企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15741件   回答数34220

作業服・制服の課税について

お世話になります。
弊社では、職種を問わず作業服・制服を不定期で支給しています。
作業服等は通勤時に着用しないことを条件に、
福利厚生費で処理することを承知のうえでの質問です。

今年度は、毎日作業している関係で傷みも早いので、
製造部門のみ作業服(上下)を支給したのですが、
逆に事務系など間接部門などは、上着(ジャンパー・ブルゾン)だけ支給しており、
それほど傷みませんので、数年に1度という頻度で支給しています。(女性の制服も同様です)

このように、特定部門のみ支給した年と全部門を対象に支給した場合とで、
課税の扱いが変わるということはありますか?

念のため、確認させていただければと思います。
よろしくお願いします。

  • hamatakさん
  • 群馬県
  • 機械
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/05/25 11:26
  • ID:QA-0070695
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/05/25 17:07
  • ID:QA-0070701

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

作業服等の支給頻度の格差と税務

福利厚生が、税務上給与ではなく、福利厚生費(従業員非課税)となる要件のひとつとして、受益者または受益額が恣意的に選ばれていないことがあります。
恣意的な受益は給与です。事業主が多く与えたい従業員に多く与えます。
福利厚生制度は恣意的でないので、公平・一律・全員対象とするものが多くあります。
実際には、従業員に受益格差があっても、それが合理的・普遍的であれば、福利厚生として認められると考えられます。具体的には、所得税基本通達36-31は、事業主の負担で従業員を保険させる場合に、加入の有無、保険金額や保険期間に差があってもよいとしています。差をつける場合の要件として、その通達の(注)を以下に掲載します。

(注)
「(1) 保険加入の対象とする役員又は使用人について、加入資格の有無、保険金額等に格差が設けられている場合であっても、それが職種、年齢、勤続年数等に応ずる合理的な基準により、普遍的に設けられた格差であると認められるときは、ただし書を適用しない。」

よって、本ケースのように、職種によって作業服等の耐久期間が異なるという合理的な理由があれば、支給頻度に差があっても福利厚生として認められるということになります。
普遍的ということは誰に対しても、そのルールで判断されるということですので、この制度を規程化(文字化)して、予め税務当局に照会するのがよろしいと考えます。
その際は、耐久期間と支給頻度の関係がわかるようにしてください。

  • 投稿日:2017/05/26 10:15
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々にご回答いただきありがとうございました。
非課税扱いでいけそうなので一安心です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/05/25 22:30
  • ID:QA-0070714

代表者

非課税の作業服・制服支給

▼ 事務服、作業服等の支給に対する非課税条件は、最下段の国税庁サイトを参照して頂くことにして、本回答のスペース上、ポイントのみを列挙致します。
① 事務服、作業服等の支給が非課税とされるためには、それが、専ら、勤務する場所において通常の職務を行う上で着用するもので、私用には着用しない、あるいは着用できないものであること
② 事務服等の支給又は貸与が、その職場に属する者の全員、又は、一定の仕事に従事する者の全員を対象として行われるものであること
③ 着用する者がそれにより、一見して特定の職員又は特定雇用主の従業員であることが判別できるものであること
▼ ご説明によれば、これ等の条件は、全て満たされており、所得税法上、非課税扱いの要件は揃っていると思います。因みに、貸与部署の職務に依り消耗度に差異があり、支給インタバルに長短の出るのは、当然で、そのことは、非課税条件の阻害理由にはならないと思います。
▼ 最後に、国税の説明サイトを下記致します。タイトルは、「経済的利益」ですが、説明は、殆んど、「制服等の非課税範囲」です。
⇒ < http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/gensen/03/27.htm >

  • 投稿日:2017/05/26 10:15
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々にご回答いただきありがとうございました。
非課税扱いでいけそうなので一安心です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
退職者への業績手当支給
当社では営業の業績により業績手当を支給しておりますが 支給方法が4月、5月分を合せて6月に支給という形をとって おります。 4月末退職の場合、1ヶ月給与支給がなく6月に支給となりますが システム上、支給が困難なため給与支給時に在籍していなければ 支給はしないという形にする予定ですが、労基法上、問題...
賞与の支給月変更に関して
いつも参考にさせていただいております。 さて、賞与の支給月変更を検討しておりますが、変更に伴う問題点がありましたらご指摘頂きたく思います。 賞与算定期間・支給月 夏: 1月~6月 →7月支給(現在:12月~5月→7月支給) 冬: 7月~12月→1月支給(現在:6月~11月→12月支給)
契約書文言
制服の支給について、契約書文言で「制服を支給する」と記載があります。 「支給」という意味は=無償と捉えられるのでしょうか? 全文には「無償で支給する」とも「実費(または有償)で支給する」とも記載はしておらず、ただ「支給する」とだけの記載です。 無償という文言を入れないといけないでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
災害見舞金
震災や火災などの災害に遭った被災者に対して、個人や企業、地方自治体から贈られる見舞金を、「災害見舞金」といいます。企業が、被災した自社の従業員などに対して支給する災害見舞金は、一般に慶弔・災害給付の一環として制度化され、就業規則で定められた給付額などの規定にしたがって支給されます。福利厚生費のため...
現物支給
「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現...
ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/03
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...


いま求められる「ハラスメント対策」<br />
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

いま求められる「ハラスメント対策」
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、な...