企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15209件   回答数32760

育児休暇と有給使用について

当社の男性社員から育児休業を取得したいと相談をうけました。
当社は育児休業の間は無給となっております。
そのため、本人から余っている有休を使用した後に、
育児休業を取得したいと言われました。
このようなことは可能でしょうか?

今まで当社では、
お子さんが生まれる前に出産予定日をもとに
育児休業の申出をしてもらっています。
出産日がずれた場合にはどのように処理をすればいいでしょうか。

  • *****さん
  • 東京都
  • 精密機器
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2010/08/09 10:30
  • ID:QA-0022262
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/08/09 11:58
  • ID:QA-0022265

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

まず有休に関しましては本人の希望する時季に与えければなりませんので、事前に希望があれば年休を付与してから育児休業開始としなければなりません。

また、出産日がずれた場合ですと、それに合わせて育児休業開始日も遅れることになります。育児休業給付等の公的手続き等に関しましてはハローワークにてご確認下さい。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/08/09 18:49
  • ID:QA-0022267

オフィス代表

先の回答一部訂正・追加の件

先の回答で一部訂正及び追加の為再度回答させて頂きます。

後段の部分で「出産日がずれた場合育児休業開始日も遅れる」と述べましたが、当方の勘違いで大変失礼いたしました。改正育児介護休業法第5条2項にもございますように、「出産予定日後に当該子が出生した場合にあっては当該出産予定日から」育児休業と認められています。

従いまして、通常育児休業開始日に関し変更はございません。

ちなみに、配偶者である男性社員が出産日から8週間以内に育児休業を取得した場合には、特例としまして再度育児休業の取得を申し出る事が認められています。

  • 投稿日:2010/08/10 11:57
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございました。
ご回答いただきました内容をもとに従業員へ説明をさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/08/10 10:40
  • ID:QA-0022278

社会保険労務士法人SRグループ 代表

回答致します

前段
…可能です。
また、育児休業開始前に有給を取得させる必要があります。

けだし、有給休暇は労働義務のある日に取得するものであるところ、
育児休業期間中は労働義務が免除されますので、
育児休業期間中に有給休暇を取得する余地はありません。

もっとも、育児休業は本人の申出により取得するものですので、
申出がなければ、通常の労働義務のある日ということになります。
そのため、育児休業を請求しない期間については年次有給休暇の取得が
可能となります。

本ケースですと、ご本人が育児休業期間前の有給取得を
希望されていますので、有給付与後の育児休業となります。

後段
・出産予定日より早く出産された場合
…育児休業開始予定日の1週間前までに申し出をすることで
育児休業開始予定日の繰り上げ変更
をすることが可能です。
また、繰り上げ変更をせずに、実出産日~当初の育児休業開始予定日
までの間に有給休暇を取得することも可能です。

・出産予定日より遅く出産された場合
法律上、育児休業開始予定日繰り下げ変更の規定はございませんので、
御社就業規則に別段の定めある場合を除き、
育児休業開始予定日は当初申し出た日のまま動きません。
従いまして、育児休業開始予定日の繰り下げ、及び、
当初の育児休業開始予定日以降の有給取得を認めずとも
特に問題はございません。

  • 投稿日:2010/08/10 11:59
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変わかりやすかったです。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
育児休業の期間について
育児休業の期間について質問です。 現在当社では1年間(保育所等の手当てができなければ半年延長可能)の 育児休暇を取得可能です。 逆に育児休業というのは「少なくともこれくらいはとらなくては育児休業を取ったとみなされない」という期間はありますか? 極端な話一週間でも会社で決められた手続きの下 育児休業を...
育児・介護休業について
いつも利用させていただいております。 さて、育児・介護休業の対象者および非対象者を教えていただきたく思います。
育児休業開始日について
弊社では産後6週間までは有給扱いの休暇が取得できる制度があります。 そのため産後6週間以降に一旦有給を消化し、その後育児休業に入りたいという社員がいます。 産後休業後すぐに開始されない、育児休業の開始日について、法的に制限はありますでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 武石恵美子さん 「男性の育児休業」と「ワーク・ライフ・バランス」
    仕事と子育ての両立支援計画を企業に求める「次世代育成支援対策推進法」(次世代法)が施行されて1年。これをきっかけに、多くの企業が男性社員も育児休業をとりやすい環境整備に取り組み始めています。『男性の育児休業』(中公新書)の共著書もある武石恵美子さんは、このような動きについて「制度の充実だけに過大な期...
  • 育児・介護支援制度の最新実態
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、各企業の育児・介護休業等の最新実態を調査しました。今回はこの中から育児休業・介護休業それぞれの「期間」「休業中の月例賃金の取り扱い」について紹介します。
  • 育児休業制度の実態調査――対象となる子の上限年齢、休業期間中の賃金など
    少子化が急速に進んでいる我が国では、従業員が仕事を続けながら子育てのできる環境作りが、喫緊の課題であるといえます。これに対して、国は2005年4月に改正育児・介護休業法を施行し、同時に次世代育成法に基づく一般事業主行動計画の届け出制度をスタートさせていますが、企業では“両立支援”の取り組みをどのよう...
あわせて読みたいキーワード
パタハラ
「パタハラ」とは、パタニティー・ハラスメントの略。パタニティー(Paternity)は英語で“父性”を意味し、男性が育児参加を通じて自らの父性を発揮する権利や機会を、職場の上司や同僚などが侵害する言動におよぶことを、パタニティー・ハラスメントと呼びます。女性社員の妊娠・出産が業務に支障をきたすとして...
出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
パパ・ママ育休プラス
「パパ・ママ育休プラス」とは、2009年7月の育児・介護休業法改正によって新設された制度(10年6月30日から施行)で、男性の育児参加を促進する観点から、父親・母親がともに育児休業を取得する場合、特例として休業を取れる期間を延長するというものです。現行の育児休業制度は、子どもを養育する労働者に原則...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...