企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13637件   回答数28716

無期労働契約へ転換した社員に適用する就業規則について

いつもお世話になります。

当社のパート社員用の就業規則では、『本規則に定める労働条件は、期間の定めのない労働契約での雇用に転換した後も引き続き適用する 』と定め、無期労働契約へ転換した後もパート社員用の就業規則を適用する旨、定めています。

ですので、当社では無期労働契約へ転換した場合、給与形態は時間給のままで、単に雇用契約の更新が無くなり無期労働契約になるというだけになります(無期のパートタイマーのような形です)。

よって、無期労働契約に転換した社員については、「退職や解雇」「労働時間や休憩、休日」「時間外及び休日勤務」「有給休暇や特別休暇の休暇」「育児休業や介護休業」「賃金の計算方法や支払日」「服務」「福利厚生」「健康診断等の安全衛生」「慶弔見舞金」などの規定は全てパート社員の規定を適用することとなります。

※ 退職に関しては、無期労働契約へ転換した社員の定年は満60歳の誕生日と定め、無期転換していないパート社員についても契約を更新する場合の年齢上限を満60歳までとしています。そして、それぞれの社員より希望があれば、1年更新で65歳まで継続雇用をするという規定としています。

このように無期労働契約へ転換した社員に『パート社員の就業規則を適用する。』と定めることは問題ないと考えて良いのでしょうか?また、もし、問題点があるとしたら、どのような点が問題となるのか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

  • newyuiさん
  • 神奈川県
  • その他業種
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2019/01/07 08:43
  • ID:QA-0081348
この相談に回答する(会員登録)
『日本の人事部』に会員登録するとこの質問に回答することができます。
現場視点の解決ヒントやアイデア、事例などを共有していただけませんか?
既に回答が付いている相談でも、追加の回答は可能です。皆さまのアドバイスをお待ちしています!

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/01/07 10:55
  • ID:QA-0081353

代表者

無期転換後も有期社員の就業規則の継続適用には合理的事由が必要

▼ 無期労働契約への転換後は、それまでの有期契約であったが故に、適用されていた労働条件は、その存在理由が無くなります。
▼ それでも、尚、差別的条件を含むパート社員の就業規則を適用し続けるには、それなりの合理的事由の存在と説明が必要となります。

  • 投稿日:2019/01/07 12:11
  • 相談者の評価:参考になった

いつもお世話になります。
ご回答ありがとうございます。

ネットで検索しても、あまり無期転換後の就業規則について具体的に定めたものがありませんので、よく分からないのですが、

例えば、1日6時間、週4日勤務のパート社員が無期転換した場合、正社員より労働時間、勤務日数が少ないのに正社員の就業規則を適用するというのも疑問を感じますし、正社員のように責任を負わされることが重荷になる方もいるでしょうし、転勤や異動を好まない方も居ると思いますが、正社員の就業規則を適用しなければならないなど決まりはあるのでしょうか?もしくは、一言では言い表せないかも知れませんが、どういった就業規則が望ましいのでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/07 15:09
  • ID:QA-0081367

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

無期転換後の労働条件は、従前のままということでも問題はありません。

  • 投稿日:2019/01/07 15:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもお世話になります。
大変参考になりました。
有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/07 21:07
  • ID:QA-0081391

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働条件としましては現状規定の適用で特に差し支えございません。尚労働条件を変える事も可能ですが、その結果業務負担が重くなれば無期転換社員を困惑させることにもなりますので慎重に対応されるべきといえます。

但し、雇用形態が変わる事から「パート社員の…」という文言をそのまま使用するのは混乱を招きかねませんので、「従前の労働条件を適用する」といった定め方が望ましいといえるでしょう。

  • 投稿日:2019/01/08 10:26
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもお世話になります。
大変参考になりました。
有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/07 22:32
  • ID:QA-0081405

人事・経営コンサルタント

労働条件

無期転換は契約期間以外の労働条件変更を意味しませんので、実質『パート社員の就業規則を適用する。』ことになります。
ただパートはあくまでパート=有期雇用なので、こうした事例が出る以上、必要箇所の修正を加えた基本同様内容で無期転換社員無期の就業規則を作っておかれてはいかがでしょうか。

  • 投稿日:2019/01/08 11:14
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもお世話になります。
大変参考になりました。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/08 12:06
  • ID:QA-0081428

代表者

短時間労働が変わらなければ、現行の定めに追記するだけで問題はない

▼ 「無期転換」を、所謂、「正規社員への転換」と解釈した上でのコメントでした。短時間労働者のステータスは、その儘であれば、無期転換に関する定めに追記の上、ご思案通り、「パート社員の就業規則を適用」されても、格段の問題はないと考えます。

  • 投稿日:2019/01/08 14:05
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもお世話になります。
大変参考になりました。
有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
就業規則の届出について
弊社は社員数300名強。全国に数十箇所の支店を持っていますが、それぞれの支店は社員が10名おりません。 このような場合でも、すべての事業所で就業規則の届出を行なわないといけないのでしょうか?
パート社員の60歳以降の雇用について
パート社員には、60歳定年制を就業規則で定めています。 60歳を超えても、本人が働きたいと申し出たら、雇用延長をしなければならないと 現在、法律で定められているのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
『日本の人事部』注目のセミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

【ご案内】東京テレワーク推進センター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:01/01~01/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新春!2019年注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!



『日本の人事部』注目のセミナー特集

新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...