企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

資格取得支援制度

運送会社の者です。
今までは中型や大型の免許の取得は自費で取得が常識でしたので、中・大型の免許を持っている人しか募っていなかったのですが、このご時世ですので、免許の教習費用を会社で助成する制度を導入しようかという話が出ています。

請求が発生した際に会社が全て払うという話で一旦は収まったのですが、やはり"資格の取り逃げ"論争が出ており、「自費で免許を取ってもらい、後から分割で本人に費用を支払う」という話になりました。

この話について気になることがあるのですが、例えば会社がそもそも教習費用を支払った場合は良いかとは思いますが、後から分割で本人に助成するといった形式の場合、給与とみなされて標準報酬の対象になるのでしょうか?分割支援で全額払うと言っても、その額に対して税金や社会保険料が掛かってくるのでは本当に該当社員の方に全額免除したことになりませんので、これまたちょっと考えなければいけないな、というところです。

「最初から会社が払えば良いだけ」というお話は重々わかっているのですが、現状では経営陣がそこに踏み切れないでおり、その形では導入できません。
また、"資格の取り逃げ"に際し、教習費用を貸し付つける形をとって助成するようなテクニックもあるようですが、金利が発生したり、借金の取り立てをする必要が出てくるのかと思うと、有効とは思えません。

ご教授下さい。

投稿日:2017/04/07 15:09 ID:QA-0070047

朱羽さん
岐阜県/運輸・倉庫・輸送

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、資格取得の援助金については原則報酬として取り扱われるものと考えられます。従いまして、通常の場合標準報酬計算の対象となるものといえるでしょう。

ちなみに、ご認識されている通り、どのような援助形式を取られても結局は一長一短になりますので、最終的に援助をされる否か、あるいはされる場合どのような方法で実施されるかについては御社で何を優先されるかという方針を明確にされ、社内合意を形成された上で決められるべきといえます。

投稿日:2017/04/07 22:54 ID:QA-0070054

相談者より

ご回答ありがとうございます。
今一度本来の目的が何かということを全面に出してプレゼンを再考したいと思います。

投稿日:2017/04/27 09:57 ID:QA-0070313参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

可児 俊信
可児 俊信
株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

従業員が立て替えた研修費の分割返納

業務上必要な研修費は所得税基本通達9ー15により従業員には課税されず、また報酬にもあたらないと考えられます。
立替金を企業が分割返納した場合でも、立替金を返しているだけなのでその扱いは変わらないものと考えられます。
ただし分割返納すると、会計期間を跨るので、立替金は企業に於いても発生時に負債計上して返納に応じて取り崩す処理が望ましいです。また返納途上で従業員が退社した場合は負債は取り崩します。

投稿日:2017/04/08 07:30 ID:QA-0070059

相談者より

ありがとうございます。

所得とはならないにしても、やはり、それに際して定期的な経理処理と何か処理が必要となるということですね。

参考になりました。

投稿日:2017/04/27 09:51 ID:QA-0070312参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

胸を張って、有効な助成金制度と言える様、会社持切りで勧めるのが得策

▼ 会社の命運が左右され兼ねない労働人口構成の変化への対応策としては、「食い逃げ」の可能性にびびって、「自費で免許を取って貰い、後から分割で本人に費用を支払う」といった小細工的条件を付するのは感心できません。
▼ 一括・会社負担でも、自己負担・取得後分割負担でも、辞める者は、辞めていきます。本制度内容如何による退職の歩留まりは大して変わりません。寧ろ、余りにもチマチマした条件付加は、会社の姿勢が疑われのみならず、手間も増加させるだけです。
▼ ここは、スッキリ胸を張って、有効な助成金制度といえるよう、会社持切りで勧めるのが、結果として有効だと考えます。尚、ルーズになってもいけませんので、支援回数限度を設けるなどの制限は必要です。

投稿日:2017/04/08 10:59 ID:QA-0070061

相談者より

そもそも性悪説から話が始まっているのでやはり、きっぱりと全面援助という話になりません。
仰られる通り、中途半端な制度を導入しても効果も中途半端となり活用されない制度にならないか、という方が寧ろ心配です。
全額補助で、援助した方が辞められた際に推薦をした上長を責めないという大前提で今一度すすめたいと思います。

投稿日:2017/04/27 10:00 ID:QA-0070314参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
  • 転職と資格取得の関係
    「資格取得」を転職やキャリアアップの強力な武器と考えている人は多い。メディアを見ても、資格取得のためのスクールや通信講座などが、「資格を取れば人生大逆転も可能!」とでもいうような勢いで、連日派手なPR合戦を繰り広げている。しかし、実際に採用する企業サイドは、あくまでも実務経験優先が基本という姿勢を崩...
  • 7. ワーク・ライフ・バランス支援を進める際の注意点
    ワーク・ライフ・バランス支援は比較的新しい制度のため、その他の人事制度とうまく連携できていないケースがある。特に大きな影響があるのが人事処遇制度との連携である。ワーク・ライフ・バランス支援策によって休業や短時間勤務などを選択した場合、処遇にどのように反映されるのか明示する必要がある。また、外部の支援...
あわせて読みたいキーワード
転進支援制度
従業員の多様なライフプランに対応して、その転職や独立を支援する制度のことです。65歳までの雇用を継続できない企業が、従業員のセカンドキャリアを支援するために設けているケースも少なくないようです。
出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
高年齢者等共同就業機会創出助成金
45歳以上の高齢者が3人以上集まって会社を設立し、雇用保険に加入したうえで同じような年齢の人たちに雇用機会を提供すると、会社の成立にかかった費用や設備投資の3分の2が支給される制度です。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/21
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...