企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12949件   回答数27059

休職者の復職に際し、診断書の効力等について

お世話になります。
部署異動によるストレスから鬱になり、休職中の従業員がおります。
復職にあたり産業医の面談を実施したところ、「配置転換を行ってください」という意見つきの診断書が提出されました。ストレスの原因となった異動後の部署ではなく、以前勤務していた部署に戻して復職させるのが望ましいということだそうです。
会社としては人員配置の計画等もありますし、ハラスメントや人間関係が原因ではないことから、休職前の(異動後の)部署で復職させたいのですが、アドバイスをお願いします。
(1)診断書(の意見)にはどれほどの法的効力がありますか?
(2)従わないことそのものが違法になりますか?
(3)従わなかったことで再発したときは責任を問われますか?
(4)その他、診断書の意見に従わないことで会社が抱えるリスク等はありますか?

  • 投稿日:2017/08/28 19:11
  • ID:QA-0072216

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/08/29 10:02
  • ID:QA-0072227

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問に各々回答させて頂きますと‥

(1)診断書(の意見)にはどれほどの法的効力がありますか?
ー 法的に安全衛生管理上設置が義務付けられた専門家の意見ですので、やはり尊重すべきといえます。

(2)従わないことそのものが違法になりますか?
― 決定権は産業医ではなく使用者にありますので、それだけで直ちに違法行為とまではなりません。

(3)従わなかったことで再発したときは責任を問われますか?
― 事情によって異なりますのでこの場で確答は不可能ですが、通常であればその可能性は高いといえるでしょう。詳細内容を確認し、まずは再発防止についてしっかりと対応される必要がございます。

(4)その他、診断書の意見に従わないことで会社が抱えるリスク等はありますか?
― やはり再発してしまいますと安全配慮義務違反により損害賠償責任を問われる可能性が十分にございます。それだけでなく、健康管理がずさんな会社と評され社会的な信用低下は避けられないでしょう。専門家の意見を排してまで会社側で決められるわけですし、最も重要視すべき労働者の健康に関わる事柄ですので、出来ればお近くの労務問題に精通した弁護士に直接ご相談されることをお勧めいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/29 14:25
  • ID:QA-0072237

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

(1)について
 医師の意見に基づき、就業上の措置を講ずる義務が会社にはあります。
(2)について
 よほどの理由がない限り、違法とされる可能性が大きいといえます。
(3)について
 安全配慮義務違反とされます。
(4)について
 異動を誘因としてメンタルヘルス疾患を発症したケースであれば、配置転換や再異動を配慮し、慎重に検討する必要があります。ましてや医師の診断に従わずに、再発・悪化した場合には、会社の安全配慮義務違反が問われ、損害賠償のリスクもあります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/29 22:33
  • ID:QA-0072245

人事・経営コンサルタント

基本姿勢

その社員の主治医ではなく産業医の所見ということですので、貴社が契約している以上、その意見は無視できません。ただし相談は可能で、本件も以下の回答をご参考の上、産業医と一度相談されてはいかがでしょうか。
(1)聞く義務があります
(2)違法です
(3)責任が生じますが、元の職場でないことと発病の因果関係の証明は簡単ではないと思います。
(4)基本的に産業医が所見として述べている以上、それを無視して通常の人員計画と一緒に考えるのは避けなければなりません。ただし因果関係を証明するのは簡単ではありませんので、異動が不可能(空きポジションがない等)な状況であれば、直前の職場に戻すしかないこともあり得ます。しかし要望の配置をすることが可能であれば、安全配慮義務から、会社側が産業医の指示に反することは大きなリスクになるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
復職可診断から実際の復職まの賃金について
従業員が病気で休職しておりました。 都度、診断書をもらい休職期間を延長しておりました。 1月に2月末までの加療が必要との医師の診断書を提出してきたため、休職期間を2月末まで延長しました。 そのご本人から3月1日での復職したいとの連絡をうけ 医師の復職可能の診断書等を提出してほしいと連絡しました。...
休職期間について
いつもお世話になっております。 就業規則の休職期間についてお伺いいたします。 休職期間は会社が任意に定めることができますが、「1ヶ月」と定めることはできますか。 (多くの会社では6ヶ月ぐらいが多いようですが) また、休職に先立って欠勤期間を定めて、その後に休職とした方がいいのでしょうか?
復職時の手続きについて
いつも大変参考にさせて頂いております。 さて弊社の休職規定では、休職期間を繰り上げて復職を希望する場合 復職願(医師の診断書添付)を提出することとなっております。 (ケガで休職していたが、早めに治った場合などが該当します) 繰り上げず、元々の予定どおり、休職期間満了の翌日から復職する場合の規定は...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 有所見率は53.2%!〔平成26年〕ストレスチェックとの違いは? 健康診断での有所見者に対する対応
    健康管理の基本は健康診断です。では、健康診断において“有所見”となった社員への対応はどのようにすべきでしょうか。受診勧奨のやり方とともに、健康診断にまつわる会社のリスクや留意点などについて解説します。
  • 転職相談で「ガス抜き」する求職者
    4月は入社の季節。街中で真新しいスーツを身にまとった若者たちを目にする機会が増えます。自分が新人だった頃を思い出して、初心にかえる人も多いことでしょう。同時に期の変わり目でもある春は、組織変更や人事異動がもっとも多い時期。新しい部署に慣れるまでには何かとストレスもたまりやすいものです。自分の希望とは...
  • 人事担当者157人に聞いた「メンタルヘルス対応の実際」
    一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、メンタルヘルス対応に関して、企業の現場はどう変化しているのか、人事担当者はどういうことに悩んでいるのか、どんな点が課題なのかを浮き彫りにするため「メンタルヘルス対策“本音”アンケート」を実施。本記事では、その調査結果の中から「メンタルヘルス不調に...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット タレントパレット
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...