企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15430件   回答数33353

現役学生の採用

いつもお世話になります。

ご質問です。よろしくお願いします。

当社で営業職を募集し、ご家庭の事情で学費の支払が困難なため、大学を中退し、

働かなければならないという応募者に内定を出しました。

現在退学届けを出しており、手続き上、大学を除籍になるのが2月末日に成るそうです。

大学に籍がある者を企業が採用するというのは何か問題がありますでしょうか。

もしくは注意点がありますでしょうか。

夜間(二部)の学生など大学に在籍しながら、企業で働いていたりするため、特に問題はないのでしょうか。

ご回答の程、よろしくお願いいたします。

  • newyuiさん
  • 神奈川県
  • その他業種
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2016/02/01 08:35
  • ID:QA-0065015
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/02/01 11:05
  • ID:QA-0065017

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、卒業が確実であり引き続き卒業後もその事業所で勤務する場合ですと入社が認められている事からも、同様に入社させて差し支えないといえるでしょう。

但し、元来就労を要する状況にある夜間学生とは異なり、あくまで学業優先ですので、除籍前であっても当人が現段階で既に通学していない事が必要です。加えまして、退学届のコピーも提出させた上で入社手続を採られるべきといえます。

  • 投稿日:2016/02/01 14:20
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもお世話になっております。
ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/02/01 13:00
  • ID:QA-0065019

代表者

両者間に特約なき限り、契約の中途解除は成立しており、採用しても問題なはい

▼ 本人・大学間には、中退を含む何らかのに取決めがあるものと思いますが。文書呼称に拘わらず、広い意味で、中退は、両者間の契約の中途解除と捉えて差支えないでしょう。その場合、「解除は、相手方に対する意思表示によってする」のが通常の考え方です。
▼ 退学届けを出して受理されている現時点では、中退は成立しており、「除籍になるのが2月末日」というのは、事務手続き上の問題だと推測できます。他方、夜間学生の事例を引用するまでもなく、職業選択の自由という憲法の大原則に鑑み、雇用契約を締結しても問題は生じないと推測できます。

  • 投稿日:2016/02/01 14:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもお世話になります。
ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/02/01 22:25
  • ID:QA-0065030

人事・経営コンサルタント

手続き

本人の意思により就職するのですから、法的な問題はありませんが、履歴書類に加え志望理由書に大学を中退した旨(発効が2月末で問題ないことも記載)も添え、採用通知、労働契約など、すべて文書で残すというコンプライアンスに基づく手続きをしておけばよいと思います。

  • 投稿日:2016/02/02 11:41
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
大学訪問の時期
新卒採用活動での大学訪問に関してですが、妥当な時期はいつ頃なのでしょうか。 当社では実績がなくどの時期に行うべきか悩んでいます。
採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...
学歴フィルター
「学歴フィルター」とは、企業が採用活動において、低学歴の学生をふるい落すことやその仕組みを指す言葉です。具体的には、書類選考や説明会の参加予約の際に、いわゆる上位校か下位校かで差をつけるなどの手法がとられます。表向きは、大半の企業が「学歴不問」をうたうものの、実際は、インターネットを通じた膨大の数の...
大学設置基準の改正
「大学設置基準」とは、1956年(昭和31年)に旧文部省が学校教育法に基づいて制定した省令で、大学を設置する上で必要な最低の基準――教育研究上の基本組織や教員の資格、収容定員、卒業の要件などを、全10章にわたって規定しています。文部科学省は2010年にこれを改正。11年度からすべての大学に対し、「...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/09
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...