企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13550件   回答数28480

固定残業代

いつもお世話になっております。
現在、当社では固定残業代として、¥25,000、¥30,000 、¥50,000とキャリア階層別に
業務手当として支給しておりますが年に1度、本人に対して給与明細にて「業務手当¥50,000
は○○時間分の残業代です」という内容で通知しております。
・上記の各金額は固定ですが相応する残業時間が人によって異なる
・現状、始業時間、終業時間は記録も打刻もなく出勤したかしていないかの本人証印のみ
・従って、いわゆる超過分残業時間が不明なので支給されません
・現状殆どの従業員が超過するような終業時間ではなく不満も出ておりません。
①とにかく時間管理(始業終業時間・残業)は必須と思われます。
②時間管理をすれば当然部分的に超過残業も表面化され、未払いも表面化されます
③時間比例残業制にすれば月給が減給になる従業員が多く不利益な改訂になります。
その為、時間固定(26時間)の固定残業を保守しつつ超過分はきちんと支給するうえで
それでも月額が減額になるケースが出ると思われますが何%減額までが許容範囲でしょうか?
又、別の方法での改訂方法があればご教示ください。
宜しくお願い致します。

  • tommy$$$さん
  • 兵庫県
  • 半導体・電子・電気部品
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2018/06/12 09:45
  • ID:QA-0077149

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/06/12 10:12
  • ID:QA-0077155

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、少しでも減額となれば労働条件の不利益変更になりますし、また減額が何パーセントまでであれば許容されるといった法的基準も特にございません。

対応としましては、まずは不利益変更を問われないよう現行の固定残業代の各自の支給額については補償されるべきです。どうしても無理の場合ですと、当人と相談の上原則として同意を得て変更される事が求められます。

その上で、固定残業代を適法な内容とする為、会社側によるタイムカード等を利用した適正な労働時間管理は勿論、各労働者の固定残業代の相当時間数を明確にされること、固定残業代の制度について就業規則で明示されることが求められるものといえます。

  • 投稿日:2018/06/13 08:39
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもありがとうございます、ご教示頂いたように先ずは時間管理の仕組みから整えます。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/06/12 11:33
  • ID:QA-0077161

人事・経営コンサルタント

固定残業

時間単価が下がらなければ不利益ではないという意見がありますが、固定残業制では生活給的側面が強いことから不利益変更となる想定で臨むべきでしょう。その%など判断はできません。
社員の理解を得る交渉手段として、経過措置で差額分を1年間手当などで渡す方法もあります。
まずは勤怠時間管理をしていないという危険な状況を改善することから始め、社員にも残業は勝手にするものではなく、上長はそうした時間管理責任があることなど大きく意識改革することを先行させて、これを機に社員の働き方も見直すことが重要だといえます。

  • 投稿日:2018/06/13 08:51
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご返答ありがとうございます。経過措置の差額据え置きの場合や固定残業手当を残しつつ超過分は正しく支給する場合、その固定残業手当について現状の金額固定から時間固定に変更する場合の時間設定は何か規定等はあるのでしょうか?現状平均では30.6時間分となっており上限は47時間、下限は16時間となっています。ご教示頂けたら幸甚です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/06/12 21:19
  • ID:QA-0077169

代表者

本来の、「実態に沿った時間外賃金」という原点に戻すのが、正攻法

▼ 先ず、御社の「固定残業代」というのは、法定の「事業外労働」や「裁量労働」ではなく、法定外の「看做し時間外労働制」だと、見受けます。
▼ この場合、その制度が合法とされる為には、色々な制約条件をクリアしなければなりません。
① 看做し時間外労働とされる時間数の確認
② 時間数を超えている場合は、割増を含む金額の支払
③ 時間数に達しない場合でも、制度化金額の保証
▼ 結局、そのツケは、看做しではなく、「実態に基づく割増を含む金額を保証」、その結果は、「本来不要な人件費増」と「期待されていた支給作業の削減不能」ということになります。
▼ 従い、大幅な、激変緩和措置が必要、作業も大変になりますが、本来の、「実態に沿った時間外賃金」という原点に戻すのが、正攻法だと思います。「時間固定(26時間)の固定残業を保守しつつ・・」という小手先の対処では、何時まで経っても、異物混入の状態から抜け出せないと思います。

  • 投稿日:2018/06/13 09:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご連絡頂きありがとうございます。元来は現状の業務手当を職能給に含みそのまま比例残業制にするのが正論だと思います。しかしそうなると人事考課からの資格等級のバランスがくずれます、又、業務手当という名目で残した場合その趣旨、手当の意味合いは不透明になり従業員間での不平不満が想定されます、業務手当を無くしそのまま比例残業制にすれば50%以上の社員の月額が5万から2.5万減給となります。そういった中、現状の業務手当を改訂し各々30時間分の残業代に変えて月額差を最小限におさえつつ説明できる給与明細にしたいのですがアドバイス頂けたら幸甚です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
休日にかかった深夜残業
いつもお世話様です。 さて、質問させてください。 当社は土日はお休みなのですが、たとえば金曜に残業をして、そのまま土曜の深夜2時まで残業した場合、土曜になってしまった2時間分の残業単価は、休日単価として支払わなければいけませんか?それとも、金曜の続きで残業したのだから、平日の残業単価でよいのでしょう...
みなし残業手当と休日手当について
お世話になっております。 質問ですが、 弊社では、みなし残業手当を支給しています。これは月45時間の残業分(125%)としています。 そこで、休日出勤した場合についてですが、例えば、ある月の休日出勤以外の残業時間が30時間で、休日出勤が20時間であった場合、20時間のうち15時間はみなし残業の時間...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「残業手当」100%支給にこだわる求職者
    裁量の範囲が大きいオフィスワーカーや開発職などで、「みなし労働時間制」を導入している企業は多くあります。ところが最近、残業手当の有無や支給状況を気にする人が現れてくるようになりました。勤務時間が長くなりがちなIT業界、特にエンジニアなどにその傾向が目立つといいますが、その理由とは――。
  • 生活型、付合い型、独りよがり型、抱え込み型…etc “タイプ別”残業時間削減のテクニックとその進め方
    残業を削減するには、まずは社員の働き方を検証、見直し、恒常型残業を削減することから始めなければなりません。本記事では、日本能率協会総合研究所の広田 薫氏が「残業削減に向けた基本的な考え方」や「残業の九つのタイプ-その傾向と対策」など、具体的な事例を挙げながら、詳しく解説しています。
  • 「残業時間削減」を考えるときに読んでおきたい記事6選
    働き方改革の重要性が叫ばれる現在、従業員の残業時間削減は、多くの企業にとって重要な課題となっています。しかし、残業時間削減の目的や、残業が発生している原因を明確にしないまま施策を実施しても、その効果は一時的なものにとどまってしまい、根本的な解決にはつながりません。人事には、自社の問題をしっかり見極め...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:12/01~12/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...