企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

規程と規則の違いについて

現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、
規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。
なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。
定義に違いがあるのでしょうか。

会社ごとに決めることなのでしょうが、
多くの会社が就業「規則」としていると思います。

なにか意味があるのでしょうか。

よろしくお願いします。

投稿日:2008/04/10 14:29 ID:QA-0012048

*****さん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

規程・規則・規定などの違いは?

■定款、規約、規程、規定、規則、準則、細則、告示、命令、通達など、国の諸機関ではそれなりの定義があるようですが、定款を除いて、とにかく分かりづらいのが正直なところです。
■一般民間企業の労使関係の根本法はなんと言っても労働基準法ですが、第九章で「就業《規則》」に関する条文をまとめていますが、何分、戦後まもない、昭和22年に制定されたので、《規則》の位置付けもハッキリしないまま使われたかも知れません。
■いずれにしても、労基法における位置付けにより、各種社内の決め事の内、《規則》が一番の上位概念となってしまったように思います。関連のありそうな、サイトやブロッグもチェックしましたが、意見も分かれているようです。
■弊職の経験も交えて整理すると、上位概念順にすると、一応次のようになるかと思います。
▼規則 ⇒ 基本的規則(従業員が守らなければならないこと)
▼規定 ⇒ 個別規則の一般的なルール
▼規程 ⇒ 計算等の基準を含む具体的なルール
■勿論、総務・財務・経理・品管など、人事労務以外にも多様な決め事がありますので、それらも勘案の上、御社内で呼称体系をお作りになればよいかと思います。

投稿日:2008/04/10 19:44 ID:QA-0012054

相談者より

おっしゃるとおり、公共機関はきっちりとした定義がありますが、
民間企業にそのまま転用するのは難しいものでした。
当社の規程管理規程には規則、規程、要領、基準などの
言葉の定義がないため、使用方法が曖昧になっているようです。

規程の定義からはじめる必要がありそうです。

ありがとうございました。

投稿日:2008/04/11 08:57 ID:QA-0034828大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

「規則」と「規程」についてですが、一般的には明確な使用方法が決まっている言葉ではないといえます。

基本的な違いは既に川勝様が示されたようになるでしょうが、どの表現が用いられているかは単に言葉の由来上の問題になるものといえます。

従いまして、「就業規則」という言い回しも厳格な定義の上で成り立っているものではないといえますが、ここで重要となるポイントは、「就業規則」を始め法律上で特定して使われている用語については混乱を避ける上でもそのままの言葉を使用すべきということです。

例えば、意味に大きな相違がないからといって「就業規程」と名付ければ、労基法上の「就業規則」は別にあるのでは?と考えられる可能性が生じ、その正当性を巡って思わぬトラブルとなることも考えられないわけではありません。

勿論命名するのは各会社の自由であり、実態判断で就業規則とみなされると大丈夫でしょうが、分かりやすく紛らわしさをなくすという観点からも、「就業規則」という既定の表記を用いられることをお勧めいたします。

投稿日:2008/04/10 23:12 ID:QA-0012058

相談者より

原則として「規程」を使用し、
就業規則のように法律でその名称が定められている場合のみ
「規則」を使う方向で考えたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日:2008/04/11 09:26 ID:QA-0034831大変参考になった

回答が参考になった 2

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則と規程の優先順位について
いつもお世話になっております。 就業規則と規程の関係について教えて頂きたいのですが、就業規則に書ききれない詳細内容を規定に書くものだと理解していますが、就業規則と規程の内容が違った場合、どちらが優先するのでしょうか。 具体的には、全社員対象の就業規則のほかに、嘱託規程を作っているのですが、勤務形態等...
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
労基署への就業規則の届出について
以下ご教示いただけますでしょうか。 就業規則について労基署へ届け出る必要があると思いますが、以下の規則の届出の要否については、どうなりますでしょうか。 また要否とともに、法律(規則等)の第何条第何項にこうあるためこの規程は必要(不要)であるということもご教示いただければ幸いです。 ●旅費規程 ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/21
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...