企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

まれに発生するシフト勤務について

お世話になっております。

定期的にではなく、業務の都合によってまれにシフト勤務が発生します。
このような場合、就業規程にその旨を記載しなければならないでしょうか。
また記載する場合どのように記載すべきでしょうか。

業務の都合によるシフトとは、「前日夜遅くまで勤務したから、翌日は
午後から出勤(シフト勤務)にするなど」です。
また、「まれに発生」と記入しましたが、プロジェクトや時期によって
頻度には幅があります。

以上です。
宜しくお願い致します。

投稿日:2020/11/30 17:01 ID:QA-0098690

えむえふごさん
東京都/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

労働時間が変動するようなことがあれば、必ずその旨を就業規則に記載しておかなければなりません。

その場合、原則的な始業・終業の時刻および休憩時間に追記する形で、「ただし、業務の都合その他やむを得ない事情により、これらを繰り上げ、又は繰り下げることがある」と記載しておけば大丈夫です。

投稿日:2020/12/01 08:45 ID:QA-0098703

相談者より

承知いました。
ありがとうございます。

投稿日:2020/12/01 22:04 ID:QA-0098750大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

始業・終業の時刻の規定に、
「ただし、業務の都合により、変更することがある。」
などと記載しておけばよろしいでしょう。

投稿日:2020/12/01 10:20 ID:QA-0098707

相談者より

承知いたしました。
ありがとうございます。

投稿日:2020/12/01 22:04 ID:QA-0098751大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

就業規則

「まれ」の頻度によります。しかし「差がある」程度に発生するということは、社内で年1件発生する程度ではないと想像できますので、まれではなく頻度は少ないが通常でも起こり得る事態と捉え、就業規則や労働契約においても記載すべきでしょう。
「業務上の都合により就業時間の繰上げ・繰り下げを行なう場合がある」というような表記で対応できるかと思います。

投稿日:2020/12/01 12:19 ID:QA-0098722

相談者より

承知いたしました。
ありがとうございます。

投稿日:2020/12/01 22:05 ID:QA-0098752大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

角五楼さん
神奈川県/保安・警備・清掃

このたびの働き方改革法で事業者努力義務となった休息時間、勤務間インターバルを導入されてはいかがでしょう。

https://www.mhlw.go.jp/content/000493467.pdf

投稿日:2020/12/01 18:42 ID:QA-0098737

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面を拝見する限り一般的なシフト勤務ではなくあくまで臨時的な勤務時間の変更に当たるものといえます。

従いまして、シフト勤務として厳格に規定される必要性はないですし、内容的にも労働者保護の観点からなされる措置といえますので、賃金支払等で不利益が生じないようにすれば問題はないものといえるでしょう。

投稿日:2020/12/01 21:02 ID:QA-0098742

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
シフト勤務について
シフト勤務についてなのですが、時給で1日 8時間勤務の場合、日々の時間外はつけているのですが、法定内時間を考えた場合、1週間続けてお仕事をしたとき、労働法では1週間で40時間という法定内時間を越えてしまいます。超えた部分に関して時間外として反映させなければいけないでしょうか? また、シフト勤務の詳し...
シフト勤務について
当社では、シフト勤務について検討しています。現在、検討しているのは前日の夕方5時までに明日のシフトについて決定することを考えています。法律的に、シフトを本人に事前に通知するのを前日の17時とすることに何か問題点はあるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • パート募集 超短時間シフト増加中?
    生産年齢人口が縮小して行く中で、女性労働者の雇用は増加中。しかし、増えているのはパート雇用のみです。各社パートタイマーの奪い合いとも言える状況の中、募集条件にはどんな変化があるのでしょうか。調査結果から分析します。
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
  • 女の敵は女!? 時短 vs フルタイム
    共働き世帯が増え、法整備もすすみ、以前に比べれば出産を経て職場復帰がしやすい環境となりました。しかし、実際にはまだまだ問題は多いようで――。短時間勤務者とフルタイム勤務者との軋轢を、調査結果から分析します。
あわせて読みたいキーワード
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
分断勤務
「分断勤務制度」とは、1日の所定勤務時間を分割して働くことができる勤務形態のことで、「分割勤務」と呼ばれることもあります。これまでの勤務形態は、昼休憩は挟みつつも「連続して8時間」などが通常でしたが、会社外での勤務を認めるリモートワークが広がり、「オフィスで4時間+自宅で4時間」といった柔軟な働き方...
短時間勤務
短時間勤務(時短勤務)とは、一日の労働時間を短縮して勤務することをいいます。育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度の導入が各事業主に義務づけられたのは、2009年のこと。以来、仕事と子育てや介護などの理由から、通常の勤務時間で働くことが難しい人たちを支える制度として、多くの人に利用されてきまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

テレワークに最適なWEBツール oVice 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/19
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...