企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13778件   回答数29055

就業規則_医師の診断書の取り扱いについて

お世話になります。

弊社の就業規則、私傷病有給休暇の項に「継続して私傷病休暇を3労働日以上連続して取得する際には、会社は医師の診断を求めることがある。」と記載しています。

この「求めることがある」という表現は
1. 提出は絶対ではない。
2. 該当社員が私傷病だという証明が必要と判断した場合に従業員に提出を求める。

という意味が含まれていると思っています。

この2番目の判断が一般的どの程度のものか知りたいのです。

診断書は高額ですし、社会保険での手続き等で要求されたりしない以外はよっぽどの事が無い限り要求しない方がいいのではないかと思っております。

従業員が本当に病欠で休んだ事を確認するのに、
従業員の承認を得た上で、病院から発行される医療費の領収証や処方箋のコピーなどが容易と思われます。

皆様の見解をお待ちしております。

  • HR Workerさん
  • 東京都
  • 販売・小売
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2018/12/06 11:24
  • ID:QA-0080852

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/12/06 14:10
  • ID:QA-0080859

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

私傷病にもメンタル疾患も増えておりますので、いったん復帰してもまた欠勤を繰り返すなど、様々なケースや、想定外のケースも考えらえます。

ですから、よほどのことがない限り要求しないほうがいいとと決めつけるよりは、必要に応じてといったスタンスでよろしいのではないかと思います。

  • 投稿日:2018/12/06 14:26
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
今回の疑問の発端は風邪の症状が明らかで社内ではマスク着用の他に咳や声がれなど症状は誰の目にも明らかです。
その上で「就業規則に記載されているから」という理由で診断書を求めるのはパワハラとも取られるのでは?という懸念もありました。
この部分はどのようにお考えでしょうか?
よろしければお聞かせください。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/06 15:44
  • ID:QA-0080866

代表者

本人の健康状態の把握、他の社員の健康被害の可能性からの遮断、何れも正当な事由

▼ 準法には、私傷病欠勤については、診断書を提出する義務は規定されていませんが、就業規則に定めがあれば、それに従うことになります。
▼ 厄介なのは、ご指摘の様に、「求めることがある」という曖昧な留保的請求です。「客観的に見て診断書が必要かどうか」ということがポイントになりますが、大して役に立ちません。
▼ 経験的には、「一週間を超す様な場合」と「インフルエンザが流行しているような場合」でしょう。本人の健康状態の把握、他の社員の健康被害の可能性からの遮断、何れも、妥当な請求理由となり得ます。
▼ 関連費用の負担に就いても法の定めはありませんが、会社が求めて提出させるのであれば会社が費用を負担するのが筋だと思います。但し、労働者に負担させても「違法」と判断された例は無いようです。パワハラの世界の問題ではありません。

  • 投稿日:2018/12/06 15:50
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました。診断書発行料などの処理方についても納得いきました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/06 18:13
  • ID:QA-0080875

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ご認識の通り通常の病欠であれば都度診断書提出を求める必要性はないものといえるでしょう。提出が必要と考えられるケースとしましては、人に感染するような病気の疑いが持たれたり、極端に欠勤日数が多くなるかまたは病欠が頻繁になされている等仮病の可能性が感じられたりするような場合が挙げられます。

従いまして、そのような特別な事情がなければ、病院から発行される医療費の領収証や処方箋のコピーでも差し支えないものといえるでしょう。その辺は、やはり都度柔軟に対応されるのが妥当と考えられます。

  • 投稿日:2018/12/07 09:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
受診料支払いの領収証等で代用する事が有効だと確認できて良かったです。いくら就業規則に掲載されているとはいえ、圧力を感じさせるアプローチは避けたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/06 18:50
  • ID:QA-0080878

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件2

会社が必要に応じ医師の診断を求めるということで、何でもかんでも3日労働日以上欠勤すれば、診断を求めるということではありません。

会社として、病状、復帰の時期等疑義がないようであれば、ご認識のとおり、杓子定規に診断書は求めなくともよろしいでしょう。

  • 投稿日:2018/12/07 09:24
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
幅広い視野で個別に判断し、しかも理由づけのできる指示をしようと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/06 19:17
  • ID:QA-0080880

人事・経営コンサルタント

就業判断

法定伝染病などの恐れがあったり、他社員の業務に影響がある等、その都度判断するしかないでしょう。自動的に決めるものではなく、正に管理者の判断によると思います。その際診断書発行料は会社が負担するようにすれば気兼ねなく求められると思います。

  • 投稿日:2018/12/07 11:26
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答誠にありがとうございました。他の社員への安全配慮義務をもとに診断書の入手を小まめに判断して業務遂行したいと思います

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
就業規則における生理休暇の定めについて
以前、労基署の方から「生理休暇について、就業規則で定める必要はない」と言われたという者がいるのですが、実際には、生理休暇については、就業規則に定める必要はないのでしょうか。 ご教示くださいますようよろしくお願いいたします。
いまどきの就業規則
現在、就業規則の改訂を検討しております。 いまどき追加すべき就業規則やめずらしい規則などありましたら 教えていただきたいです。 弊社ですと、誕生月休暇を設置している程度です。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 三井不動産ビルマネジメント(株)
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...