企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キャリアカウンセラー キャリアカウンセラー

個人の能力や特性を踏まえて、生涯にわたるキャリア形成をよりよい方向で構築するために、援助や助言をしたり、キャリア関連の情報を提供したりする専門家のことです。人材紹介・派遣会社、企業の人事部門、ハローワーク、学校での職業紹介など、幅広い分野で需要が高まっています。
(2005/5/23掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリアカウンセラーのケーススタディ

キャリア開発や職業相談の専門家
11の機関が能力評価試験を実施している

終身雇用制の崩壊、働き方の多様化、年功序列型人事から成果主義人事への移行などにより、雇用をめぐる情勢は大きく変化しています。個人の持つ能力や適性、価値観と、企業が持つ理念や仕事の内容、労働環境などを、どのようにマッチングさせていくのかが、大きな課題となっています。そうした中で求められているのが、職業選択やキャリア形成などで悩んでいる人に対して、専門的見地からアドバイスを与えることのできるキャリアカウンセラーです。

米国では1929年の世界大恐慌以降、何度も雇用のミスマッチに直面してきました。このため労働者の職業指導にいち早く取り組んだ結果、キャリアカウンセリングの理論や実務が大きく発展、雇用政策に大きな効果をもたらしました。これに着目した日本政府は、2001年の総合雇用対策でキャリアカウンセラーを「5年間で5万人を養成」する方針を打ち出し、人材派遣会社、カウンセラー団体、コンサルタント協会、アウトプレースメント会社などから熱い視線を集めることになったのです。

厚生労働省はキャリアカウンセリングの基本部分を「キャリア・コンサルティング」と名付け、専門家を養成するための最低レベルの基準を設けました。11の機関(2005年5月現在)が能力評価試験を実施、合格者数は7000人弱(キャリア協議会調べ、2004年10月現在)に上っていますが、それぞれの機関が異なる基準や名称で資格を発行、試験のレベルも違うため一部で混乱も生じているようです。

また、並行してキャリアカウンセリングに関するさまざまな養成講座も開かれており、その修了者を含めると推定で2万4000人(2004年10月現在、厚生労働省調べ)の“専門家”が養成されたことになります。しかし単に数を増やすだけでは粗製濫造のそしりを免れません。米国では大学院で修士号を取得したうえで、教官の指導のもと数年間の実務経験を踏んで初めてキャリアカウンセラーという名称を用いることができます。日本においても教育機関や研究者、学者と連携するなどして、キャリアカウンセラー全体のレベルの底上げを図り、社会的に認知度の高い制度に改めていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
ライフキャリア・レインボー
「ライフキャリア・レインボー」とは、1950年代に米国の教育学者のドナルド・E・スーパーが発表したキャリア理論。ライフキャリア・レインボーの理論では、キャリア=職業とは考えず、キャリアを人生のある年齢や場面のさまざまな役割(ライフロール)の組み合わせと定義。人生全般にわたり、社会や家庭でさまざまな...
キャリアショック
「キャリアショック」とは、国内のキャリア研究の第一人者である、慶應義塾大学大学院特任教授の高橋俊介氏が同名の著書で提唱した概念で、自分が積み上げてきたキャリアや描いてきたキャリアの将来像が、想定外の環境変化や状況変化によって短期間のうちに崩壊してしまうことをいいます。変化の激しい時代を生きるビジネス...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
人材紹介会社のキャリアコンサルタント その仕事の実態と、求められる経験とは――?
人材紹介会社を利用して転職する人の数は毎年増えています。管理職クラスやハイレベルなエンジニアを中心に紹介するかつてのイメージは、すっかり過去のものになりました。社数が大幅に増えているので、転職相談を行うキャリアコンサルタントの需要も大きくなっています。以前は、...
2012/12/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

キャリアコンサルタントについて
社員のキャリア支援、キャリアカウンセラーとして、知識・技術・意識そして資格を取得したいのですが、キャリア開発協会のCDA資格やNPO生涯学習キャリア・コンサルタント検定等様々なものがありますが、実績・内容から判断してどれが好ましいのでしょうか?
障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング POSITIVE最新版にAI搭載

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...