企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34223

パワハラ社員のビデオ撮影

社内でパワハラ行為をする社員の仕事ぶりを
ビデオ撮影して、パワハラの証拠として記録してすることは、プライバシーの関係から
問題がありますでしょうか。

もちろん本人には分かるようにです。

  • 投稿日:2019/10/17 19:05
  • ID:QA-0087767
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/10/18 09:41
  • ID:QA-0087778

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、防犯上の目的で職場にカメラを設置されるのはよく見られる措置ですし、そのような形で職場全体を撮影されるという事であれば差し支えございません。パワハラも場合によっては犯罪行為となりますので、こうした目的の範疇に入るものといえます。

しかしながら、特定の社員やその周囲のみを常時ターゲットにされるというのはやはりやり過ぎと思われますので、上記のような方法で対処されるのが妥当といえます。

  • 投稿日:2019/10/20 18:25
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

とにかくその社員の言動を証拠とする必要がありますので、そのような対応になります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/10/18 10:29
  • ID:QA-0087783

代表者

目的は潜在的被疑者の行動管理?

▼パワハラを含め、社内秩序維持の為、事務所内をモニター機能化すること自体には問題がある訳ではありません。
▼然し、仮令、本人には分かる(分かるということの具体的意味、状況が、今一つ分りませんが・・)ようにするというのは、本人だけが、自分が監視カメラの焦点に置かれて知っているという意味ですか?
▼そうなると、目的は、特定の潜在的被疑者の行動管理となり、社内秩序維持という大義名分は希薄になりますね。プライバシーの観点から、再考が必要ではないですか?

  • 投稿日:2019/10/20 18:24
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

とにかく、その人の言動が非常に問題があるため退職させるためのある意味嫌がらせとなります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/10/18 13:07
  • ID:QA-0087793

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

本人にわかるようにということですが、その場合本人がどのような対応をするでしょうか?

被害者が撮ったとしても、会社としては、その撮影の部分だけではなく、その前後がどうであったのかも考慮する必要があります。

かといって犯罪行為や命にかかわるような事でしたら、証拠も必要です。
結果としまして、ケースバイケースといえますが、慎重な対応が必要といえます。

  • 投稿日:2019/10/20 18:22
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

すべての証拠を撮影する必要があると思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/10/18 15:03
  • ID:QA-0087803

人事・経営コンサルタント

撮影

本人だけをクローズアップするなど露骨なことをすれば撮影目的が果たせないばかりか、プライバシー侵害となり得ます。防犯カメラのように、職場全体が見渡せるような工夫をすべきかと思います。
もちろん全社員には防犯上(パワハラも犯罪になり得るので)撮影、録画していることを説明します。

  • 投稿日:2019/10/20 18:21
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

プライバシー侵害とは、撮影したものを他の用途に使用した場合ではないでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
パワハラについて会社側の防御
お疲れ様です。 最近、当社においては厳しい指導があるとすぐにパワハラだ、訴えると言いふらす社員がいます。 会社としては、パワハラとして訴えられないような基準はどう持てば良いのでしょうか? 最低、これを守れば、概ね大丈夫だと言うことでもよろしいので、ご指導頂ければ幸です。
パワハラの対応について
会社の部下が上司にパワハラ行為を受けているとの 訴えが起きた時に、その上司がパワハラの実態調査に 当たるのは、利益相反になりますでしょうか。 また、どの部分で利益相反になるかもご教示お願いいたします。
パワハラについて
上司によるパワハラではなく、会社がパワハラを行ったと認定されるのはどういう場合でしょうか?当社は同族会社でワンマンな経営者なのですが、何かと、「会社の方針に従えないのなら辞めてしまえ!」と言うニュアンスのことを口にされたり、感情的になって叱責をしたりするものですから、精神的に追い込まれて退職するもの...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
パワハラ
2019年5月29日、企業にパワハラ防止を義務付ける「労働施策総合推進法」の改正案が可決されたことをご存じでしょうか。閉じられた環境の中で起こる「いじめ」や「嫌がらせ」は、学校だけの問題ではなく、職場の問題でもあります。今回の法改正は、都道府県労働局に寄せられる、職場での「いじめ」や「嫌がらせ」の相...
逆パワハラ
一般にパワハラというと、職務上の地位などを背景に上司から部下に対して行われるハラスメント(精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為)を指すのに対し、「逆パワハラ」とは、部下から上司、後輩から先輩、非正社員から正社員など、管理される側から管理する側に対して行われるいじめや嫌がらせ行為...
ストレッチ
「ストレッチ」とは、「引き伸ばし」という意味で、個人や組織の成長を促進するために、手を伸ばせば届くレベルではなく、背伸びをしないと届かない高い目標をあえて設定し、その実現に取り組むことをいいます。ストレッチによる人材育成では、現状と目標の間のギャップを意図的に拡大し、従来の手法の延長で改善や努力を...
定番のQ&Aをチェック
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事業戦略を支える人事の挑戦 あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働きやすさだけでなく、働きがいも大切<br />
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

働きやすさだけでなく、働きがいも大切
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

2012年11月に独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が実施した調査...


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...