企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人はいくつになっても成長できる――
トヨタファイナンスが取り組む“本気”のシニア活用とは

自分の内面をとことん深掘りして上司と対話できるか

シニア社員のモチベーションがなかなか上がらないのはなぜでしょう。

矢田:所属長、グループマネジャー、そしてシニア社員本人を交えた三者面談や、シニアとシニア予備軍の中堅層を対象にしたワークショップなど、さまざまな取り組みを実施しましたが、やってみてわかったのは、実はシニア社員自身にも、自分の強みを活かして会社に貢献したいという思いがあるのに、その気持ちに“フタ”をしていたということです。なぜフタをするかというと、やはりラインの長になることにしか意義を見出せない価値観に縛られているから。そこからはずれた自分はもう会社に期待されていない、上司からもそういう風に扱われ、周囲の若手からもそう見られているなど、勝手に決めつけてしまうんですね。

確かに上司も接し方が難しいといって、マネジメントを避けていましたから、シニアが「放っておかれている」と感じたのも無理はありません。でも、もともとモチベーションが低いわけではないのです。本当は頑張りたいのに、本人にも周囲にも思い込みがあって、本心にフタをしていたのです。ワークショップなどを通じて、本気で彼らに迫ってみたら、それがわかりました。

藤田:鈴木さん、あなたの経験からどう思いますか?

鈴木:いずれ役職定年を迎えることは分かっていましたが、いざラインの長を外れてみるとやはり寂しかったですし、それ以上に、寂しいという気持ちが自分の中に生まれたことに正直、すごく驚きました。まさか自分がそんな風に感じることはないだろうと思っていたのです。私でさえそうなんですから、コーポレートラダーを昇ることにすべてを賭けてきた人なら、なおさら喪失感が強いのではないでしょうか。そこで適切なマネジメントを受けられず、放っておかれると、自分はもう期待されていないという思い込みにはまってしまう。逆に、そこで上司にしっかりと向き合ってもらえれば、シニアのマインドもだんだん変わってくると思います。

本人だけでなく、上司を含めた周囲の意識も変わっていかなければいけませんね。

藤田:そうなんです。自分は活かされている、役に立っている、無価値な存在ではないという実感を本人がもてるように、周囲も変わらなければいけない。そのために私がマネジャーたちに求めているのは、「周りに関心を示して欲しい」ということ。シニアに限らず、メンバー全員に本気で関心を持ち、それを示すことがマネジメントの最低限のベースです。無関心が一番いけません。放っておかれた人は大変なことになってしまいます。

矢田:関心を示すという意味では、シニア社員対象のワークショップの際、本人に宛てた所属長からの“手紙”を渡すという試みも行っています。そこには「あなたにはこういう強みがあるから、それを活かしてこんな役割を果たして欲しい」という期待のメッセージが書かれています。自分が上司から期待を寄せられているとわかり、シニア社員の心にたいへん響くのです。

だからといって、すべてのシニア社員がすぐに応えるというわけではありません。その期待と自分の現状との間に、何か心理的な“壁”を作ってしまい、変われずにいるケースが多いのです。その壁を認識し乗り越えてもらうために、ワークショップでも職場での面談でも、私たちが徹底的にこだわっているのが、内面を深く掘り下げる「対話」です。本当は自分が何をしたいのか、何ができるのか、そして何が自己変革を妨げているのか。そこを本人が、上司に直接話せるかどうかがポイントですね。だから現場にも、そこが出てくるまで、とことん突き詰めて「対話」を継続してくださいと、鈴木から強くお願いしています。

職場での「対話」の継続を、人事部としてもフォローされているのですね。

鈴木:ワークショップや研修を行っても、やりっぱなしでは行動化されないので、本人にその後も必ず、上司と「対話」を続けてくださいというのですが、日頃の関係がよくなかったりすると、どうしてもそのままになってしまうのです。ですから、上司一人ひとりを訪ねて、「対話」の進捗をチェックするようにしています。当初はまさかそこまで人事部がフォローしてくるとは、本人も現場も思っていなかったようですが、私たちが本気であることを示さないと、皆も本気になって取り組んではくれません。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想3
オススメ3
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
2014/04/07

シニア層の活用については、急速に問題が顕在化している気がします。各社の取組事例は非常に参考になり、また自社でも本気で取り組むことが急務であると痛感しました。

*****さんがその他の感想でオススメしました
東京都 医療・福祉関連 2014/04/01

私は中高年対象のキャリアマネジメント研修講師をやっております。多くの大企業の中高年層にこの記事にあるように説いていますが、会社側の活用の在り方に疑問を感じていました。トヨタ自動車本体でも研修経験がありますが、今回のTF社人事部門の取り組みを知り、こうした取り組みが多くの企業に広がれば多くの「元気がない中高年」、「社内失業した中高年」が輝きを取り戻すと確信します。

*****さんがその他の感想でオススメしました
東京都 精密機器 2014/04/01

大変参考になりました。やる気スイッチを誰がいれるのか。やはり上司の役割が大切なことと、人事部の在り方も自戒を含めて改めて考えなおしたいと思いました。

3件中 1~3件を表示
  • 1

となりの人事部のバックナンバー

株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載

関連する記事

田中 聡さん:
労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現
「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは
人手不足が続く中、いかに生産性を維持・向上させていくかが多くの企業にとって課題となっています。そこで注目されるのが「ミドル・シニア」層。経験豊富で社内事情も熟知...
2019/12/09掲載キーパーソンが語る“人と組織”
従業員エンゲージメントを高めるヒントとソリューションサービス
企業価値の向上や良好な組織風土の形成を実現するキーワードとして、注目を集めている従業員エンゲージメントについて、「従業員エンゲージメントとは何か」をおさらいしな...
2019/04/26掲載人事支援サービスの傾向と選び方
定着率が高くても、注意が必要なワケ
採用難の状況にあって、従業員の定着は大変重要な課題です。 平成29年版パートタイマー白書によると、9割以上の企業が、パート・アルバイトに 長期継続して勤務してほ...
2019/04/17掲載新卒・パート/アルバイト調査
上司とのいい関係が部下のやる気アップに!
アルバイト・パートの定着率向上に欠かせない「部下と上司の間の信頼関係」。 部下やスタッフのモチベーションを引き出すにはどうしたらいいか、 信頼感とコミュニケーシ...
2019/01/21掲載新卒・パート/アルバイト調査
法的な要件と労使双方の要望を満たす 定年後再雇用の労働条件と賃金設計
高齢者の活用に向け、就業促進や労務管理の見直しを会社に迫る動きが広がっています。 高齢者、特に定年後再雇用された労働者の労務管理に関する最新の動向を踏まえつつ、...
2019/01/15掲載人事・労務関連コラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...