企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

働き方改革に伴う福利厚生の考え方について

福利厚生に関する質問です。

現在弊社の福利厚生で、社員もしくは、社員の配偶者が子供を出産した場合に
お祝い金として●●万円を支給しています。
この適用は、社員のみとなっているためパートタイマーの方には適用されてません。
働き方改革の中で、不合理な待遇差の禁止となってますので、パートタイマーの方にも
適用をしなくてはいけないと考えてますが、しっかりとした根拠に基づきこれを回避する
ことは可能なのでしょうか?
 
正直なところ、現状の考え方としては「社員だから」しか理由がございません。
会社としては、採用試験を通過して、面接を突破して晴れて社員となった従業員と、
パートタイマーの方の待遇が同じというのもしっくりきません。
よろしくお願いいたします。

投稿日:2019/08/22 21:05 ID:QA-0086343

メイソウさんさん
東京都/通信

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、正社員とパートタイマーで業務内容や責任程度等が明確に異なっていれば、同一労働とはいえませんので給与等に関しまして待遇差があっても差し支えございません。

但し、子供の出産につきましては雇用形態によって相違するような事柄ではございませんので、パートタイマーにも支給されるべきといえます。

投稿日:2019/08/23 09:53 ID:QA-0086359

相談者より

一つ一つの項目を精査して、差があっても当然である部分と、差を持たすことに合理性が無い等をしっかり考えて、制度を整えていきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日:2019/09/13 22:27 ID:QA-0086859大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

同一労働同一賃金は複雑ですが、ご参考までに
お祝い金の目的・性格についても、検討する必要があります。
また、その他の事情について、違いはないのか知恵を絞る必要があります。

例えば、
採用試験を通過して、面接を突破して晴れて社員となった従業員と、パートタイマーの方の待遇が同じこれもその他の事情のヒントにはなりそうです。

その他、育児休業対象者には支給もありかもしれません。

但し、パートさんでも年数が長かったり、育休対象でもある方については、貢献度に応じて支給はするということも検討する必要がありそうです。

投稿日:2019/08/23 14:45 ID:QA-0086373

相談者より

パートタイマーの方の採用のプロセスから再度考え直して、社員、パート共に働きやすい会社にしていこうと思います。ありがとうございました。

投稿日:2019/09/28 14:49 ID:QA-0087204大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

可児 俊信
可児 俊信
株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

慶弔規程の待遇差

来年施行されるパート有期労働法では、正社員と働き方が異なっていれば、同じ待遇とする必要はありません。ただし働き方の差に見合わない不合理な待遇差であってはいけません。均衡のとれた待遇差が求められます。その判断は、その待遇の実施目的などに照らして、正社員だけを対象にしているとか、正社員にのみ手厚いことが不合理でないかが基準となります。
よって、まず出産祝金を支給する目的が重要ですが、その目的までは規程に書かれていないでしょう。一般的には出産費用の支援と会社からの祝意を表することての社員からの会社への信頼感を高めることでしょう。
そうであるなら、非正社員に支給しないことは不合理となります。よって法の趣旨に従うなら少ない額で良いので支給することになります。
または正社員だけに支給することが不合理でない実施目的を規程に明記することです。

投稿日:2019/08/25 12:07 ID:QA-0086394

相談者より

もう少し各福利厚生の項目ごとに趣旨を考え整備していきたいと思います。ありがとうございました。

投稿日:2019/09/28 14:52 ID:QA-0087205大変参考になった

回答が参考になった 1

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
社員さんがパート社員になりたいと申し出がありました。
現在正社員として雇用されている社員さんから、パート社員に変更してほしいとの申し出がありました。どのような手順を踏めばよいのか、ご指導お願いいたします。 社員は社会保険・雇用保険・厚生年金がかかっております。
時給社員の育児時間
育児時間は、1日3時間という時給社員へも適用されるのでしょうか?また、適用され場合は、パートタイマー就業規定等へも、その旨記載すべきでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/13
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...