企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

有給休暇の付与について

初歩的な質問ですみません。

当法人では入職して6ヵ月、出勤率8割以上の職員に最初の有給休暇が付与されます。

入職して3ヶ月の職員が、私傷病のため傷病手当の申請をして1ヶ月休職しました。

もうすぐ入職6ヵ月が経過しますが、出勤率を計算する場合、休職した期間はどういった計算をすればよいのでしょうか?

就業規則には、出勤率の算定にあたっては、産休・育休・介護休業・業務上の傷病による休業は除外すると記載があるのですが、私傷病については特に記載がありません。ということは、私傷病については、出勤率のなかに休みとして算定する、ということなのでは・・・?と思ったのですが。

法律上はどうすべきなのか教えていただけないでしょうか。

投稿日:2020/05/14 16:39 ID:QA-0093186

きよこさん
熊本県/医療・福祉関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

6カ月の継続勤務に対し辛うじて8割台維持でOK

▼1カ月の休職欠勤は、最初の有給付与迄に必要な継続勤務期間6カ月に対し、8割はクリアー(8割3分)していますので、辛うじて、付与要件を満たすことになります。

投稿日:2020/05/15 14:31 ID:QA-0093222

相談者より

休職1ヶ月だけなら良かったのですが・・・
休職以外にも、受診や家庭の事情での欠勤が多々あり休職の1ヶ月を計算に入れると8割を切ってしまうのです。
休職は出勤率に算定しないはずだ!!と本人から申し出があったので、どうしたものかと迷っておりました。
ご回答、ありがとうございました。

投稿日:2020/05/17 16:58 ID:QA-0093268大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

私傷病欠勤については、休みとして算定して問題ありません。

投稿日:2020/05/15 15:20 ID:QA-0093227

相談者より

ご回答いただきありがとうございました。

就業規則でも私傷病については休みとして算定するようなニュアンスになっていたので・・・
安心して本人に説明できます。
ありがとうございました。

投稿日:2020/05/17 17:01 ID:QA-0093269大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、私傷病の休職については業務上の傷病の休職とは異なり法令上除外対象となりません。

簡単にいえば、私傷病による欠勤が長く続いた状況と同様ですので、年休付与に関わる出勤率につきましては欠勤扱いとして計算する事になります。

投稿日:2020/05/15 15:55 ID:QA-0093232

相談者より

ご回答いただきありがとうございます。

業務上の傷病ではないことが明らかなので、
年休付与に関する出勤率については、
欠勤として計算したいと思います。

本人にも、きちんと説明できそうです。
ありがとうございました。

投稿日:2020/05/17 17:05 ID:QA-0093270大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

計算

全労働日数(分母)から除いて計算となります。業務上の傷病休業であれば、出勤したものとして取り扱います。

投稿日:2020/05/16 13:24 ID:QA-0093255

相談者より

ご回答ありがとうございます。

先にご回答いただいた先生方とはもしかして内容が違うということでしょうか??

業務上の傷病ではありませんので、
出勤したものとしては取り扱いませんが・・・

具体的な日数でいくと、
6ヶ月の全労働日数は132日、欠勤28日(内休職22日)です。
先にご回答いただいた先生方の内容から
私は出勤率 104/132=78.8%と理解しているのですが、この理解が間違っているのでしょうか?

全労働日数から休職の1ヶ月を引くというと、
5ヶ月の全労働日数110日、休職以外での欠勤6日ですので、104/110=94.5%となるのですか?

投稿日:2020/05/17 17:21 ID:QA-0093271大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
1日2回出勤の時の有給休暇について
1日2回出勤している職員がいます。 ①8:30~13:30 ②16:00~19:00の2回です。 この場合①、②ともお休みをした場合は1日分の有給休暇で計算できますが、①だけや②だけ休んだ場合の有給休暇の計算はどのようにすればよいのでしょうか。
傷病休職中の仮出勤を有休計算するにあたって出勤としていいのか
傷病休職中の方が復職にあたって仮出勤します。この仮出勤の日数は、有休計算をするにあたっての 出勤率の出勤日数に使用していいのでしょうか?
出勤日の数え方について
お世話になります。 当方では、出勤日を1日、0.5日というように、 最小出勤単位を「半日(0.5)」として数え方をして処理しています。 やむを得ず休日に2時間だけなど、半日に満たない出勤がある場合 出勤日数はどのようにカウントすればよいのでしょうか。 よろしくお願いします。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 私傷病欠勤・休職制度の最新実態──欠勤・休職期間は勤続10年で約2年
    業務上の傷病とは異なり、私傷病については法的な雇用保障はなく、健康保険法による傷病手当金の給付が規定されているだけです。とはいえ、社員が万が一私傷病で長期にわたる休みを余儀なくされても安心して療養できるよう、就業規則等において雇用や生活の保障を整備しておくことは重要です。本記事では、労務行政研究所が...
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
あわせて読みたいキーワード
有給休暇
2019年4月から、労働者に対して年5日の年次有給休暇を確実に取得させることが使用者の義務となりました。有給休暇は、労働者の働き方を考える上で大変重要ですが、使用者側からは「取得時季を変更させたい」「有給休暇取得時の理由を聞いてもよいのだろうか」といった声も聞こえてきます。ここでは、現場からの疑問や...
時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

人事リーダー育成講座
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/19
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...