企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

時短勤務制度について

お世話になっております。
現在、育休を取得している正社員(3歳に満たない子を養育している)が時短勤務制度を利用する場合について質問させて頂きます。

弊社では、就業規則に育児短時間勤務について規定しておりまして、従業員からの申し出により、所定時間を6時間とすることが出来ると定めております。

1. 6時間未満の時短勤務(正社員のまま)を当職員が希望した場合、会社としては拒否をすることが出来ますでしょうか。
2. 上記を拒否した場合に、パート契約を打診することは違法では無いですか。
3. パート契約の場合に、減給、ボーナス不支給、契約期間を定めることは可能ですか。また、契約期間満了後に会社都合で契約を更新しないことは可能でしょうか。
4. 上記の通り、契約期間満了後に会社都合で契約を更新しない場合は、諸々の助成金制度(弊社では、キャリアアップ助成金を利用しております)に影響はありませんでしょうか。
5. 正社員のまま時短勤務を希望した場合、会社が認めれば、極端なことをいえば、1日3時間の勤務とかも可能ですか。その場合、固定給ではなく、正社員のまま時間給にすることは可能でしょうか。

以上となります。
恐れ入りますが、ご回答のほどお願い申し上げます。

投稿日:2020/10/20 10:41 ID:QA-0097637

MK太郎さん
神奈川県/教育

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

1.拒否できます。

2.打診することは問題ありません。

3.新たな契約ですから、可能です。更新条件はあらかじめ定めておく必要があります。

4.3年以下であれば、期間満了扱いとなりますが、3年を超える場合ですと、会社都合扱いとなり、助成金のペナルティが発生します。

5.可能ですが、会社として6時間未満の育児短時間制度を導入するのであれば、規定化しておく必要があります。

投稿日:2020/10/20 12:44 ID:QA-0097652

相談者より

大変参考になりました。ありがとうございます。
一点追加で質問なのですが、6時間労働を週3日希望という場合も会社としては拒否出来るのでしょうか。
恐れ入りますが、宜しくおねがいします。

投稿日:2020/10/20 19:45 ID:QA-0097667大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問に各々回答させて頂きますと‥

1.可能となります。

2.育児休業を続ける等他の選択肢もございますので、会社からいきなり打診されるのではなく当人と十分ご相談された上で決められるべきといえます。

3. 当然ながら契約自体当人との合意が必要ですので、それらの内容も含めて合意されたという事であれば可能になります。

4. 合意の上での契約であれば差し支えないでしょうが、詳細はハローワーク等助成金担当の行政機関にご確認下さい。

5. 可能ですが、雇用保険に関しましては社会保険とは異なり正社員であっても週20時間以上の所定労働時間がなければ適用除外となります。また時給制にされる等時短以外での労働条件が変更されますと社会保険も適用除外となる可能性が生じますので注意が必要です。

投稿日:2020/10/20 18:37 ID:QA-0097666

相談者より

大変参考になりました。ありがとうございます。
一点追加で質問なのですが、6時間労働を週3日希望という場合も会社としては拒否出来るのでしょうか。
恐れ入りますが、宜しくおねがいします。

投稿日:2020/10/20 19:45 ID:QA-0097668大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、短時間勤務のように就業規則で定められていなければ拒否する事が可能です。

投稿日:2020/10/20 20:17 ID:QA-0097669

相談者より

かしこまりました。
ご回答いただきありがとうございました。

投稿日:2020/10/21 10:26 ID:QA-0097686大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

1.規定化されているので、期待に反する雇用条件を受ける義務はありません。
2.打診なので問題ありません。
3.新たな雇用契約は、本人同意有れば可能です。
4.会社都合なので影響がある可能性があり、ハローワーク等の確認を取った方が武南でしょう。
5.可能ですが、精度が形骸化し混乱しますので、全て規定化して取りこぼしのない制度を設計するのが先かと思います。

投稿日:2020/10/22 09:25 ID:QA-0097702

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/10/22 10:45 ID:QA-0097711大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
正社員の解雇について
営業系正社員を解雇できる要件を教えていただけますでしょうか
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
アルバイトの正社員登用規定
当社ではすでにパートの正社員登用を行っておりますが、その規定をあらためて就業規則に明示することは義務付けられているのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
    「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持っているのでしょうか。アンケートよりひも...
  • パ-ト・アルバイトの正社員登用(転換)で企業を強くする
    パ-ト・アルバイトの働きぶりを適正に評価し、正社員との処遇バランスを考えたときに、優秀なパート・アルバイトは正社員登用(転換)に行きあたる。正社員登用(転換)制度は定着したのか? 平成23年版『パートタイマ-白書』から、正社員登用(転換)のメリットと課題が見えてきた。
  • 若手社員の不足 どう解決するか
    労働力調査(総務省)の平成25年平均結果において、非正規雇用で働く25歳から34歳の者が現職に就いた理由で最も多いのは、「正規の職員・従業員の仕事がないから」。その割合は3割を超え、他の年齢層よりも高く、不本意な形で非正規雇用に身をおいている者が多いことがうかがえます。その一方、人材不足、特に“若者...
あわせて読みたいキーワード
改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
限定正社員
「限定正社員」とは、勤務地や仕事内容、勤務時間などを限定して働く正社員のことで、従来型の正社員とパート、アルバイトなどの非正規社員の中間的な雇用形態を指します。転勤や残業、職務変更がないため、子育てや介護などの事情で働く時間と場所に制約がある人でも働きやすい、という特徴があります。通常の正社員と比べ...
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/25
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。