企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

退職勧奨と「退職願」

お世話になります。
退職勧奨と退職願についてご教示ください。

退職勧奨し、本人も同意した場合、
「トラブルを避けるため「退職願」を書いてもらう」
という説明を聞いたことがありますが、
そのような考えでよろしいでしょうか?

それでよい場合、退職願に記載する退職の理由は、
「一身上の都合」でしょうか、
それとも、「退職勧奨による」等を入れてもらうのでしょうか。

またそれ以前に、
退職勧奨の場合は「退職願」ではなく、
「合意書」等を作成した方がよいのでしょうか?

雇用保険の、離職票の「退職の理由」は「勧奨」になると思いますが、
自己都合の場合に確認のために「退職願」などを添付しますが、
退職勧奨の場合も、確認資料が必要ですか?
(上記の質問を総合して教えていただければ幸いです。)

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2010/04/20 16:05 ID:QA-0020179

Rimさん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

退職事由を正しく記載した「確認書」の作成をお勧めします

■ ご説明によりますと、退職事由は、退職者の自己責任ではないにも関わらず、会社側から解雇を宣告されて、離職を余儀なくされた、つまり、「圧力的な退職勧告」よいうことのようですね。この場合、雇用保険上の、「特定受給資格者」となり、自己都合退職者に比べて、有利な扱いが受けられることになります。
■ 但し、その判定に指しては、ハローワークは、下記の確認手続きを踏み、慎重に行います。
 ① 離職証明書における、事業主が主張する離職理由の把握
 ② 離職者が主張する離職理由の把握
 ③ 両者の把握後、それぞれの主張を確認できる資料による事実確認
■ 従って、退職事由を正しく記載した「確認書」ないし「合意書」を作成しておくことをお勧め致します。

投稿日:2010/04/21 12:07 ID:QA-0020195

相談者より

ご回答をいただき誠にありがとうございます。
再度ご確認をお願いできればと思います。
勧奨の場合は、
「退職願」ではなく「確認書」や「合意書」の方がよい、
という理解でよろしいでしょうか。
退職勧奨については、本人の責任がないとはいえない状態で、
就業規則の解雇の事由にあたるといえるかは微妙なところで、
(会社としては解雇にあたると判断することもおそらく可能)
現在は会社の事由による休業の状態が続いており、
会社としては、新規開拓や職種の変更なども検討しましたが、
なかなかうまくいかず、
会社の経営状態が厳しいため、できれば退職していただきたいが、
解雇ではなく勧奨を考えている、というところです。
雇用保険では、本人にとっては解雇も勧奨も同じかと思いますが、
会社としてはできれば勧奨としたい、と思っております。
同意が得られない場合は解雇を考える余地はあります。
(あまり詳しく書けず、抽象的になり申し訳ありません。)
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2010/04/21 12:31 ID:QA-0040015大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

退職事由を正しく記載した「確認書」の作成をお勧めします P2

■ 今回の退職は、「会社事由による合意退職」というのが実態でしょう。然し、通常、就業規則では、このような表現は、退職の種類として、あまり使われていません。
■ こと、雇用保険に関する限り、会社としては、解雇も勧奨も同じと思われるかもしれませんが、判定する側は、どう解釈するか分かりません。勧奨勧告は、会社 ⇒ 社員であり、退職願は、社員 ⇒ 会社ですから、退職願とすることによって、ハローワークへの実態説明という、余分なことは避けるのが賢明だと思っています。
■ 今回の事例では、「退職願」ではなく「確認書」や「合意書」の方がよいと考えていますが、そうすることによって、会社、或いは、本人にとって、何か不都合でもあるのでしょうか?

投稿日:2010/04/21 13:29 ID:QA-0020198

相談者より

早速のご回答ありがとうございました。
会社としては、雇用保険上も、解雇よりも勧奨と考えております。
今後本人含めよく検討、話し合いしたいと思います。
確認書、合意書で不都合は特にないと考えておりますが、
以前、退職願で処理していたことがあるようなので考えていた、
ということです。
ありがとうございました。

投稿日:2010/04/21 14:13 ID:QA-0040016大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
退職勧奨の面接について
お世話になっております。 弊社は50名弱の会社です。近々社員数名に対して退職勧奨の面接を行います。一般的に、面接はどのような立場の者が何名で行うのがよしとされているのでしょうか。よろしくお願いいたします。
退職勧奨について
お世話になります。 基本的な質問で恐縮ですが、以下の点について教えてください。 1.退職勧奨によって退職してもらう場合(もちろん合意のうえで)、   その退職は「解雇」扱いになるのでしょうか? 2.退職勧奨で合意を得た場合、退職日の設定に制限はあるのでしょうか?   (極端な例ですが、本人が良け...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
退職勧奨
使用者が労働者に対して強制ではない退職の働きかけを行うことを指し、俗にいう「肩たたき」がこれに当たります。労働者が退職勧奨に応じると、労働契約上の「合意解約」となり、「解雇」にはあたりません。退職金の優遇や再就職先の斡旋など労働者側が勧奨に応じやすい条件を提示して行うのが一般的です。
円満退社
「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりな...
ジョブ・リターン制度
結婚・出産・介護などを理由に退職した社員を、本人の希望により再雇用する制度。働く側はキャリアを活かして復職、企業側は即戦力の確保と労使双方に大きなメリットがあります。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/22
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...