企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

振替休日の対象となる労働日を時間単位での加算できるかどうか

はじめまして。
いつも大変参考にさせていただいております。
現在、弊社の制度について検討をしております。
そのなかで振替休日の取得についてわからないことがありましたので、相談させてください。

週休二日制(法定外休日を土曜日、法定休日を日曜日で規定)をとっておりますが、
業務上、休日に数時間出勤が必要となる場合が定期的にあります。
その場合、土曜日の2〜3時間の出勤を何日か合計して、1日の振替休日として取得することは可能でしょうか?
土曜日の出勤については定例的なもので、従業員も了承しています。

どうぞよろしくお願いします。

投稿日:2020/09/16 13:48 ID:QA-0096785

kp-b-yさん
神奈川県/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

振替休日とは、事前に、休日と労働日を入れ替えることをいいますので、不可能です。

代休制度として、ご質問の内容を規定化すれば、代休としては可能です。

投稿日:2020/09/16 18:23 ID:QA-0096800

相談者より

ご回答ありがとうございます。

仮に何日かの出勤日と休日を全て事前に定めたとしても、それは振替休日の要件である「事前に」には当てはまらないのでしょうか?

お手数おかけしますが、教えていただければと思います。

投稿日:2020/09/18 11:06 ID:QA-0096842大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、法定休日が確保されていれば、法定外休日の振替を行なっても問題はございません。

しかしながら、当事案の場合ですと、1日数時間の勤務を合算し所定労働時間に達するまで事前に休日を指定する事は困難である事から、実態としましては代休といった方が妥当といえます。(勿論休日労働割増の支給義務が生じるわけではございませんので、どちらでも実務上の違いは発生しません。)

また、土曜出勤の結果としまして週40時間を超える労働時間となった場合には、上記に関わらず時間外労働割増賃金の支給義務が発生しますので注意が必要です。

投稿日:2020/09/16 20:06 ID:QA-0096805

相談者より

ご回答ありがとうございます。

丁寧な内容で、とても参考になりました。一点、小高先生にも質問をさせていただいたのですが、1日数時間の勤務が定例的なものなので、予め全ての出勤日と休日を指定しておいたとしても、これは事前に指定することにはならないのでしょうか?

お手数ですが、よろしくお願いします。

投稿日:2020/09/18 11:09 ID:QA-0096843大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、事前に全て指定されており、かつ実際に休日もその通り取得されているという事でしたら、振替休日に近しいとはいえるでしょう。

しかしながら、原則としまして休日は暦日単位で取り扱う事か求められますので、時間単位の勤務を合わせて休日とされる場合には、元々の休日数が減っている事になりますので、通常の振替休日と同じとまではいえないでしょう。

但し、先の回答の通り振替休日であっても代休であっても、法定外休日であれば特に実務上での相違は発生しませんので、特に気にされる問題ではないものといえます。

投稿日:2020/09/18 17:15 ID:QA-0096853

相談者より

ありがとうございます。
今後の運用において参考にさせていただきます。

投稿日:2020/09/21 10:53 ID:QA-0096884大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

角五楼さん
神奈川県/ 

専門家への補足ですが、

未到来の休日と労働日の日付を指定して、入れ替え指令することを振替休日といいいます。そうすることで、元休日は通常の労働日となり、元労働日は休日となります。ようするに、契約・労働条件の変更にあたります。

日を単位にして入れ替え指令するところ、時間を単位に切り抜いては労働日休日の入れ替えようがないのです。もっとも、休日は休日のまま同一週の時間単位の入れ替えであれば、週40時間枠にひっかかりませんので、いかようにでも処せます。

が、入れ替えが週をまたぎますと、時間外(週枠40時間、場合によっては休日)割増賃金の発生を見、それだと代休の制度とかわらず、振替休日指令のうまみはほとんどありません。正規の振替休日でも週をまたぐ場合も同様に割増の発生を見、うまみはありません。ご質問も複数の土曜を対象にしてらっしゃるので、時間外労働の発生を見逃していないか、今一度見直しをおすすめします。

投稿日:2020/09/18 18:06 ID:QA-0096858

相談者より

ありがとうございます。
実際の運用において見落としが無いように注意しながらやっていきたいと思います。参考になりました。

投稿日:2020/09/21 10:54 ID:QA-0096885大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
出勤日の数え方について
お世話になります。 当方では、出勤日を1日、0.5日というように、 最小出勤単位を「半日(0.5)」として数え方をして処理しています。 やむを得ず休日に2時間だけなど、半日に満たない出勤がある場合 出勤日数はどのようにカウントすればよいのでしょうか。 よろしくお願いします。
振替休日について
振替休日についてご質問させて下さい。休日出勤する前に、当該休日出勤日後の出勤日を休日とするのが振替休日制度だと認識しておりましたが、休日出勤が決定した段階で、当該休日出勤日前の出勤日を休日とすることも可能なのでしょうか?
有給休暇と休日出勤について
賃金についての質問にご意見をいただきたいと思います。 法定休日の定めは無し。 日曜日から土曜日の一週間で月曜日から金曜日の5日間を年次有給取得中。 上記の時に、土曜日に8時間の出勤をした場合、日曜日から金曜日の実労働がなく、法定外休日の出勤ですので、時間外割増の支払は無いですが、土曜日に出勤した8...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
  • 人事制度とは
    人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
あわせて読みたいキーワード
振替休日
「振替休日」には、大きく分けて労働基準法上の振替休日と、カレンダー上の振替休日があります。このうち、労働基準法上の振替休日の意味を理解していないと、給与計算を間違えたり、トラブルになったりすることがあります。また、休日の割増賃金が発生する「代休」との違いについての理解も欠かせません。これらは賃金の増...
出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
代替休暇制度
2010年度から施行された改正労働基準法では、1ヵ月60時間を超える時間外労働に対する法定割増賃金率を現行の25%以上から上乗せして、50%以上に引き上げました。「代替休暇制度」とは、この上乗せ部分(25%)の割増賃金の支払いに代えて、有給の休暇を付与するしくみです。同制度を導入するためには、代替...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。