企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34232

有給休暇消化中に再就職が決まった場合の有給休暇残の扱いは?

3月末で退職が決まった社員が有給休暇消化中に新規採用が決まり、3月20日から新しい会社で勤務することになりました。そのため有給休暇の残を消化しながら新規の会社で勤めたいと申し出てきました。会社の就業規定では兼職は禁じています。有給休暇残の取扱はどうすればよいでしょうか。

  • ふっちゃんさん
  • 大阪府
  • 食品
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2020/03/10 10:37
  • ID:QA-0091264
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/03/10 16:08
  • ID:QA-0091277

代表者

買上げは違法ではなく、税法上のメリットも大きい

▼結論的には、退職時に未消化の有休を買い上げることは違法ではありません。その際の税法上の扱いは、大幅な控除が受けられる「退職所得」となります。
▼本事案も、前後の事情を勘案すれば、上記に該当すると思われますので、退職日を以って買上げてあげるのが賢明でしょう。
▼因みに、勤続年数が20年以下の場合でも、控除額は、40万円 x 勤続年数と優遇度が大きく、実際には、非課税になる場合が多い様です。

  • 投稿日:2020/03/10 16:17
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/03/10 20:16
  • ID:QA-0091285

人事・経営コンサルタント

状況

退職決定時にどのような取り決めだったのか、貴社就業規則が兼業を認めているかなど、状況によります。
取り決めを無視して前倒し入社となった場合や、兼業が認められないのであれば、当初の合意通りに辞めていただくか、好意で有給買い上げもできます。

  • 投稿日:2020/03/11 11:20
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
兼業は認めていませんので本人と話し合い、退職日を早めてもらいます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/03/11 22:39
  • ID:QA-0091319

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、あくまで3月末が退職日ですので、就業規則上の兼職禁止に反する事になります。

但し、退職日を繰り上げて年休を買い取りする事は可能ですので、そのような措置を取られるのが現実的な対応といえるでしょう。

  • 投稿日:2020/03/12 10:18
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2020/03/12 08:57
  • ID:QA-0091327

オフィスみらいさん
  • 大阪府
  • その他業種

退職するにあたって、結果的に残った有給残日数は買い上げることは可能です。

就業規則に兼業禁止の定めがあるのであれば、3月19日付退職で本人と話し合えばよいでしょう。

ちなみに、有給休暇を1日いくらで買い上げるかは会社の自由ですが、退職日を前倒しする以上本人の希望も尊重すべきかと存じます。

  • 投稿日:2020/03/12 10:18
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
災害時の臨時休業日に有給休暇を出していた社員への対応
大型台風により会社を臨時の休業日としました。その際、偶然にも事前に有給休暇の申請を出している社員がおりました。その際は臨時とはいえ会社が休業になったので有給休暇は消化されないという対応が一般的なのか。休業日だが通常通り、有給休暇を一日消化したとするのが一般的なのか、どうなのでしょうか。
有給休暇日数について
就業規則に定められた有給休暇日数が、部長以上と、それ以外の社員とで異なります。 部長以上は日数が多いのです。 これまで勤めていた会社では日数は社員一律でしたが、よくあることなのでしょうか。 ご教示のほど、よろしくお願い申し上げます。
有給休暇の先取り
いつもお世話になります。 来年度から有給休暇義務化が施行されますが、これに対して我が社では一斉付与を考えています。 (会社のカレンダーに入れる) そこで問題になるのは、新入社員、中途社員など有給休暇がまだ付与されていない社員に対して、 特別有給休暇というような、表現をネットで散見いたしました。 特別...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
    今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということについてうかがいました。
  • 利用者急増!退職代行会社等が関与する場合の留意点
    最近、本人に代わって退職の手続きを行う「退職代行業者」が話題になっています。もし、従業員から退職代行業社を通じて退職届が出されたら、どのように対応すればよいのでしょうか。実際の例を紹介しつつ解説します。
  • 「働き方改革」の弊害か……見失いたくない転職の目的
    働き方改革の重要性が叫ばれる中で、転職の際に「ワークライフバランス」を重視する人が増えている。一年前に人材紹介会社を訪れたAさんもその一人だった。しかし、ワークライフバランスを気にしすぎるがあまり、Aさんは転職活動をはじめた本当の理由を見失ってしまったようで――。
あわせて読みたいキーワード
有給休暇
2019年4月から、労働者に対して年5日の年次有給休暇を確実に取得させることが使用者の義務となりました。有給休暇は、労働者の働き方を考える上で大変重要ですが、使用者側からは「取得時季を変更させたい」「有給休暇取得時の理由を聞いてもよいのだろうか」といった声も聞こえてきます。ここでは、現場からの疑問や...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...