企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13552件   回答数28480

中途採用者の年次有給休暇の繰り越し日数について

当社前提条件
・有休付与基準日 毎年1月1日
・中途採用者は入社月に応じて入社日に付与あり
就業規則に「年次有給休暇は翌年に限り繰り越すことができる(最大21日)」とあります

中途採用で2017年9月に入社した方に入社日に7日間付与しています。
2018年1月1日に18日付与がありまして、
年休は1日も使用していないので、合計25日となります。
2019年1月1日に19日付与が予定されていまして、
1日も使用しなければ、7+18+19で44日となると思います。
しかしながら、就業規則で最大21日とあるので、21+19で40日となりますか?

要は年次有給休暇の有効期限(2年間)にかかわらず、
就業規則で繰り越し日数を決めて運用することに
コンプライアンス上問題あるかどうかというところです。

よろしくお願いします。

  • まくれさん
  • 東京都
  • 電気・ガス・水道・エネルギー
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2017/10/30 12:41
  • ID:QA-0073182

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/30 13:17
  • ID:QA-0073187

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働基準法第115条におきまして「この法律の規定による賃金(退職手当を除く。)、災害補償その他の請求権は二年間」有効になると定められています。年休繰り越し分の請求権につきましても、この条文内容が適用されることになります。

従いまして、法律に違反する内容を就業規則で定められても当然無効になりますので、入社時に付与された年休に関しましては2019年9月の2年経過時点まで消滅しません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/30 16:17
  • ID:QA-0073196

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

まず、有給の労基法に比較しての前倒し付与ですが、前倒しはかまいませんが、初年度の付与日が次年度の付与日となりますので、2018/9/1に付与しなければなりません。

次に、有給の事項についてですが、労基法を上回る日数ににつきましては、会社のルールでかまいませんので、就業規則に労基法を上回る日数については、1年限りとするなどの記載があれば、それはそれでかまいません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
有給付与日の統一時の就業規則記載について
いつもお世話になります。 現在、有給休暇は入社6か月後その1年後に各々付与しているため 付与日がばらばらになっております。 今回付与日を4月1日、10月1日にする場合、 就業規則にもその旨を記載したほうがいいのでしょうか。 ご教示いただきますようよろしくお願いします。
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
有給休暇の半日付与は何日まで認められるのか
お恥ずかしいのですが、有給休暇の半日付与は何日まで認められるのかをお教え願います。 当社の就業規則では、1年間に5日分10回の半日有休が認められていますが、半日有休の付与には法律上の上限があるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 中途採用の「実務」【7】入社時の教育研修
    即戦力となることを期待される中途採用者の導入教育とはどうあるべきか。職場にうまく溶け込むための入社時研修から、入社後のフォロー策までをまとめた。
  • 中途採用の「実務」【8】賃金・処遇の決定方法
    中途採用の賃金・処遇の決定方法や、賞与・退職金・有給休暇付与にあたっての実務などをわかりやすく紹介。
  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:12/01~12/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...