用難の状況にあって、従業員の定着は大変重要な課題です。 平成29年版パートタイマー白書によると、9割以上の企業が、パート・アルバイトに 長期継続して勤務してほ...
2019/04/17掲載新卒・パート/アルバイト調査
上司とのいい関係が部下のやる気アップに!
アルバイト・パートの定着率向上に欠かせない「部下と上司の間の信頼関係」。 部下やスタッフのモチベーションを引き出すにはどうしたらいいか、 信頼感とコミュニケーシ...
2019/01/21掲載新卒・パート/アルバイト調査
法的な要件と労使双方の要望を満たす 定年後再雇用の労働条件と賃金設計
高齢者の活用に向け、就業促進や労務管理の見直しを会社に迫る動きが広がっています。 高齢者、特に定年後再雇用された労働者の労務管理に関する最新の動向を踏まえつつ、...
2019/01/15掲載人事・労務関連コラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第4回)

管理職1年生日記 (第4回)

早いもので、営業の管理職となって1年が過ぎたA氏。Episode1や2...