企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13819件   回答数29126

従業員から取締役へ就任した者の賃金と役員報酬について-2

従業員から役員へ就任した場合の賃金及び役員報酬の取扱いについて質問させてください。
意図している運用内容は、以下のとおりです。

・従業員から役員に選任された月度は、従業員給与のみを従前月度同様満額支給し役員報酬は支給しない。
・従業員から役員に選任された者の退職日は、選任された月の末日とする。
・役員報酬は選任された翌月から支給する。

上記の成立にあたり、役員規程等の会社諸規程に下記内容を規定することとします。

・役員への就任日は、株主総会において決議のあった日とする。
・社員が役員に就任する場合は、就任月の末日をもって社員の資格を失う。
・役員の報酬は、原則として役員報酬のみとする。
・役員の報酬は、原則として年俸制とし、毎月の支払は年俸を12等分した額とする。
・役員に選任された日が属する月の末日までは、社員給与を支給し、役員に選任された日が属する月の翌月から役員報酬を支給する。

以上について、不整合や懸念点が見当たらないか、アドバイスを頂きたい次第です。

宜しくお願い致します。

  • 総務マンさん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2019/02/01 14:42
  • ID:QA-0082074

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/02/01 20:34
  • ID:QA-0082090

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、人事労務の観点からしますと不整合等はございません。

他方、役員就任の取扱いにつきましても特に問題はなさそうですが、こちらにつきましては会社経営関連の事柄になりますので、公認会計士または法務担当にご確認される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2019/02/04 15:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

本件質問の趣旨が、従業員給与と役員報酬の切り分けと、従業員給与未払などの問題発生回避でしたので、これらが確認でき大変助かりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/03 20:43
  • ID:QA-0082101

代表者

就任日に必要な本人承諾は?

▼取締役の就任契約は「委任に関する規定に従う」とされています(会社法330条)。従って、 就任日は、取締役が会社の委任契約の申込みに対して、承諾した時です。登記もこの「承諾の日」を就任の日としています。
▼「株主総会において決議のあった日」は、必ずしも、「本人の承諾があった日」と同義ではないと思いますが、どの様に整合化されるのでしょうか?

  • 投稿日:2019/02/04 15:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

言葉足らずで失礼いたしました。
就任日については、株主総会議事録又は就任承諾書のいずれかにおいて明確にし、これを前提とした規定内容とすることとしたいと思います。
この場合、質問時の文言「役員に選任された日」については、「役員に就任した日」ということになるものと理解しております。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
役員の降格
役員を社員に降格させた場合について質問です。 降格により役員が社員に戻る場合、役員就任前の社員としてのキャリアは継続せず 新たに中途で社員を採用したのと同じような扱いになるのでしょうか?な お、役員就任期間は6年です。 また、役員の退職慰労金を支払った場合は、退職金控除を受けることできるのでしょう...
役員報酬の賞与の損金扱い
役員の賞与は損金扱いできないと聞いております 現在は役員報酬規定はありません。 役員は現在賞与支給してません。 今後役員特別手当を6月と12月に支給する場合。 支給額 6月 100分の160 12月100分の160 上記内容で役員報酬を規定しても賞与とされ損金扱いはできないでしょうか よろ...
役員に対する帰省旅費について
弊社では、単身赴任をしている社員に対し、帰省旅費を支給しています。 現行、役員に対しては支給しておりませんが、役員に対して支給することは、 何か問題があるのでしょうか。 その点について、アドバイスをいただけないでしょうか。 よろしくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 常勤役員の報酬・賞与等の最新実態――年間報酬の額、賞与の割合など
    成果主義やコーポレートガバナンスの高まりの中、役員報酬の業績への連動や退職慰労金の廃止など、役員の報酬制度に関する見直し・再構築の動きが急速に進んでいます。こうした中、労務行政研究所では「役員の報酬・賞与、退職慰労金などに関する調査」を実施しました。本調査は1986年からほぼ毎年行っているものです。...
  • 2013年役員報酬・賞与等の最新実態
    労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っています。本記事では、その最新調査結果の中から「常勤役員の報酬・賞与の水準」「業績連動型報酬の導入状況」を中心に、取り上げます。
  • 報酬制度の実際
    大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...