企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15209件   回答数32760

再年末調整について

以下ご教示いただけますでしょうか。

社員で、急遽12月末日退職となった者がいたのですが、突然の話であったので、12月給与においては、社会保険料を1ヵ月分(11月分)しか控除することができませんでした。

※弊社の社会保険料の控除は翌月控除としています

給与は支払ってしまっており、給与から社会保険料を控除することができないため、今月(1月)本人から残り1ヵ月分(12月分)の社会保険料を別途会社に振り込んでもらう予定です。

12月ということもあり、既に年末調整については計算が終わってしまっていたため、この者については、再度の年末調整が必要だと思ったのですが、給与計算担当者に「12月分の社会保険料控除を加えたベースで再計算が必要ですよね?」と確認したところ、「当社は社会保険料を翌月控除としているから不要である」との回答がありました。

本件については、翌月控除うんぬんに関係なく(※)再年末調整が必要な気がしたのですが、やはり不要なのでしょうか。

※以下の処理になるような気がするのですが
 ①1ヵ月分(12月分)の社会保険料を本人から会社へ振り込んでもらう
 ②12月分の社会保険料を加えた上で、再年末調整を行う
 ③再年末調整を行ったベースの源泉票を本人に配布する

以上、ご教示くださいますようお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • 商社(専門)
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2008/01/07 15:54
  • ID:QA-0010940
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2008/01/07 16:07
  • ID:QA-0010941

この回答者の情報は非公開になりました

再年調

本年もよろしくお願いしたします。

社会保険料は、基本的には翌月徴収となっていますが、退職等により翌月徴収が不可能な場合には、当月には2ヶ月徴収が可能です。

さて、本件では1ヶ月しか徴収しなかったため、ご本人から入金いただいたとのことですので、再年調が必要となります。

この時期の退職については、いろいろ気を使いますね。

社会保険料控除額が増加しますので、ご本人に源泉所得税の還付となると思います。
よろしくお願いいたします。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2008/01/07 23:56
  • ID:QA-0010946

この回答者の情報は非公開になりました

再年調

そうですね。。。
一番良い、問い合わせ先は、税務署です。
匿名でOKですので、根掘り葉掘りご確認されると良いと思います。

所得税については、誤った対応をすると、事業主及び社員にとって、追徴課税があったりして、大変なことになる可能性もありますので、慎重にご対応ください。

この時期、税務署の電話はかかりにくい場合もありますが、時間を割いてでも確認することにより、知識を得ることができます。

よろしくお願いいたします。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
毎月の所得税控除と年末調整の関係について
お世話になります。 年末調整の時期を前に支給済みの給与データを整理していたところ、控除した所得税の金額の誤りに気づきました。 400円ほどなのですが、今年中に調整して返金したほうがよいのでしょうか? それとも年末調整の計算によって正しく控除したことになるのでしょうか? ご回答をお願い致します。
賞与で給与を調整した際の社会保険料控除について
 度々の投稿、恐れ入ります。当社では8月になってから賞与を支給しました。 その賞与に4~6月分の給与調整額も加算減算して支給しました。 本来は4月1日から基本給与額が改定されるのですが改定額がつい最近判明した為です。  しかし支給後、従業員から問い合わせがありました。『社会保険料控除額がおかしい』...
社会保険・給与計算実務セミナー
5月下旬以降に、東京にて社会保険・給与計算実務セミナーを開催される予定はありませんでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
    日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
あわせて読みたいキーワード
年末調整
「年末調整」とは、1年間に納めるべき税金の過不足を計算し、適切な金額に調整することをいいます。源泉徴収の金額は、給与や扶養者数が変動しないものとして作成されています。また、年末には保険料などがまとめて控除されます。源泉徴収の金額が正確にわかる年末に実際に支払うべき税額を算出するため、年末調整と呼ばれ...
106万円の壁
2016年10月からパートタイマーに対する社会保険の適用範囲が拡大され、従業員501人以上の企業であれば、勤務時間が週20時間以上で、1年以上の勤務が見込まれるパートタイマーは、見込み年収106万円(賃金で月額8.8万円)から社会保険の加入対象となります。この改正により、配偶者が会社員・公務員である...
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...