企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12131件   回答数25117

残業と休日出勤の人事考課での取り扱い

 以前から、当社の製造部門では残業や休日出勤要請への協力度合いを考課時にコンピテンシーの一つの「チームワーク」として考課をしておりました。

 私は人事部門で考課や考課者訓練を担当しておりますが従業員の健康保護の観点から、残業と休日出勤の協力度合いを人事考課時に考慮することに自体に反対の立場を取っております。

 もちろん当社も36協定、就業規則記載がございますので従業員に特段の拒否する理由がない場合は時間外・休日出勤労働の義務を負うのでしょうが、人事考課は別と考えております。
その理由は
 人事考課の際に考慮してしまうと
   ・長時間労働や休日返上の労働を推奨していることになりうる
   ・有給休暇を考課対象としない(根拠:労働基準法附則第136条)こととの矛盾

 法律や判例を探しても見当たらず、明確な答えを見つけられないでおります。
違法性があるか否か等、お教えいただければ幸いです。また勘違いがあればご指摘ください。
   
 よろしくお願いいたします。

  • taku3yさん
  • 新潟県
  • 食品
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:評価
  • 投稿日:2016/05/20 16:48
  • ID:QA-0066133

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/05/20 21:01
  • ID:QA-0066138

代表者

評価要素としての妥当性が欠如

「チームワークへの積極性」を評価要素とするのは重要ですが、残業や休日出勤命令への協力度をその要素とするのは筋違いです。業務効率の向上による時間外や休日労働の縮減姿勢なら話は別です。ご指摘の問題は、違法・合法ではなく、評価要素として妥当性が欠如しており、考課規定の改訂が必要だと考えます。

  • 投稿日:2016/05/24 14:01
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
まだまだ労働集約的な製造環境で、頭数が生産高に大きく影響する状況のため、ご質問のような評価が生まれてしまっております。
問題提起し、あるべき姿にしていきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/05/20 22:25
  • ID:QA-0066140

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、時間外労働や休日労働に関しましては、労働基準法で禁止されている事柄になります。

その上で、36協定を締結する等特定の場合に関しては例外的に認められるというものですので、そうした労働をより多くされる事について人事考課でプラスの評価対象とする措置に関しましては労働基準法の主旨に反するものと考えられます。

おっしゃる通り、明確に違法性を問われるとまでは言い切れませんが、昨今の長時間労働抑制への行政対応の流れからしましても、今後訴訟等において違法措置として判断される可能性は十分にございます。それ故、そのような時流に反するような措置は避けるのが妥当というのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2016/05/24 14:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
ご指摘の通り36協定が「例外的な」時間外勤務の協定であることですっきりしました。
逆説的にいうと残業や休日出勤を前提としていること自体に問題があるとも認識しました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/05/20 23:04
  • ID:QA-0066144

人事・経営コンサルタント

コンピテンシー

お持ちの疑問はきわめて理にかなっており、逆に休日出勤を奨励し、評価するという現在の考課は明らかにおかしいと思います。36協定は残業や休出を自由に強制できる制度ではありません。そもそも法定労働時間という縛りを例外的に外す措置を定めるもので、当然ですが濫用はできません。
そもそもコンピテンシーという概念は、評価点や会社にとって好ましい行為という意味ではなく、成果を再現し続けられる能力です。チームワークをコンピテンシーで評価するのであれば、チームワークによる生産性につながる行動基準・様式をもっと論理的に明確化する必要があります。休出したことでチームワークが促進されるというのは、相当行為と結果の相関に無理がないでしょうか。コンピテンシーは重要な考課基準ですが、単なる評価方法として用いるのは本来の主旨ではありません。
問題提起をされるのは非常に重要だと思います。

  • 投稿日:2016/05/24 14:30
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
ご指摘のコンピテンシーとの相関関係は正にその通りと納得しました。
コンピテンシー上の「チームワーク」の定義を見ても残業や休日出勤が定義と相関関係が希薄であると思います。
悪習として根付いてしまってますので根気強く直していきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
人事考課について
当社は現在人事考課を行っておりますが、今現在使用しているものが古く、新しく作り変えようと考えております。今は、上司が部下を評価するだけではなく、部下が上司を評価する考課システムもあるようですが、どういったものがあるのか教えていただければ幸いです。また、このような考課制度を実施するにあたってなにか注意...
休日の短時間労働の振り替えについて
初めて質問いたします。 休日に出勤して3時間労働を行った場合、その労働者と事前に取り決めていれば、翌月曜日に3時間早退することは可能でしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...