無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

退職金支給年齢の引き上げについて

現在、定年は60歳の誕生日と定めている中で、退職金の支給につきましては
55歳の誕生日をもって、算出し、支給しております。何故、定年前での支給
と定めているのかは把握していないのですが今後、支給年齢を定年となる60
歳に変更することを考えております。この場合、注意しなければならない点は
何が考えられるのしょうか?(支給係数の加算につきましては盛り込みます)
ご回答いただけますよう、よろしくお願いいたします。

投稿日:2008/12/05 15:46 ID:QA-0014483

*****さん
東京都/運輸・倉庫・輸送

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

退職金計算係数の引上げの問題点は?

■《 60歳の誕生日をもって定年と定められている 》ことと、その時点で支給される退職金の計算に際して、《 55歳の誕生日時点の勤続年数(支給係数と説明されているもの?)を使用する 》こととは、特に矛盾するものではありませんが、「何故、違うの」と言われると説明が厄介ですね。
■今回、ご検討中の要点は、算定要素としての勤続年数(支給係数)を、55歳の誕生日から60歳の誕生日へと、《 5勤続年数に対応する係数を増やす 》ことなので、関連規定類の改訂・届出・周知などの一連の手続き、計上引当金の変更や経営上のインパクト検証などは必要ですが、労働条件にマイナスの影響はないので、特別な注意点はないように思いますが・・・。

投稿日:2008/12/05 20:13 ID:QA-0014487

相談者より

 

投稿日:2008/12/05 20:13 ID:QA-0035730大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
退職証明書

従業員が退職したことを証明する「退職証明書」のサンプルです。ダウンロードして自由に編集することができます。

ダウンロード
退職手続きリスト

従業員の退職では社会保険や退職金の手続き、返却・回収するものなど、数多くの業務が発生します。ここでは必要な退職手続きを表にまとめました。ご活用ください。

ダウンロード