企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

賃金支払の原則に関して

弊社の給与支払いは、「末日〆め翌月20日支払」として支払いを行っております。

新入社員の場合は、入社月には給与の支払いが無い事となります。
この場合、労働基準法第24条に定められている”毎月1回以上”という
賃金支払いの原則に抵触するのでしょうか?

ずっと昔よりこの規程でやってきましたが、従業員から疑問だしがあり、
規程を変える必要があるのかどうか検討しております。

よろしくお願い致します。

投稿日:2012/04/11 12:59 ID:QA-0049134

*****さん
兵庫県/情報サービス・インターネット関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

一過性の事項であり、違法とは言えない

「 末日〆め翌月20日支払 」 の定めでは、確かに入社月に限って、支払はありませんが、合法とは言い切れないものの、実務を考えれば、違法とも言えないでしょう。 入社月という、1回きりのことであり、法で争われた形跡もないことから、違法ではないという認識でよいのではないでしょうか。 支払日は、早いに越したことはありませんが、だからと云って、入社月だけ事由で、会社規則を変更するほどのことでもないと思います。

投稿日:2012/04/11 13:58 ID:QA-0049138

相談者より

ご回答ありがとうございます。
規則の変更の必要は無いとのことで安心しました。

投稿日:2012/04/12 15:36 ID:QA-0049156大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

賃金支払いについて

文面の内容で、まったく問題ありません。
毎月1回以上というのは、会社のルールとして、末締め翌月20日払いと決めるということです。
中途採用者であっても、当月の賃金支払いがないことになりますが、新入社員と同様に問題ありません。

投稿日:2012/04/11 16:01 ID:QA-0049139

相談者より

ご回答ありがとうございます。
「毎月1回」の捉え方がすっきりしました。

投稿日:2012/04/12 15:37 ID:QA-0049157大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

問題なし

どの社でも採用している方式であり、入社後締日を過ぎた後も1カ月以上無支給等でなければ問題ありません。

投稿日:2012/04/11 21:33 ID:QA-0049141

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2012/04/12 15:38 ID:QA-0049158大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

毎月1回払いの原則ですが、それは当月に支払うべき賃金債権が存在することを前提とするものです。

文面の新入社員のケースですと、給与規定より入社月に支払義務の生じる賃金債権自体が未だ発生しておりません。従いまして、入社月に給与支給がないのは当然の措置であり、労働基準法違反は問われないものといえます。

投稿日:2012/04/11 22:34 ID:QA-0049142

相談者より

ご回答ありがとうございます。
労働基準法違反にはならないという事で安心しました。

投稿日:2012/04/12 15:39 ID:QA-0049159大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
給与の支払について(大至急)
賃金支払の5原則の1つに毎月払いの原則がありますが、 給与支給日が20日、給与締切日が月末の場合、1日~月末までの給与を翌月の20日に支払う場合。(例えば11/1入社の社員に12/20に支払う)
中途入社者の給与計算
当社の賃金規則では「当月16日より当月末日までの期間に入社または復職した場合は、当月給与を翌月度給与と合算して翌月25日に支払うものとする」と定められていますが、これは賃金支払5原則の「毎月1回以上の支払」原則に抵触しないのでしょうか。
新入社員の4月の給与について
※過去の記事を引用しております。7年前と現状の変更はございませんでしょうか? 弊社の給与支払いは、「末日〆め翌月25日支払」として支払いを行っており、 来年4月に入社する新入社員の場合は入社月、給与の支払いが無い事となります。 この場合、今も変更なく労働基準法第24条に定められている”毎月1回以...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
ノーワーク・ノーペイの原則
労働契約法第6条が定める労働契約は、労働者による労務の提供と、使用者による賃金の支払との“双務契約”です。したがって労務の提供が履行されず、それが労働者の責任に帰する場合は、対応する賃金の支払義務も原則として生じません。これを「ノーワーク・ノーペイの原則」といいます。つまり「労働無くして給与無し」―...
現物支給
「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

東京都が運営するサテライトオフィスがOPEN
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/16
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...