企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

職員の家族が就職した際の健康保険証の返却について

過去の質問でも先生方が回答されていますが、改めて伺います。
職員の子どもが就職したと聞き、健康保険証の返却について確認したところ、3ヶ月間は時給で試用期間であり社会保険は加入できないと言われたので、暫くは現状のままでお願いしますと言われました。(具体的には来年の1月末までです。)
職員の子どもは25歳で、正職員での雇用で、フルタイム勤務です。

こちらとしては納得ができないですが、職員が子どもの雇用先に話すことはできず、仕方がないとあきらめてはいます。
そろそろ年末調整の時期でもありますが、正職員で雇用されているのに、扶養親族に入れることになることに疑問も生じています。

職員の子どもの就職先は、民間の医院と聞いていますが、小さなところでは、このようなことが普通に行われている現状があり、納得できません。

だからと言って、私どもの職場が同じことをしようとは思いませんが、このようなケースの場合、私どもができることがあれば、教えていただきたいと思います。
よろしくおねがいします。

投稿日:2020/10/24 16:49 ID:QA-0097760

南の鷹さん
熊本県/医療・福祉関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

こちらとしては、正社員雇用ということであれば、年収130万要件を超えるのが通常ですので、扶養として加入できませんので、その旨を伝えて、保険証は回収するしかありません。

試用期間であっても強制加入となりますので、職員のお子様は、その旨就職先に確認するか、国民健康保険に加入するかの選択となります。

投稿日:2020/10/26 10:31 ID:QA-0097803

相談者より

小高 先生
ご回答ありがとうございます。
本当はそうしたいところですが、それで解雇されたり不合理な対応をされて、辞めざるを得ない状況になると、こちらが悪者になってしまいそうで躊躇してしまいます。
職員と話し合い、国保加入も含めて検討してみます。
今後ともよろしくお願いします。

投稿日:2020/10/29 09:24 ID:QA-0097909大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

加盟健保は恐らく資格に該当しない被保険者を認めることはありませんので、事情はともかくコンプライアンス上も保険証は回収しなければならないでしょう。
一方その子女の勤務先が必ずしもコンプライアンスができていない可能性は十分あります。しかしそちらへの対応は個人の責任で行うべき問題であり、貴社が虚偽の対応をするリスクは何も変わりません。そのような場合、通常は泣く泣く国保に入るなど個人が個人の責任で対応しているのが実情だと思います。

投稿日:2020/10/26 10:54 ID:QA-0097807

相談者より

増沢 先生
ご回答ありがとうございます。
職員の子女のことを優先して考えていましたが、当方も知っていて適切な対応を取らないということは、虚偽対応になることが抜け落ちていました。
ここは、職員の家族の問題として自己責任を負ってもらうことが必要かと思います。
しっかり説明していきます。
今後とも宜しくお願いします。

投稿日:2020/10/29 11:47 ID:QA-0097911大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、他の事業所がどのような対応であれ、法令遵守をされる必要がある事に変わりはございません。

従いまして、資格のない健康保険証の回収は粛々と実施されるべきですし、どうしても困難のようであれば所轄のけんぽ窓口にご相談される等前向きな取り組みを継続されるべきといえます。

投稿日:2020/10/26 18:23 ID:QA-0097811

相談者より

服部先生
ご回答ありがとうございます。
然るべく対応していくよう、職員への説明を行うつもりです。

今後、同じことが起こり得ると思われますので、全職員に会議等を通じて周知していきます。

今後ともよろしくお願いします。

投稿日:2020/10/29 11:51 ID:QA-0097912大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
法定雇用率
「障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)」によって定められた割合。民間企業・国・地方公共団体に対し、それぞれの雇用割合が設けられており、それに相当する人数の身体障害者または知的障害者を雇用しなければなりません。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...