企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12859件   回答数26823

社員の定着

いつもこちらのサイトでは、大変お世話になっております。

中小企業で人事をしている者です。

社内事情により詳しくはお伝えできず恐縮ですが、
当社では「社員が定着しない」という課題を常に抱えております。

正社員採用をしても1ヶ月以内に退職をすることが多く、
今年だけでも入社後3ヶ月以内の退職者が20名以上もいるという実情です。

改善をしなければならない部分が多々あることは承知しているのですが、
なかなか改善に向けて変わらない状況です。

来年度の採用計画を立てようにも、
人が定着しないが為に結局は随時中途募集が続く…というのが
現時点で予測がついております。

まだ私自身が、人事として未熟な為にどのような案を提出したら
経営陣を改善に向け動かすことができるのか…
それを見いだせずに日々頭を抱えております。

できる限り、社内でなんとか改善したいというのが希望ですが、
コンサルタント等、外部に委託することも有効なのでしょうか。
ただし、あまり予算をかけることはできないように感じます。
※採用活動費で予算をかけているので、その分にペイできれば
問題はないかと思いますが…

良いアドバイスをいただけたらと思います。

宜しくお願い致します。

  • popojinさん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2014/10/21 19:07
  • ID:QA-0060582

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2014/10/21 20:09
  • ID:QA-0060583

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、定着しない理由は会社事情によって異なりますし様々といえます。

以下、考えられる主な理由を挙げてみますと、

・採用選考の仕方や決定過程等に問題がある
・入社前の説明と入社後の現実に大きなギャップがある
・過重労働やハラスメントの発生等、職場環境が劣悪である
・人間関係(上司と部下、同僚間)がうまくいっていない

といったところになりますし、これら以外でもありえるでしょう。

いずれにしましても、理由が明確でなければ、いくらお金をかけても無駄な出費に終わります。
逆に理由が把握出来ており、直接その原因を取り除く事に集中出来ますと、大抵の場合殆どコストをかけることなく改善可能といえます。

従いまして、ただ漠然と考えるのではなく、これだけ多くの早期退職者が出るわけですから、都度退職理由や現場で起こっている事態の詳細を確認し的確な状況分析に努めるべきといえます。また、平素から退職者が多い職場について先に挙げたような問題が発生していないかチェックされる事も重要です。

その上でどうしても原因分析が出来なかったり、或は対応が困難であったりする場合には、人材紹介会社等の採用コンサルタントにご相談されてみることをお勧めいたします。

  • 投稿日:2014/10/22 10:19
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速、ご回答いただきありがとうございます。

早期退職者の退職理由として多いのは、
労働環境や人間関係(上下)に対する不満と感じております。

若い社員が多い為、人材マネジメント能力に長けた役職者は少ないですし、労働環境についても数名で会社を動かしていた時代のまま変わっていないということも問題点であると感じております。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2014/10/21 22:18
  • ID:QA-0060584

人事・経営コンサルタント

人材ではなく「人事コンサルタント」

異常な退職状態が恒常化しており、現在も続いているのであれば、バケツに穴の開いた状態と同じですから、いくらコストと労力と時間をかけて採用をしたところで解決にならないと思います。元来経営の一環で直ちに対策を取るべきですが、社内での調査が無理であれば、外部に依頼するしかありません。人事コンサルタントはそのためにおりますので、当然内部で対応できない分のコストを計上して依頼するべきでしょう。その場合、人材紹介会社などの「コンサルタント」ではなく、人事コンサルタントに依頼する必要があります。人材紹介料とは別に、きちんと有料でコンサルティングができる程度の力量がなければ、依頼する意味がないと思いますので、きちんと見積りなど取った上で、依頼を検討されてはいかがでしょうか。

  • 投稿日:2014/10/23 12:09
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答をいただき、ありがとうございます。

おっしゃるとおり、コストと労力が常に消費されるばかりになっており、すぐにでも対策を取りたいと考えております。

人事コンサルタントへの依頼について、経営陣に納得していただけるよう提案をしてみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2014/10/21 22:24
  • ID:QA-0060585

この回答者の情報は非公開になりました

まずは原因究明を!
(手法としてはカウンセリング、マネジメント教育、メンター制度導入も要検討!)

お世話になります。

人材育成のコンサルをしております
オフィスたはらの田原洋樹と申します。

社員が定着しないということ、人事のご担当者様としては
頭が痛い悩みですね。

一般的に3年で3割以上離職をすると、いわゆる「ブラック企業」の可能性ありと
考えますので、採用総数はわかりませんが、数か月でまとまった離職者が出るということは
状況としては厳しいですね。

離職に至る背景など、現場の詳しい状況がわからないので
一概に「原因はこれ」とは言えませんが、
まずは、離職者に個々にヒアリングをすることが必要だと思います。

その場合、社内の人間に対しては、本音を出しにくいという
ことも考えられます。
キャリアカウンセラーなど、外部のコンサルタントを招へいし
離職に至った経緯を詳しく、丁寧に聞き取ることも一案だと思います。

あとは、上司のマネジメント(特に部下育成)のあり方・施し方を改めて
習得させる、あるいはメンター制度を取り入れるなどの手法も検討すれば
いかがでしょう?

あまり、コストをかけず、賢く外部のコンサルを活用する。
これをお勧めしたいと思います。

専門家より
  • 投稿日:2014/10/21 22:47
  • ID:QA-0060586

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

社員の定着について

中小企業にとって、
優秀な社員の採用、育成、定着は一番重要であるといっても過言ではありません。
そして1~3ヵ月以内の退職が多いということは、
長時間労働や過重労働など何かしらの原因があるはずです。

ご自身で原因や解決策が浮かばないようであれば、
社労士やコンサルタントに相談することが有効です。

  • 投稿日:2014/10/23 12:15
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただき、ありがとうございます。

長時間労働、過重労働については、
会社としては所定労働以上は行わせない方針でおりますが
各部署長の判断によって強いられている現状もあるかもしれません。

外部への委託も含め、検討をしていきたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
60歳以上の中途採用
来月から60歳以上の人をアルバイトとして中途採用しようと考えております。 時給800円ほどで月125時間くらいの予算です。 なにか助成金はありますでしょうか?
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
嘱託社員の採用について
いつもお世話になります。 現在、役員運転手がおりますが、退職に伴い役員運転手の採用を行います。 60歳前後で1年契約を3回更新程度考えておりますが、 「60歳前の人の採用」と「60歳超えの人の採用」では 何か違いがありますでしょうか。 ご教示いただきたくよろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Indeedオンラインセミナー
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。



2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...