企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事評価制度 二次評価者について

人事評価制度で二次評価者が存在します。そもそも「二次評価者の目的と役割」は何でしょうか。そして、二次評価者の取り組み方として何が重要なんでしょうか。皆様お忙しいと存じますが、理解を深めたいと思いますので、詳細に教えて頂けますでしょうか(長文でも大丈夫です)。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

投稿日:2017/03/17 18:31 ID:QA-0069766

BIGMOROさん
埼玉県/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、法令で定義された事柄でない事に加えまして、評価へのスタンスによっても認識が変わるものといえます。それ故、以下の内容についてはあくまで私なりの見解である旨ご了承下さい。

その上で申し上げますと、二次評価者を置く事によって、最初の評価者の誤りを訂正したり、より適正な評価への修正が可能となりますので、評価の客観性・妥当性を高める為の補完措置として考えられます。

つまり、余り難しく考えるのではなく、人事評価に限らず一般的によく言われますように、「一人で見るよりも複数人で見た方がより正確な結果が得られる」という事の実践例と捉えるべきでしょう。それだけの論理でいえば、三次、四次‥と増やしていった方がより良いということになりますが、手間や遅延、混乱といったコストが大きくなることから通常そこまで拡大しない事が多くなっているものといえます。

そうなれば、おのずと二次評価者の取り組み方も見えてくるはずです。すなわち、一次評価の結果を受け流すのではなく、改めて自分自身が評価するといった姿勢で真剣に臨むことが重要となってきます。但し、現実には業務多忙等の理由で十分な吟味をせず一次評価と同じ判断をしてしまうケースも多いように感じられますので、評価者への研修に加えまして、評価に取り組む時間が十分に取れるよう現場の業務事情も考慮した上での評価スケジュールを設定されることも必要であるといえるでしょう。

投稿日:2017/03/17 22:24 ID:QA-0069772

相談者より

有難うございました

投稿日:2017/03/24 11:03 ID:QA-0069850大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

2次評価の目的

▼ 数値目標に対する数値実績なら、2次考課は不要でしょうが、実際には、能力、情意、行動、コンピテンシー等は、被考課者に近い1次考課(直接上司)の方が、より正確な観察と評価が期待できます。
▼ 然し、あまり近過ぎて、評価に、甘辛、基準からの乖離、ルールの勘違いなども出勝ちです。それらの諸点に就いては、より俯瞰的な立場の2次考課者によるダブルチェックに依り、「評価の納得性と信頼性を高める」ことが必要になります。
▼ 従い、上位評価者による2次評価の目的は次の3点にまとめることができます。
(1)評価の客観性を高める
(2)評価が偏るのを防ぐ
(3)部署間のバラツキを少なくする
▼ 詳細に亘る説明は、当掲示板では困難だと思われますので、上記3点をシッカリ頭に入れ、関連書籍やネット情報で研究されるか、身近の専門家に意見を求められることをお薦め致します。

投稿日:2017/03/19 11:57 ID:QA-0069776

相談者より

有難うございました

投稿日:2017/03/24 11:03 ID:QA-0069851大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

ダブルチェック

本来の主旨は一人の管理者による評定だけでは偏りが発生する恐れがあるので、ダブルチェックが大きいと思います。しかし現実に1社員を複数管理職がしっかり管理監督できる職場はまれで、多くの場合直属上長とそのさらに上司による評価ということが一般的です。上長の上長となればあまり信頼できる評価にはなりにくいので、形骸化ともいえます。しかし管理職としての素養に懸ける者が管理する場合など、優秀な社員を離職させないための安全弁として、二次評価は重要です。

投稿日:2017/03/21 23:06 ID:QA-0069809

相談者より

有難うございました

投稿日:2017/03/24 11:04 ID:QA-0069852参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
絶対評価と相対評価の活用例
人事評価には絶対評価と相対評価の二種類があると言われますが、それぞれの活用先(賞与評価、昇給評価、昇格評価)とその理由につきまして、一般論で結構ですので、ご指導願います。
考課と評価の違い
お世話になります。 基本的な質問でお恥ずかしいのですが、考課と評価の違いについてご教授願います。 評価制度を作るにあたって、区別がつきません。 よろしくお願い致します。
二次評価者向け研修のポイントを教えて下さい
人事評価制度で「二次評価者の目的と役割」について相談をさせて頂き大変参考になりました。その中で、二次評価者向けの研修も忘れないようにというアドバイスもありました。そこで、二次評価者むけの研修を実施するポイントを教えてください。因みに、一次評価者は主任&係長、二次評価者は課長です。一次評価者向けに評価...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/28
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。