企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14936件   回答数32042

中間管理職に対するいじめ

中間管理職にある職員が数十名の部下全員に無視されたり、また挨拶もかえしてくれず、いじめにあっている場合、その中間管理職の上司は相談を受けたら、どのように対応すればよいかアドバイスを頂きたいです。尚,部下らは以前、その中間管理職の職員にパワハラを受けたと訴え、その職員への懲罰を望んでいます。

  • 投稿日:2009/04/21 09:11
  • ID:QA-0015872

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/04/21 09:35
  • ID:QA-0015873

有限会社ライフデザイン研究所 代表取締役

いじめ

組織風土が荒れていますね。会社全体で「望ましい企業文化・大切にしたい価値観」を決め、それが実現するように「社員全員が行動する」ことが望ましいと思います。
当社では、6年前くらいから「チームのつくり方」という「チームビルディング研修」を始めましたが、その基本は「人を大切にする」という価値観です。
コミュニケーションでは「きちんと挨拶をする」「報告連絡相談をタイムリーに行う」「相手の顔を観て、話を聴く」・・・などの行動パターンにおとし、各人が実行することで、企業文化が醸成されてきます。
過去のことで、「自分が正しい、相手が間違っている」を繰り返しても、何の解決にもなりません。
人は皆「自分が正しい」と思っていますから。

  • 投稿日:2009/04/21 09:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/04/21 18:03
  • ID:QA-0015881

この回答者の情報は非公開になりました

組織カウンセリングの対応を

部下が上司を公然といじめるとなりますと、組織としての体をなしていない状態と言えますので、その中間管理職の上司一人でも対応が難しい状態かと思われます。

しかしご説明にある通り、あるひ突然発生した訳ではなく、さまざまな不満、不具合の発露でしょうから、会社として取り組まれるべきことと存じます。

まずはその上司はジャッジをする前に、
・何が起こっているのか
・各自がどう考えているのか
事情を聴くことからスタートでしょう。

その際に重要なことは「声の大きい者」の言いなりならないことです。良いも悪いもなく、まず「何が起こっているか」だけを追いかけて下さい。文句をとうとうとまくし立てたり、「みんなそう言ってます」的な、おおざっぱなくくりで処理できるような問題ではありません。

最初か最後に、当人である中間管理職との面接も、まずは事情を聴くところから始めていただくべきと存じます。これは個人ではなく、組織そのものをカウンセリングしているようなものです。相当な力量が必要です。しかし避けて通ることも難しい問題だと思います。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/04/21 23:02
  • ID:QA-0015883

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、上司はいじめを受けている、部下はパワハラを受けているという風に、各々責任は相手側にあるような主張をされているようですね‥

このように当事者双方の主張が対立していますと、まずは客観的に事実関係を明らかにする事が必要です。そうでなければ、どのような結果になろうとも大きな禍根を残す事になるものといえます。

あくまで公平な立場に立たれ、双方別々に一連の経緯を調査された上で、問題の原因が何処にあり、また実際にどのような行為が行われているのかを精査された上で判断をされる事が必要です。

その上で、仮に問題が複雑化しており懲戒の有無とは別に人間関係の修復自体が困難なようであれば、状況に応じ配置転換を検討される等職場の秩序を守る上でも現実に見合った解決策を採られるべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2009/04/21 23:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
外国人就労者の管理について
いつも勉強させていただいております。 本日は、外国人就労者の管理について、質問いたします。 弊社はアジア系外国人を雇用しておりますが、 これまでビザの管理等の管理を行っておりませんでした。 この度遅まきながら管理をするにあたり、 どんな管理を行うべきか悩んでおります。 何かアドバイスをいただけ...
危機管理(リスク管理)
危機管理が叫ばれていますが、人事部としてどこにポイントをおいて、人事部全体の危機管理をしていけば教えてください。
管理職比率について
当社は、管理職比率が20%に達しようとしています。この管理職比率はどのくらいが適性なのでしょうか。他社事例があればご教授願います。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

逆パワハラ
一般にパワハラというと、職務上の地位などを背景に上司から部下に対して行われるハラスメント(精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為)を指すのに対し、「逆パワハラ」とは、部下から上司、後輩から先輩、非正社員から正社員など、管理される側から管理する側に対して行われるいじめや嫌がらせ行為...
パワハラ
2019年5月29日、企業にパワハラ防止を義務付ける「労働施策総合推進法」の改正案が可決されたことをご存じでしょうか。閉じられた環境の中で起こる「いじめ」や「嫌がらせ」は、学校だけの問題ではなく、職場の問題でもあります。今回の法改正は、都道府県労働局に寄せられる、職場での「いじめ」や「嫌がらせ」の相...
勤怠管理
メンタルヘルスの不調や過労死、残業代の未払い問題など、昨今、企業と社員の間で労働環境を巡って多くのトラブルが発生しています。そこで、重要性が再認識されるようになったのが「勤怠管理」です。働き方改革関連法の施行による影響など、勤怠管理について企業が理解しておかなければならないことは増えています。ここで...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/15
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...