企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14080件   回答数29785

社会保険の控除について

いつもお世話になっております。
社会保険の控除について見直したいと思いお力をいただければと思います。

給与計算期間:16日~翌月15日 (例 2/16~3/15)
給与支給日:当月25日 (例 3/25)
H29.10月までは 給与締日を20日としておりましたが
給与計算の期間が短く計算が困難の為、H29.11月より15日締めとしました
(例 給与計算期間:10/21~11/15→支給:11/25)

そこで今回、退職する社員について今月控除するべきなのか
悩んでいるところです。

入社日(資格取得日):H27.9.7
給与締日(H27年当時):20日
給与支給日:25日
第一回目の給与支給日の9月25日に社会保険料1ヶ月分を控除してるそうです。

↑のやり方の場合、当月徴収となっているのでしょうか。
H29.4.15付で退職した場合、4.25の給料から保険料は控除されるのでしょうか。
今まで担当している者も曖昧な感じでしたので
この際ハッキリさせたいと思っております。

社会保険の控除に関することや、給料の締日と関係があるのかを
教えていただきたいです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • DKKさん
  • 熊本県
  • 建築・土木・設計
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2018/04/14 14:09
  • ID:QA-0076103

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/04/16 10:40
  • ID:QA-0076105

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、給与の締切とは関係なく、以下のような取扱いになります。

社会保険料につきましては資格取得月(9月)から発生しますので、第一回目の給与支給日の9月25日徴収分については、当月徴収になります。

一方、月末退職の場合を除き退職月の社会保険料は徴収されませんので、4月分の徴収となる4月25日の社会保険料控除は発生しないことになります。

  • 投稿日:2018/04/16 13:38
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

やはり当月徴収の場合は、4月30日などの月末で退職する以外は控除しなくていいのですね。

では、もし4月27日などの給料日後に退職する場合は、どのようにすればよいのでしょうか。
また4月30日に退職した場合は5/25の給料で控除するということでよろしいのでしょうか。

ご返答よろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/04/16 13:28
  • ID:QA-0076112

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

社会保険料は、月単位の考え方ですので、締日は関係ありません。

控除は、翌月徴収にあわせて翌月控除が一般的ですが、御社のように当月徴収としても問題はありません。

・9月分の保険料を9月分に徴収。

・4/15退職ですので、社会保険料は前月の3月分までしかかかりません。
よって、3月分は3月に控除していると思われますので、4月は控除不要です。

  • 投稿日:2018/04/17 09:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

4月分は徴収せず、退職する本人が後日自分で4月分を支払えばいいということでよろしいでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/04/16 22:33
  • ID:QA-0076115

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「では、もし4月27日などの給料日後に退職する場合は、どのようにすればよいのでしょうか。」
― 社会保険料の発生については先の回答の通り給与締切や支払日に関係なく退職月の前月までになりますので、4月分は発生しません。従いまして、当月徴収の運用となっている御社の場合ですと、先の例と同様に4/25の給与から保険料は控除しないことになります。また、余りないでしょうが万一突然の退職等で既に控除されてしまった場合ですと、後日返金処理が必要です。

「また4月30日に退職した場合は5/25の給料で控除するということでよろしいのでしょうか。」
― 月末日の退職で例外的に4月分の社会保険料が発生しますが、5月分は発生しませんので、4月25日当月徴収分が最終になり、5/25の給与から控除は不要です。

  • 投稿日:2018/04/17 09:57
  • 相談者の評価:大変参考になった

再度ご返答ありがとうございます。

では、月末(例:4月30日)に退職すると決まっていた場合は4/25の給料で4月分を控除しておいていいという事でよろしいでしょうか。

わかりやすくご返答頂きありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/04/17 10:47
  • ID:QA-0076126

オフィス代表

再度お答えいたします

「では、月末(例:4月30日)に退職すると決まっていた場合は4/25の給料で4月分を控除しておいていいという事でよろしいでしょうか。」
― 先の回答の通りですので、そのようになります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
出向者の雇用保険料控除について
 いつも大変お世話になっております。 質問させていただきますので宜しくお願いいたします。 4月1日付けで在籍出向をする社員がいるのですが、その社員の4月給与についての質問です。 当社の4月給与期間は3月16日~4月15日です。 3月16日~3月31日は当社に在籍していたので当社から、 4月1日~...
退職時の社会保険料
いつも参考にさせていただいております。 退職時の社会保険料について確認させてください。 弊社は、当月徴収、20日締めの28日支払、日給月給制です。ほとんど締日で退職します。 9/1~9/20の退職なら、9月分が退職月の給与です。9月分給与から保険料は徴収しません。 9/30の退職なら、10月が退職...
勤務中に所用で抜けた際の給与計算について
よろしくお願いします。 勤務中に所用で1時間ぬけた際の給与計算について 月給制になっています。 給与から1時間分削っていいのか? その日の時間外労働から1時間引いていいのか? 月度、時間外労働から1時間引いていいのか? よろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
    日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:04/01~04/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...