企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

平均賃金算出方法(最低保障)

お世話になっております。
いつも拝見させていただき、いろいろなケースを参考にさせていただいております。

今回ご相談させていただきたい内容は退職者の平均賃金の最低保障賃金算出方法についてです。


「3か月間の総支給額から通勤手当等の臨時支給等を引いた額」÷「実労働日数」=最低保障

となると思いますが、こちらの実労働日数とは年次有給休暇も含めての日数でしょうか。
それとも実際出勤した日数となりますでしょうか。

算出期間内に数日程有給を取っていたため、こちらの点が判断のつかないものとなっておりますのでどうぞお知恵を借りたくよろしくお願い申し上げます。

投稿日:2013/11/28 11:59 ID:QA-0057026

経理さん
東京都/保安・警備・清掃

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

まず平均賃金の計算から除外される「臨時に支払われる賃金」とは純粋に臨時の性格を有するものでなければなりません。従いまして、毎月支給される通勤手当は計算に含めることが求められます。(※通勤手当が除外されるのは割増賃金の計算の場合です。)
さらに、最低保障額の計算ですが、実労働日数で割った額の6割の金額となります。
まずは以上の点にご注意下さい。

その上で、3ヶ月間の賃金支給額には年次有給休暇中の給与も含まれますので、実労働日数には年休取得日数も含めて計算することになります

投稿日:2013/11/28 13:35 ID:QA-0057028

相談者より

早急なご回答に感謝致します。

まず除するものについて誤りがあるとのことで改めて労働基準を見直したいと思います。
その上で正しく計算し退職金額を算出致します。

ご回答いただきありがとうございました。

投稿日:2013/11/28 13:48 ID:QA-0057029大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

有休取得日は、実際に労働した日数にカウントしない

有給制度は、「 有給のままで、 権利として、 労務供給の義務を免れる 」 もので、 特に定めがない限り、 「 実際に労働した日数 」 にカウントされません。 結果的には 、最低保障額を高める方に働きますが、 その趣旨、 想定される金額の軽微度を勘案すれば、 穏当な結論だと思います。

投稿日:2013/11/28 15:16 ID:QA-0057030

相談者より

最低保障額という言葉の意味合いを慎重に汲み取りたいと思います。
また、会社においては軽微でも退職者にとっては気掛りな事柄かと思われますので責任者ともよく話したうえで対応させていただきます。

ご回答頂きましてありがとうございました。

投稿日:2013/11/28 16:08 ID:QA-0057031大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

平均賃金の算出について

・まず、通勤手当は除外しません。

・年次有給休暇は、原則、総支給額にも、実労働日数にも含めます。

・ただし、退職者のケースで、有休を買い上げる場合は、臨時の賃金とされ、
総支給額から除外します。

投稿日:2013/11/29 09:02 ID:QA-0057039

相談者より

ご回答いただきありがとうございます。

3つめの有給の件も対応していたため、助言いただき助かりました。

どうもありがとうございました。

投稿日:2013/11/29 13:26 ID:QA-0057041大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
アルバイト有給休暇の賃金計算における労働日数の件
お世話になります。 有給休暇を取得した日の賃金を平均賃金で計算する際、 【過去3ヶ月間の賃金÷過去3ヶ月間の労働日数×0.6】の計算方法がありますが、 この式の【労働日数】の中には有給休暇取得して出勤していない日数も含めるのでしょうか? 例えば、ある1ヶ月間の出勤日数は14日間。有休取得日数は5...
時間給の算出方法
 1年間の労働日数は265日となっています。1年間の変則労働時間制の為、月々の労働日数は様々ですが、時間給の算出方法は1ヶ月を25日で割り、それを一日の勤務時間で割って時間給を算出していました。この25日は、以前週40時間以上の労働時間のまま変更をしていなかった為で、やはり変更をするべきでしょうか。...
パートタイマーの平均賃金算出について
パートタイマーの平均賃金算出について教えてください。 平均賃金 3ケ月間の賃金総額(通勤費含む)÷暦日数 最低保障 3ケ月間の賃金総額(通勤費含む)÷労働日数 × 60% の高いほうを平均賃金とする としています。 ここで質問したいのは、最低保障を求めるときの通勤費の扱い方です。 当会社では、...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
現物支給
「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現...
ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
ラッカープラン
「ラッカープラン」とは、企業が創出する付加価値を基準にして従業員の賃金総額を決定する手法のことです。米国の経営コンサルタントであったアレン・W・ラッカーによって提唱されました。企業の付加価値と人件費総額との間にある高い相関関係に着目して賃金総額を管理するのがラッカープランの考え方で、付加価値に標準労...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:08/01~08/11
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


ピンチをチャンスに。<br />
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

ピンチをチャンスに。
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

働き方改革が進むなか、2020年4月から施行された中小企業の時間外労働...