企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

再検査費用の会社負担

お世話になります。以下、宜しくお願いいたします。
①会社の定期健康診断(費用は会社負担)で要精密検査と診断された場合、その時の再検査受診費用も会社負担になるのですか。
②業務中、車での移動の際に助手席に乗ると時間を問わず直ぐに眠気がつき眠ってしまう社員がおり身体的な疾患が原因ではないかと思え、病院で診てもらうことを検討していますがこの場合の受診料は会社負担になるのでしょうか。受診の必要性を本人が自覚し納得して診てもらえば本人負担。 会社からの命令で受診するのであれば会社負担、になるのでしょうか。ちなみに定期健康診断では何の異常もみられません。

投稿日:2018/09/07 11:08 ID:QA-0078916

mt.komatsuさん
島根県/建築・土木・設計

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、いずれの場合も会社負担に法的義務まではございませんので、社員本人の自己負担で差し支えございません。

尚、②につきまして会社から命令するといったやり方は行き過ぎといえます。勿論、会社には従業員に対する職場での安全配慮及び健康管理の義務がございますので、気になる点があれば受診を勧めることは重要ですが、業務に直接重大な支障が生じている場合はともかく、ご文面程度の状況であれば当人が拒否された場合まで無理に実施される事に合理性はないものといえるでしょう。

投稿日:2018/09/08 18:06 ID:QA-0078940

相談者より

ご回答有難うございます。早速本人と面談し対応したいと思います。

投稿日:2018/09/10 09:37 ID:QA-0078949大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

リスク管理の観点から早急な専門医受診を

① 定期健診で異常所見つかり、再検や精検を行う場合は、会社は、本人に再検受診を働きかける必要があります。費用に就いては、(長時間労働者に対する面接指導には健康診断と同様に法律で事業主に義務付はあるが)会社負担が法定されている訳ではありませんん。
② 然し、眠気症候は、本人自覚が希薄な一方、動態器機操作や車両運転の場合は、極めて危険な兆候です。本人の自覚を待つまでもなく、会社としてのリスク管理の観点から、産業医、本人上司、人事部署責任者の協議に依る合議で、専門医受診を検討すべきです。勿論、費用の会社負担を厭ってはなりません。

投稿日:2018/09/07 13:38 ID:QA-0078923

相談者より

有難うございます。本人と面談し対応したいと思います。

投稿日:2018/09/10 09:32 ID:QA-0078947参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
人事・経営コンサルタント

リスク管理

費用負担がどちらかというレベルではなく、会社としての危機管理の問題ではないでしょうか。運転中の居眠りなどがあり得るなら、事故はただちに危険を放置した会社にも甚大な責任となります。
単に助手席に座るだけのしごとであり、免許もなく運転の可能性がゼロであれば本人に指示で、費用も本人任せという手はないこともありませんが、会社に危機が及ぶ時点であれば費用などどうこう言ってはいられません。損害賠償はそんなレベルではない可能性があります。直ちに受診を命令し、費用は会社が持ち、服さない場合は懲戒となるでしょう。

投稿日:2018/09/08 10:41 ID:QA-0078935

相談者より

有難うございます。早急に本人と面談し対応したいと思います。

投稿日:2018/09/10 09:34 ID:QA-0078948参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職中の社保料
お世話になっております。以下質問です。 休職中の社員がおります。 社保料の会社負担分を払い続けていますが、会社負担分がひとつのネックとなり退職してもらう事になりそうです(会社負担分だけが理由ではないですが) 休職中の社員が納得すれば、今後の会社負担分を本人負担としたいと思いますが、問題ありますでし...
健康診断の費用負担について
いつも利用させていただいております。 定期健康診断を受診することが法律や規則等で定められておりますが、従業員が受診する場合は費用を会社が負担するとしている場合、労働組合の専従者の健康診断の費用を会社が負担しなければならないのでしょうか。 会社が負担した場合は、法的に問題があるのでしょうか。 ご...
派遣社員の資格取得のための費用負担
派遣社員に業務遂行上必要な資格の取得を求めており、その費用負担についてはどのように考えたらよろしいでしょうか? 会社(派遣先)で負担すべきではないかと考えますが、一部を本人負担や派遣会社負担させることは可能でしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...
産前産後休業保険料免除制度
「産前産後休業保険料免除制度」とは、産前産後休業(産休)期間中の健康保険料、厚生年金など社会保険料について、次世代育成支援の観点から、その支払いを免除する制度のことです。保険料の免除は事業主からの申出により、折半している被保険者本人負担分と事業主負担分の双方が対象になります。免除された保険料は支払っ...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...