企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

大学訪問の時期

新卒採用活動での大学訪問に関してですが、妥当な時期はいつ頃なのでしょうか。
当社では実績がなくどの時期に行うべきか悩んでいます。

投稿日:2012/02/10 11:31 ID:QA-0048156

*****さん
東京都/機械

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

大学訪問の時期

就職担当がいればいつでも大丈夫でしょう。専念していますから。採用選考の時期とはまた別だと考えます。採用選考の時期は春休み、夏休みが望ましいでしょうが、現状は各社の動きによって自然発生的に生じています。

投稿日:2012/02/10 12:07 ID:QA-0048160

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

経団連の倫理憲章では、2013年の新卒者につきまして昨年12月1日より採用広報活動開始とされています。多くの企業がこうした動向を踏まえ既に活動を開始している状況といえます。

従いまして、今からですと各々の大学入試事務が一段落する3月頃の早い段階で訪問されるのが妥当と思われます。実績が無いということですので、大手求人サービス会社等で詳しい情報を確認しながら活動を進めていかれることをお勧めいたします。

投稿日:2012/02/10 12:52 ID:QA-0048171

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

お答えします

最近は、一概に この時期が妥当とは言えなくなってきています。

昔は、10月の内定出しのあとすぐに、報告・御礼と次期のお願いなどに行くという会社が多かったのですが、採用スケジュールが長期化した関係で、訪問をある時期に恒例化するのが難しくなりました。

キャリアセンターが主催する合同企業説明会への申し込みも、春先などに固まって開催されていた頃は 冬の時期に申し込みとご挨拶に行くのが通例でしたが、最近は説明会の時期がばらけ、数ヶ月に渡って何度も開催されるようになってきており、学内の説明会に出席希望の会社も増えている関係で、いつ訪問して 申し込めば良いかも明確ではありません。

ただ、昔も今も変わず大切なのは、やはり就職担当職員と しっかり信頼関係を築くことです。就職先を探している学生を、個別に紹介してもらえるレベルになるくらいまで 信頼を得るためには、時期の妥当性よりも、何度も訪問して会社のことを理解してもらうことが大切だと思います。

投稿日:2012/02/10 12:54 ID:QA-0048172

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

採用計画を

御社の採用ターゲットがどうなっているかによっても訪問先大学の選定が変わってまいりますので、単にスケジュールだけではなく、総合的な採用計画、ターゲッティングを行なっていただきたいと思います。その上で対象大学群が絞れてくればまずはコンタクトをしてみましょう。知名度がある、採用数が多い、企業安定度が高いなど、大学側にメリットが大きい企業であればいろいろと情報交換も出来る可能性があります。残念ながらそこまでの優位性が無い場合、いわゆる有名大学にこだわらずに広くコンタクトを重ねていく必要があります。本件は正に新卒採用戦略そのものの根幹に関わる問題ですので、ぜひじっくりとお取り組みいただければと思います。

投稿日:2012/02/10 23:57 ID:QA-0048176

回答が参考になった 1

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
新卒採用を行うメリットとは
当社では現在中途採用のみ行っております。 新卒採用は行っていないのですが「新卒採用を行うメリット」や最近の動向・データなどをお教えください。
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
高校生採用の手順
いつも拝読させていただき、ありがとうございます。 当社で新卒採用の補完を考え、高校生の新卒採用を考えますが、 どのような手順をすればいいのか教えて頂きたくお願いします。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
OB・OG訪問
「OB・OG訪問」は、大学生が就職活動のときに、大学の卒業生であるOB・OGを訪問し、実際に働いてみた感想や、後輩へのアドバイスといった情報を収集することを言います。自分の行きたい企業や興味のある業界で働く先輩に直接話を聞くことで、書籍やインターネットでは得られない生の情報を得ることができます。古く...
大学設置基準の改正
「大学設置基準」とは、1956年(昭和31年)に旧文部省が学校教育法に基づいて制定した省令で、大学を設置する上で必要な最低の基準――教育研究上の基本組織や教員の資格、収容定員、卒業の要件などを、全10章にわたって規定しています。文部科学省は2010年にこれを改正。11年度からすべての大学に対し、「...
G型大学・L型大学
「G型大学・L型大学」とは、それぞれグローバル(Global)型、ローカル(Local)型の大学という意味で、2014年10月に開かれた文部科学省有識者会議において、経営共創基盤CEOで経営コンサルタントの冨山和彦氏が提言した新しい大学教育のあり方を示す言葉です。提言では、日本の大学をごく一部のトッ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/24
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。