企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

派遣期間満了までに派遣先の後任者に担当業務の引継ぎは必須か?

当社社員を労働者派遣として派遣しています。
このたび、派遣期間満了が近づいたのに伴い、派遣先から派遣先の後任社員に引継ぎを指示されています。
担当業務(〇〇保全業務)に関する内容ではありますが、個別契約書の業務内容欄には「引継ぎ」までの記載はありません。
引継ぎは帰任にあたる必須業務となりますか?

投稿日:2020/06/02 15:17 ID:QA-0093823

しもさん
福井県/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

派遣元(自社)に通知を

▼通常、何らかの引継が必要ですが、業務の性質上、引継不要の場合も十分あり得ます。念の為、確認してもよいでしょう。
▼確認しておかないと、何となく落ち着かなければ、派遣元(自社)にその旨、通知しておけばよいと思います

投稿日:2020/06/03 10:35 ID:QA-0093845

相談者より

ご回答有難うございました。
結局は、派遣元としては指示を受けるべきなのか、受けるのはおかしいのか、どちらでしょうか?

投稿日:2020/06/03 13:15 ID:QA-0093856あまり参考にならなかった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

引き継ぎについて、派遣先が求めているレベルにもよりますが、
ある程度は、周辺業務として、要求されるケースはあります。

必須業務かどうかは、業務内容によります。
引き継ぎを要求されるということは、それだけ、ユニークな内容であったということかと思います。

投稿日:2020/06/03 11:49 ID:QA-0093850

相談者より

ご回答有難うございました。

投稿日:2020/06/04 07:57 ID:QA-0093891大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

そもそも、業務の引継ぎはどの法律にも根拠はなく、個別契約書にも「引継ぎ」の記載がないのであれば、あえてする必要はございません。

ただ、派遣先からスムーズに帰任するためにも、やらないよりはやったほうが、後々のことを考えた場合、望ましいことではあるでしょう。

その程度の話ですから、契約にないということで拒否することは可能です。

投稿日:2020/06/03 13:35 ID:QA-0093858

相談者より

ご回答有難うございました。

投稿日:2020/06/04 07:56 ID:QA-0093890大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

内容

指示書にない業務は必須ではありませんが、業務内容が一般的な事務だったり内容によっては、常識の範囲内で引き継ぎはしていると思います。著しく特別な対応であれば拒否できるでしょうが、単に情報伝達程度であれば要求するクライアントは普通にいるのではないでしょうか。原則ではなく実態で判断するしかないでしょう。

投稿日:2020/06/03 13:42 ID:QA-0093859

相談者より

ご回答有難うございました。

投稿日:2020/06/04 07:58 ID:QA-0093892大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、「引継ぎ」に関しましては業務内容自体を指す文言ではなく、単に業務遂行の一つの形式を表しているものに過ぎません。労働契約書上でも、業務内容の項目として「引継ぎ」が書かれている事は通常ないはずです。

従いまして、派遣労働者であるか否かに関わらず、通常であれば後任者へ実務上必要と思われる業務内容の引継ぎについて当然に行う義務があるものといえるでしょう。勿論、そうした時間につきましては派遣契約に基づく労働時間として取り扱われるものとなります。

投稿日:2020/06/03 17:47 ID:QA-0093876

相談者より

ご回答有難うございました。

投稿日:2020/06/04 08:39 ID:QA-0093896大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
業務引き継ぎの期間について
退職前の業務引継ぎ期間を 2ヶ月から3ヶ月にしたときの 問題点について質問させてください。 退職前の業務引継ぎ期間に関する規定がないため、 新設する予定です。 業務引継ぎ期間を2、3ヶ月として、 「業務引継ぎ期間3ヶ月を確保した上で退職の申出を 行うようにする」といった規定を 設けることは問題な...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
  • 人材派遣をめぐる「法律」と「対応」
    人材派遣は「禁止の例外」?労働者派遣法のあゆみと派遣労働者をめぐる環境
  • 派遣スタッフへの対応
    派遣スタッフに気持ちよく働いてもらうために心掛けておくこと
あわせて読みたいキーワード
労働契約申込みみなし制度
「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の...
紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。