企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13444件   回答数28198

宿日直手当の支給について

当社の宿日直規程では、次の通り規定しています。(当社は土日が休みの会社です。)
 保安・警備上、宿日直させる。(実体として、労務は伴わず、郵便物の受取り、たまにかかってくる電話の応対、建物設備の異常等の対応であり、職員は読書、テレビ鑑賞等しています。)
 日直は休日および平日の8時30分から17時30分まで
  手当は曜日によって、4700円から5900円の間
 宿直は休日および平日の17時30分から翌朝の8時30分まで
  手当は曜日によって、4700円から5900円の間
現在、当社では、営業日でない土日に建物内の清掃、工事等を行う場合、職員を立ち会わせており、当該職員は実体としては労務にはあたっておらず、休憩しながら清掃・工事を待っている状況です。
そこで、当該職員に対しては、労務にあたっていないことから、時間外手当を支給せず、労働時間としてもカウントせず、立会の時間(1時間~最大8時間程度)に関わらず、前述の宿日直手当を一律支給すると方法で対応してきました。
 今さらながらですが、清掃・工事立会いについては、時間外労働としてカウントして、時間外手当を支給すべきでしょうか。宿日直手当の支給については、労基に「断続的な宿直又は日直勤務許可申請書」の提出が必要ですが、当該書類には宿日直の開始・終了時刻の記載が必要です。清掃・工事の立会であれば、開始・終了時刻は予め決まるわけもなく、「断続的な宿直又は日直勤務許可申請書」の提出が不可能ではないかと考えます。
 労務を全く行っていなくても、時間外として処理すべきでしょうか。
 なお、清掃立会であっても、ついでに仕事を行うようなケースであれば、時間外として対応しています。

また、前の質問と同様ですが、冬季の土日で積雪が発生した場合、月曜日の来店客駐車場に車を停められないことから、土日に1~2時間程度、職員に対して、会社命令として除雪作業に当たらせています。当該職員に対しては、清掃手当(30分につき、800円から1100円)を支給しており、時間外手当は支給せず、労働時間としてもカウントしていません。この取り扱いもおかしく、労働時間としてカウントし、時間外手当支給することが正しいのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

  • 人事担当1年目さん
  • 兵庫県
  • 銀行業
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2017/11/09 08:01
  • ID:QA-0073371

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/11/09 13:09
  • ID:QA-0073380

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

宿日直は、申請により、時間外、休日労働の適用除外者とされます。その際に、宿日直手当は、概ね通常社員の1/3程度の手当が支払われていることとされています。

ですから、宿日直ということであれば、時間外手当は支給する必要はありません。

宿日直の開始・終了時刻の記載については、立会の時間ではなく、17時30分から翌朝の8時30分までなど宿直の時間を記載します。

除雪作業も同様です。むしろ相当の清掃手当を出しているので誠意あると思われます。

  • 投稿日:2017/11/30 13:23
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうごさいます。
頂いた意見を踏まえ、社内で再検討します

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/11/09 20:32
  • ID:QA-0073407

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まず前段のご質問につきましては、労基に「断続的な宿直又は日直勤務許可申請書」の提出をされ許可を貰っていない以上、勝手に自社判断のみで労働時間でない扱いをされる事は認められません。従いまして、現状のままであれば直ちに通常の労働時間と同じ扱いで賃金計算をされ支給される事が必要です。

その一方で、今後につきましては、業務内容からも申請をされることで許可を受け労働時間の適用除外とされる事は可能といえるでしょう。その際の始業・終業時刻ですが、宿日直全体を指すものですので、清掃・工事の立会時刻を記入されるのではなく、就業規則に記載されている待機の時間も含めた時刻を記載すれば問題ございません。

一方、後段の除雪作業の件ですが、こちらは前段の業務とは全く異なり、労働密度の希薄な業務ではなく明確に作業時間も計算出来ますので、きちんと労働時間扱いで賃金支払いをされることが不可欠です。

  • 投稿日:2017/11/30 13:24
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。頂いた意見を踏まえ、対応を検討します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日~平日に跨ぐ出勤
いつもお世話になっております。 法定休日から平日にかけて出勤した場合の残業手当に関して、質問します。 例えば、休日の22時から、翌日(平日)の9時まで勤務した場合、残業手当は22時から8時間を超えた勤務時間に対して支給する義務があるのか、或いは平日の0時から8時間を越えた勤務時間に対して支給すれ...
時間外手当の基礎額について
いつもお世話になります。 時間外手当の基礎算出額についての質問です。 弊社では、リーダーという役職者に対し、リーダー手当を支給しております。 原則として、この手当は時間外の基礎算出額に含まれるべきだと思うのですが、社内で確認した結果、この手当は役職手当ではなく、職務手当であり、みなし時間外労働手当...
時間外手当の定義
いつもお世話になります。以下ご質問です。よろしくお願いします。 初歩的な質問なのですが、「時間外手当」というのは、1日8時間を超えた場合や週40時間を超えた場合に支払う残業代、および会社が定めた所定休日に出勤し、その労働が1日8時間、もしくは週40時間を超えた場合に支払われる残業代を指すという認識...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 燃料手当、寒冷地手当の設定内容と改定状況――支給状況、改定頻度、手当額の決定方法など
    原油価格高騰に伴い灯油、ガソリンなど石油製品価格が値上がりを続けていることを受けて、労務行政研究所では、2007年12月に「灯油、ガソリン高騰下における燃料手当、マイカー通勤手当の対応アンケート」としてウェブによる調査を実施しました。本記事では、同アンケートで調べた燃料手当、寒冷地手当に関する設定内...
  • 報酬制度の実際
    大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?
  • 「残業手当」100%支給にこだわる求職者
    裁量の範囲が大きいオフィスワーカーや開発職などで、「みなし労働時間制」を導入している企業は多くあります。ところが最近、残業手当の有無や支給状況を気にする人が現れてくるようになりました。勤務時間が長くなりがちなIT業界、特にエンジニアなどにその傾向が目立つといいますが、その理由とは――。

定番のQ&Aをチェック

有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

優秀な人材確保のために、女性活躍推進を! タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...