無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】サイガイミマイキン 災害見舞金

震災や火災などの災害に遭った被災者に対して、個人や企業、地方自治体から贈られる見舞金を、「災害見舞金」といいます。企業が、被災した自社の従業員などに対して支給する災害見舞金は、一般に慶弔・災害給付の一環として制度化され、就業規則で定められた給付額などの規定にしたがって支給されます。福利厚生費のため、全額を経費に算入でき、所得税の源泉徴収の対象にもなりません。また会社とは別に、労組や共済会が独自に給付主体となって支給する災害見舞金もあります。
(2011/5/9掲載)

災害見舞金のケーススタディ

東日本大震災では8割超の企業が支給
4社に1社が規定の金額に“上乗せ”も

3月11日に発生した東日本大震災は、その後の計画停電や物資不足、各種インフラの混乱なども含め、日本企業の事業活動にはかりしれない影響を与え続けています。人事労務管理面でも、被災によって事業所を休業した場合の賃金の取り扱いや、被災した従業員への見舞金の支給など、イレギュラーな問題が多岐にわたって生じ、慣れない対応に混乱している現場は少なくありません。当サイトの「匿名相談掲示板」にも企業の人事担当者から「災害見舞金の相場は?」といった問い合わせが寄せられています。

そうしたなか、民間調査機関の労務行政研究所が3月末に、東京・大阪・神奈川などの事業所に勤務する民間企業の人事労務担当者5,500人余を対象に「【緊急アンケート】東日本大震災への企業の対応」を実施、4月12日にその結果を発表しました。

それによると、災害見舞金の支給状況は以下のとおりです。「見舞金の対象になるような被災者はいない」や「わからない・未定」の答えを除く“見舞金の取り扱いについて決定した企業”に限ると、「従来の規定に基づき支給した(する)」企業が51.2%と半数以上。「従来の基準に上乗せして支給した(する)」が25.1%で、被害の実情に照らして金額を“上乗せ”する企業も4分の1に達しました。「新たに災害見舞金制度を設けた(設ける)」(5.4%)と併せると、災害見舞金の支給企業は8割を超えています。

また支給水準は、被災状況に応じて異なり、損害保険などでいう「全損失」「半損失」「一部損失」などの区分を設けて支給することが多いようです。同アンケートによると、全損失の場合の平均給付額は26.5万円。最も多いのは「10万円台」で38.6%、以下「20万円台」が18.9%、「30万円台」が10.1%と続いています。半損失の場合は平均で15.5万円。分布は「5万~9万円台」が最も多くて32.3%、以下「10万円台」が31.0%、「20万円台」が12.8%となっています。

こうした被害の度合いを確認する場合、被災した従業員本人が市町村などに「罹災証明書」か、それに準ずる証明書の交付を申請し、その提出を受けた企業や共済会などの給付主体が、記載された内容に基づいて被災認定を行うのが一般的です。ただし従業員本人による手続きが困難な状況も当然想定されますから、企業側が従業員の同意を得た上で自治体に直接被害状況を照会したり、支給を優先して事後申請にしたりするなど、柔軟な対応が求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「災害見舞金」に関する記事

「災害見舞金」に関する人事のQ&A

死亡した職員の積立貯金の払い込みについて

職員が生前に積立貯金の解約手続きを行っていたところ。
払戻を受ける前に職員が死亡(11月中旬)しました。

すでに死亡後1月を経過しますが、当該積立を行っていた機関から解約に伴う積立の払戻金当社に払い...

学校の事務員さん
神奈川県/ 教育(従業員数 31~50人)
2020/12/18 15:28 ID:QA-0099280 その他 回答終了回答数 4 件

「災害見舞金」に関する書式・テンプレート

慶弔規定

従業員の慶事・弔事の際に支給する慶弔見舞金について定めた規定の例です。自社に合わせて編集してご利用ください。

ダウンロード
慶弔届

慶弔見舞金制度を設置した際に、従業員の慶事・弔事を確認するための届出です。

ダウンロード