企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15746件   回答数34232

取引先からの研修生受入

取引先から弊社の業務進め方を学ばせる為に、研修員を受け入れて欲しいとの依頼を受けています。研修内容は100%OJTで通常の社員と同様に勤務させて欲しいというのが先方の希望です。その他先方から提示されている条件は、研修期間は2年間、研修期間中も先方が給与・社会保険料・通勤費等負担し、弊社での業務遂行に関わる交通費・出張旅費等は弊社負担というものです。
弊社にとっては重要な取引先であり、出来るだけ希望に沿いたいと思っていますが、研修期間の長さや、その期間弊社が給与を全く負担しない辺りが問題ないか気になっています。
勿論取り決めた内容は協定書としてきちんと書面で取り交わす予定ですが、こうした研修を行なうに当り、気をつけるべき点ありましたら、教えて頂きたく、宜しく御願い致します。

  • *****さん
  • 東京都
  • 商社(専門)
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2010/03/08 14:15
  • ID:QA-0019646
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/03/08 22:28
  • ID:QA-0019651

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

文面内容から判断しますと、研修と言いましても「通常の社員と同様に勤務」となりますと、当然ながら御社の指揮命令で業務に従事することになりますので、実態としましては出向受入に当たるものといえるでしょう。

従いまして、雇用関係を明確にする上でも出向契約を両社間で結び、費用負担等についてもきちんと定めておく事が必要になります。

その場合、給与支給及びその負担を全額出向元である取引先会社とされる分には合意がある限り問題ございませんが、労災保険だけは原則として御社での適用となりますので、出向元で支払われる賃金分の保険料を御社にて納めることになります。

但し、その際の費用に関しましては、協議された上で出向元にて全部又は一部捻出してもらうことも可能です。

  • 投稿日:2010/03/08 22:48
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答どうも有り難うございました。出向契約を締結することは弊社でも検討したのですが、出向契約を締結し、弊社に労働を提供しながら、その労働の対価である給与を全額出向元が負担した場合、税務上問題が発生するのではないかという点が問題となりました。
今回、全額出向元が負担するのは合意がある限り問題ないという回答を頂いておりますが、これは税務面も含めて問題ないと理解してよろしいでしょうか?念の為、ご確認お願い致します。また、この関係で注意すべき点がありましたら、あわせてご教示願います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/03/08 23:32
  • ID:QA-0019654

オフィス代表

ご質問の件について

こちらこそご返事頂き有難うございます。

上記回答はあくまで人事労務の観点から回答させて頂いた件ご了承下さい。

ちなみに出向元が給与を全額負担しても税法上それ自体に違法性は無いですが、支給額は原則として出向先への寄付金として取り扱われる事になります。

そうした措置が不都合であれば問題といえるかもしれませんが、寄付金の取り扱いも含め税務詳細については専門外にて存じ上げませんので、税理士等に直接ご確認頂ければ幸いです。

  • 投稿日:2010/03/08 23:32
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
今春入社社員(学卒)の研修期間の残業
毎々お世話になります。早速ですが、現在新入社員の研修(集合研修、技術研修)を実施しています。 研修期間中の時間外の取扱いについて残業扱いとなるのか否かについて確認したく問い合わせいたします。(実態としては、日々30分~1時間未満) 研修期間中は、労働ではないから残業扱いにはならないと過去に聞いた事が...
研修期間の設定
弊社はアミューズメント施設を経営している会社です。アルバイト、パートを採用した際に研修期間を設け、その期間内は時給を5%程度下げております。そこで質問なのですが、研修期間というのは、任意で期間を設定してもいいのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 研修の準備と段取り
    研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
  • マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
    現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
  • 研修会社の選び方
    自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポイントを整理していく。
あわせて読みたいキーワード
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
OJT
実務経験を通して即戦力を育てる「OJT」は、人材育成に欠かせない指導方法の一つです。しかし一方では、うまく活用できていないという声も多くあがります。ここでは、OJTとOFF-JTの違い、それぞれのメリット・デメリットを解説するとともに、OJTが抱える問題点、効果を高める進め方を説明します。
シェア研修
「シェア研修」とは、複数の企業のコラボレーションにより、新入社員研修などを合同で企画・実施する研修スタイルのことです。研修プログラムや講師、会議場など各社の育成リソースを共有し、所属の異なる参加者が企業の枠を超えて同じ研修を受けるのが特徴。自社内に閉じていた従来の新人研修と違い、“社外同期”ともいう...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事業戦略を支える人事の挑戦 あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...


「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

リクルートグループは2015年より、働く子育てを支援する「iction...